ca-pub-4928035051974652 仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

クアンタム(QTUM)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?

2016年12月に、シンガポールのQtum財団により開発された次世代ブロックチェーン技術に焦点を充てたプロジェクトです。

パトリック・ダイ(Patrick Dai)が創設者である。

※注目されたプロジェクトで、新規仮想通貨公開(ICO)では多額の資金調達を達成する。

発行数量は100,000,000QTUMで、1%/年ずつ追加発行される。

ブロックサイズは2MB、ブロック生成時間はおおよそ2分以内で、オープンソースブロックチェーンが基に開発されました。

モバイルでの利用を想定し、実用性の高いビジネス向けブロックチェーンプラットフォームとして作られている。

次世代のブロックチェーン技術という点に焦点をおき、ビットコインやイーサリアムを良い技術(「UTXO」と「スマートコントラクト」)を採用したハイブリッド型のチェーンです。

ネットワーク上でだれでも資産の運用、新たなプロジェクトの立ち上げ、資金調達が出来るプラットフォームとなることを目的とする。

ティッカーシンボル(通貨名称)「QTUM」

総発行枚数 100,000,000(QTUM)

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

中央管理機関 なし

公式ページ https://qtum.org/

ホワイトペーパー https://qtum.org/en/white-papers

Twitter https://twitter.com/qtumofficial

仮想通貨クアンタム(QTUM)の特徴

開発者陣営は実力者が多い

パトリック・ダイ(Patrick Dai)氏は元アリババの主力開発者であることはよく知られていることで、ブロックチェーンの開発においても経験が豊富であると言われています。

また、他の開発者たちも経験や技術の優れた人選がされているようで着目されています。

プルーフ・オブ・ステーク(POS)

コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ステーク(POS)で、通貨保有量が多いものほど承認権利を得ることが出来る。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要なため、負担なくスムーズに承認処理が可能となる。

マイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、長期間に渡って多くの通貨量を持っている人ほどマイニング報酬が多くなります。

計算処理が膨大ではないため、マイニングへの参入は個人のパソコンからでも容易な点も利点と言えるでしょう。

アカウントアブストラクトレイヤー(AAL/Account Abstract Layer)

「UTXO」と「スマートコントラクト」の良い所を融合させたもので、透明性が高く、ハッキングのリスクも少なく、契約取引の自動化によるコスト削減を可能にしたものです。

これにより、イーサリアムプラットフォーム同様にネイティブトークンの発行やアプリ開発が可能になっています。

ステーキングによる報酬

仮想通貨クアンタム(QTUM/Quantum)公式ウォレットはクアンタムコア(Qtum Core)で、デスクトップとモバイルの2つがあります。

モバイルウォレットがあるため、手軽にアカウントにアクセスが可能となっています。

※公式ウォレット以外は複数あります。

ここでステーキングとして預入しておくことにより、ステーキング報酬を獲得することが可能である。

グーグル(Google)やアマゾン(Amazon)などと提携している

それぞれの特徴により、クアンタム(QTUM/Quantum)はセキュリティーが非常に高く、モバイルで利用することを想定して開発が進められているため実用性が高いといった部分で提携に寄与しているものと思われる。

グーグル(Google)の提供するクラウド上で利用できる

クアンタム(QTUM/Quantum)はグーグル(Google)の提供するクラウド上で利用できるため、システム開発できる環境が簡単に準備できると言える。

ビットコイン関連の技術を採用

クアンタム独自のライトニングネットワークによる即時決済の実現や、アトミックスワップの対応でビットコインなどの銘柄との交換を可能にしている。他の銘柄では不正対処のための時間を要するため時間が掛かってしまうためクアンタムの優位性と考えられるでしょう。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

半減期

2021年6月の発表によると、2021年12月1日に半減期の予定のようだ。

これにより一時的な希少価値や流動性が生まれることが期待される。

2021年のロードマップ公表

※クアンタム公式Twitterより

2021年3月~4月頃、ヤヌス(Janus)のテストネット開始

2021年6~7月頃、ヤヌス(Janus)正式リリースおよびEVM(情報管理)アップグレード

エコシステムの市場拡大、サービス強化

以上のことが期待されます。

コミュニティからはそこまで価格が高騰し、それ以後に半値の価格推移となると予測されています。

Qtum Neutronのアップグレード

Qtum Neutronは今後、ARMベースの新しい仮想マシンやクロスチェーンなどの視点で新しくアップグレードされる予定である。

Qtum Coreアップグレード

Qtum Coreは更なるパフォーマンスを目指し、開発やサポート体制構築が進められており、テストネット~リリースまでが予定されています。

QIトークンのロック

クアンタムのトークンである「QIトークン」はエコシステム上におおよそ200億円分ロックされているとされ、おおよそ1年間の期間ロックされる予定である。

また、ロックされている数量が大きいため相場の下支えも期待できると言えるだろう。

エコシステムとQiSwap

QiSwapとはDeFi需要に向けたQTUMの提供する分散型取引所で、QTUM上で動作し独自のQRC20 トークンを作成し運用することができます。

Qtum QT ウォレットダウンロードはギットハブ(GitHub)から

documents/en/Qtum-Wallet-Tutorial at master · qtumproject/documents · GitHub

中国の動向が影響する可能性

仮想通貨クアンタム(QTUM/Quantum)は中国発祥の通貨であるために、中国の仮想通貨市場における動向が影響してくる可能性が良くも悪くも多大にあると言える。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年7月28日)

価格予想(調整