ca-pub-4928035051974652 【初心者必見!】仮想通貨でこれから高確率で伸びる 10銘柄を紹介 2022年Q4~ | Kiccho Crypto Blog

【初心者必見!】仮想通貨でこれから高確率で伸びる 10銘柄を紹介 2022年Q4~

【初心者必見!】仮想通貨でこれから高確率で伸びる 10銘柄を紹介 2022年Q4~

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

はじめまして!

仮想通貨トレーダーのきっちょです。

当ページでは、これから伸びるであろう仮想通貨銘柄をTOP10銘柄独断と偏で紹介させて頂きます。

※このような記事を掲載した理由につきましては、検索トレンドで「これから 伸びる 仮想通貨 2022」というワードが上位に爆上がりしていたからです!

ちなみに、仮想通貨の代表である「ビットコイン」や「イーサリアム」は除いたものとしています。

投資のアドバイスをしているつもりはございませんので責任は負いかねますが、是非ご参考にトレードを行っていただければ嬉しいです。

では、早速いってみましょう!

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

1.ポルカドット(DOT)

ポルカドットは、パラチェーンなどの主軸銘柄として継続した人気と認知度を誇ると予想され、パラチェーンによる相互運用性のポテンシャルも底知れずこれからに更なる期待が持てます。

コスモスチェーンとの繫がりもあり、非常にこの生態系は開発者などの参入がしやすいものとなっているのではないでしょうか?

検索のトレンドにもたびたび登場することもあり個人的ではありますが、こちらが圧倒的にナンバー1となります。

2.ムーンビーム(GLMR)

ムーンビームは、ポルカドットパラチェーンに配備された銘柄でマルチチェーンの問題解決のためのインフラです。

ポルカドットからのポテンシャルを備えていること、検索のトレンドにも同様にしばしば登場する注目度。

これにより、プラットフォームユーザーやトークンホルダーの増加により今後の更なる成長が期待されます。

今後のマルチチェーン整備にも一枚絡んでくるのではと期待しています!

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

3.カルダノエイダ(ADA)

カルダノエイダは、以前より人気の高い銘柄です。

これから拡大する生態系であるにも関わらず、すでにユースケースならびに投資商品への採用や巨大なコミュニティを有しています。

トレンドについても申し分なく、アップグレードを控えるとたびたびトレンド入りしてくる銘柄となっています。

独自のコンセンサスメカニズムにも期待がもてます!

4.アベントゥス(AVT)

アベントゥスは、電子取引のインフラとしてポルカドットパラチェーンに配備されたパフォーマンス、ポテンシャルを有するプラットフォームになっています。

現状の世界的な認知度は弱めですが、イギリスなどでたびたびトレンドに浮上している注目度や取引所への上場もまだまだ期待されます。

これから伸びるとは直結しない点ですが、総発行枚数が少なめですから今後のガバナンストークンの価格高騰が予想されます。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

5.コスモス(ATOM)

コスモスは、現状でも認知度と人気の高いプラットフォームです。

テンダーミントメカニズムとコスモスウェブアセンブリーによる相互運用性ならびにマルチチェーンソリューションへのポテンシャルがとても期待されます。

注目度も人気銘柄としてたびたびトレンドに浮上してくることから更なる飛躍が容易に予想出来ます!

6.ポリゴン(MATIC)

ポリゴン/マティックは、イーサリアムのスケーリングソリューションプラットフォームとしてご存じの方がほとんどかと思います。

この銘柄についてもユースケースやコミュニティ、投資商品への採用など数々の伸びる要素を有しています。

イーサリアム関連の位置づけ感が強いため、2023年も含めるのであればもっと上位に食い込んだところです。

こちらもトレンドにはたびたび入り込んでくるため、注目度抜群で今後伸びる銘柄なのはほぼ確定でしょう。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

7.アバランチ(AVAX)

アバランチは、独自のコンセンサスメカニズムによる高いスケーラビリティと採用性を有するすでに人気の高い銘柄となります。

Cチェーンなどによる相互運用性、拡張性が今後も期待されます。

トレンドにつきましては少し他のスマートコントラクト系銘柄に劣りますが、今後まだまだ伸びる銘柄なのはほぼ確定といったところでしょう。

8.ニア(NEAR)

ニアは、独自のコンセンサスにシャーディングメカニズムが注目されているプラットフォームになります。

注目度は少し弱いと感じますが、それでもちらちらトレンドに上がってくることから高い注目度を有する方かと思われます。

シャーディングメカニズム開発も難航しつつも進捗があることから期待されていると感じます。

ちなみに年内までの開発ロードマップが公表されているのでその点も加味しています!

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

9.クアント(QNT)

クアントは、独自のメカニズムによる電子取引、支払いに焦点を置いたインフラプラットフォームとして急激に人気を得たスマートコントラクト銘柄になります。

頻度の高いアップグレードのコミットが注目されるところで、トレンドにもちらほら入ってきます。

今後伸びてくる銘柄なのはほぼ確定なのですが、強いて懸念すべき点を言うなら現時点では他のスマートコントラクト系銘柄に劣っている点です。

10.オアシス(ROSE)

オアシスは、独自のパラタイムメカニズムによる高い処理速度、匿名性などのパフォーマンスを有するレイヤー1ソリューションプラットフォームです。

2022年にはたびたびトレンド入りし注目を集めた銘柄になります。

他銘柄同様、今後伸びてくるのはとりあえず確定している銘柄と考えられます。

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(Kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました