ca-pub-4928035051974652 仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

エンジンコイン(ENJ)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)は、2017年10月にEnjin社がイーサリアムをベースに発行を開始した通貨です。

※Enjin社は2009年にシンガポールを拠点とし創業、ゲーム関連のエコシステムを提供する企業です。

エンジンプラットフォーム(Enjin platform)内で流通する通貨で、プラットフォーム内の資産(例えばゲーム内のアイテムなど)と交換が可能です。

イーサリアムの機能を活用して、エンジン開発プラットフォームで誰でも簡単にネイティブトークン(NFT)を運用したり作成することが可能である。

メルト(溶解)機能でネイティブトークン(NFT)をエンジンコインに戻すことも出来ます。

ティッカーシンボル(通貨名称) 「ENJ」

発行上限枚数 1,000,000,000(ENJ)

執筆時点の流通枚数 823,130,695(ENJ)

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

中央管理機関 Enjin社

公式ページ https://enjincoin.io/

ホワイトペーパー https://enjincoin.io/enjincoin_whitepaper.pdf

Twitter https://twitter.com/enjin

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の特徴

ジャンプネット(JunpNet)

JumpNetとは?

2021年4月6日に初期バージョンがリリースされる予定の技術で、イーサリアムの高価なガス料金(手数料)問題との関係を無くし、ガス料金なしでブリッジ(橋渡し)しトークン転送やスワップ、ミントによるNFTの発行を行えるようにすることが可能となる。

JumpNet Bridge機能と呼ばれたり、ブリッジングスマートコントラクトなどとも呼ばれており、スケーラブルなトランザクションを目的としている。

ユーザーは機能内トークンをエンジンコイン同様に運用することでガスレス資産交換や資産のミントが可能となります。

  • エンジンウォレットを使って、イーサリアムとジャンプネット間の「ENJ」移動
  • エンジンウォレットを使って、「ENJ」「ERC-1155系トークン」を無料で送受信
  • エンジンプラットフォームを使用した「ERC-1155系トークン」資産無料作成
  • エンジンビームで「ERC-1155」をQRコード配布(無料で)

などの機能も搭載されています。

エンジンプラットフォームとERC-1155トークン

概要で説明したように、エンジン開発プラットフォームまたは発行店(Mintshop)により、統合され構築されたアプリケーションによって、誰でも簡単にERC-1155トークンアセットを運用、作成することができる。

ERC-1155 は、Ethereum ネットワーク上の公式標準トークンであり、ブロックチェーン上のデジタルアセットとして、ERC-20 および ERC-721 よりもはるかに効率的です。※コードの大部分が完全に複製されず、主たる場所に格納されるため。

エンジン開発プラットフォームのユーザー数は2,000人万人以上おり、市場はすでに大規模である。

今後の更なる参入により、市場がより拡大していく様は容易に想像がつく。

エンジンウォレット(EnjinWallet)

ブロックチェーンキューティーズアクシーインフィニティをサポート。

Enjin ウォレット(Wallet)は、ERC-1155トークンアセットの採掘、所有、送受信、融解をゲーム内でサポート可能な、ユーザー向けのブロックチェーンコントロールパネルです。

このアップデートでERC-1155トークンのデジタルアセットとしての基盤を達成した。

今後、ガス料金なしでブリッジングできると予想されているため非常に注目のウォレットである!

エンジンビーム(EnjinBeam)導入、世界初のQRコードエアドロップ

暗号通貨とブロックチェーン資産を受け取る最速の方法で、イーサリアム上のトークンをQRコードで簡単にエアドロップできる。※QRコードはネット制作物にも貼れます。

バイナンス・インフォのゴールドラベルプロジェクトに参加

2018年11月、バイナンス・インフォ(Binance Info)での検証プロセスを経て、正式にゴールドラベルプロジェクトに参加した。

※ゴールドラベルプロジェクトは、ブロックチェーン技術における透明性や情報品質標準化のためのハードルになっています。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

NFTの可能性を広げる

エンジン社は不動産事業やアーティスト支援など、ゲームプラットフォームや資産交換にも力を入れている。

今後も事業展開に注目であり、既存事業規模拡大も期待される。

Efinityのローンチ

Efinity(現在開発中)とは?

JumpNetを活かし、イーサリアム以外にも焦点を当ててスケーラブルで安価なトランザクションを目的とする技術である。

ロードマップの示すところによるなら、2021年内に完成導入されるようだ。

ポルカ(DOT)とクサマ(KSM)に互換性のある、「Paratoken」と呼ばれるトークン規格を開発しており、EFIトークン(Efinity Token)は、史上初のParatokenとされています。

●手数料

Efinityの取引手数料は、送金手数料やブリッジ手数料など、取引の種類によって異なり、マーケットプレイスの手数料(約2.5%)はすべてネットワーク上のEFIプールに分配されます。

ただし、NFTクリエイターは取引から利益を得るために追加の手数料を課すことができるようです。

EFIトークン(Efinity Token)を自らが管理するFuel Tank(Efinity特有の次世代機能)に預けることで、顧客の取引コストを補助することができます。

●ガバナンス

Efinityパラチェーンは、分散型のガバナンスを採用しており、誰もが提案を行うことができ、EFI保有者は提案や投票する機会を持つことができるようです。

●流動性

Efinityは、「Efinity Swap」を運用してETH、ERC20トークン、EFIトークンなどのスワップを可能とする。

2030年までに、JumpNetとEfinityの導入を通して、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出総量をオフセットする取り組み)なNFTの活用を実現することが記されている。

将来的に、Efinityの実用性を高めたのちにEnjinユーザーのユースケース拡張への恩恵ともすることが予定されているようです。

Enjinマルチバース

異なるゲームの統合が可能で、分かり易く言うならEnjinを用いたゲーム間でアイテム共有が可能となる仕組みである。

今後の市場拡大が期待できる。

史上初のユニバーサルブロックチェーンエクスプローラ「EnjinX」 

イーサリアムのエコシステム推進のための、近代的で広告フリーなブロックチェーン資産売買の総合サイトで、軽快な資産の発見や売買を行うことができる。

マインクラフト(Minecraft)コミュニティを10年間以上サポート

マインクラフトプレイヤーが個人的なレベルでサーバーに接続できるようにするツールを提供し続けたのちに、P2Pブロックチェーン資産取引、サーバー内でブロックチェーン資産を使用する機能を備えた「EnjinCraftサーバー」を発表した。

大人気ロングセラーゲームであり、継続した人気や需要を誇るため今後にも期待だ。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年7月26日時点)

価格予想(調整中)

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

●2021年7月20日

グローバルコンパクトのNFT企業に選ばれたことを公表

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月7日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月5日

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月2日

CoinListのEfinityトークンセールコミット

※メディア記事(コインテレグラフ、コインデスクなど)に掲載される

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日

悲観ネタ(イスラエルなど)

〇2021年6月28日

「Tron game center」がエンジンに移行したことを発表

〇2021年6月25日

暗号気候協定に参加を発表

※メディア記事などにも掲載される

〇2021年6月22日

分散型の流動性安定プロトコル「ユニボード」に投資、戦略的提携を公表

※安定コイン「USD」のサポートをイーフィニティ、ポルカドットへ流動させるため

〇2021年6月21日、22日

相場悲観(中国、イラン、エルサルバドル、ノルウェー、取引所)

〇2021年6月18日、19日~

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月11日、12日

相場悲観(オランダ、タイ)

◎2021年6月9日

米国のデジタルヘルス・エンゲージメント企業「Health Hero, Inc」と提携

新しい健康モニタリング・エンゲージメントプログラムを発表

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年6月2日

公式ページにてジャンプネット(JunpNet)によるNFT取引無料化の実現におけるイーサリアムのスケーリングの記事が更新される

〇2021年5月30日

エンジンが搭載したメタバースゲームネットワークがマインクラフトのための不動産NFT公開

※メディア記事(イーゲーマーズ、be in cryptoなど)に掲載される

〇2021年5月28日~30日

相場悲観(悲観ネタ増加)

〇2021年5月28日

エンジンが搭載したメタバースゲームネットワークがNFTによる脱炭素への取り組みについて公表

※メディア記事(イーゲーマーズ)に掲載される

ビットコインドットコム(Bitcoin.com)に上場

〇2021年5月27日

NFTを用いて潜在的顧客にアプローチする、マーケティングキャンペーン「MyFirstNFT」を実施

〇2021年5月19日~24日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ決済がらみ)

▼下落

〇2021年5月12日

エイベックステクノロジーズと提携、エイベックステクノロジーズの提供するNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」とエンジンプラットフォームの連携を目的とする

▲上昇

〇2021年5月11日

UniqlyがEnjinの技術支援を受けてEnjinのエコシステム開発を行い、Enjinプラットフォーム上で構築されることが発表される。

▲反発

〇2021年5月10日

相場悲観(少額銘柄爆上げ)

▲下落

〇2021年5月1~7日

相場悲観(犬、SNLがらみ)

▲下落

〇2021年4月28日

シンガポール仮想通貨取引所フィメックス(phemex)上場

〇2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金)

▼下落

〇2021年4月20日

インドダックス取引所上場

〇2021年4月18日~20日

相場悲観(ビットコイン、ドージドレイン)

▼下落

〇2021年4月8日

コインベースプロ 4/9 18:00ごろ(JST)1INCH、ENJ、NKN、OGNの取引開始
※価格上昇(中)

〇2021年4月1日

メディア記事(YahooFinance)にトップ10暗号資産として掲載される

〇2021年3月29日

Crypto.com アプリとExchangeのユーザーは、スーパーチャージャープールにCROトークンを入金するための報酬としてENJを受け取ります。

ENJスーパーチャージャーイベントは、Crypto.com アプリと取引所で2021年3月29日(月)に開始されます。

〇2021年3月25日

Crypto.com は、Enjinコイン(ENJ)がワンクリック流動性マイニングプラットフォームであるスーパーチャージャーに上場することを発表

〇2021年3月25日

Enjin Walletで、Polkadot(DOT)とKusama(KSM)を安全に保管・管理・取引できるようになりました。

〇2021年3月24日

NFTマーケティングにより、ENJプラットフォームでルデナのゲーム世界のNFTアイテムをサポート。

〇2021年3月24日

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」提供開始予定を発表

ネットワーク手数料(Gas代)の高騰や複数のサービスを介す取引方法などの課題を解決したオフチェーンのNFTマーケットプレイスとなる。

コインチェック利用者は、コインチェック上場の13銘柄でコインチェックの提携する国内外6つのNFT発行体トークンと手数料なしで交換可能になる。

○2021年3月6日

不動産クラブ会員限定でNFTがオークションにかけられる。

開催日時は3月6日(土)午前8時(UTC)に開始し、3月11日(木)午後4時(UTC)

○2021年3月3日

仮想通貨取引所GMOコインへ上場

○エンジンクラフトでNFTサポート

人気ゲームマインクラフトのエンジンクラフト内でNFTがサポートされることが発表となり、価格上昇に繋がった。

○2021年2月9日

仮想通貨取扱所ビットゥルー(Bitrue)上場

○2021年2月

Enjin社はLABS Groupと提携したと発表される。

目的としては、不動産の所有権などの資産をNFT化することで、不動産への投資機会も増え参入しやすくすることだとされる。

世界の不動産マーケット内の流動性を高める可能性があり、マーケット規模は世界最大の資産クラスで228兆ドル相当するようです。

これは大変注目を集める出来事だと思われます。

○ゲームエンジン「Unity Technologies」との提携

○SENS研究財団(SRF)と提携する

ブロックチェーンツールとイーサリアムのERC-1155資産の力を活用して、医学研究成果の革命を引き起こし、真の若返りバイオテクノロジー業界を始めるのに役立つ、寄付プラットフォームであるSENS NFT寄付ストアを立ち上げる。

「Microsoft Azure」Enjinが「Azure Heroes 」を実施

マイクロソフト(Microsoft)が開発するクラウドプレットフォーム「Microsoft Azure」が、Enjinと協力し開発者コミュニティ向けの報酬プログラム「Azure Heroes 」を実施。

ERC-1155トークンを使用し、トークンの配布と取得やブロックチェーンの素晴らしさをブロックチェーンの知識に関係なく誰でも参加できる機会提供の場を作ることが目的、背景となっているようです。

〇2021年1月26日

仮想通貨取引所コインチェック上場

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

タイトルとURLをコピーしました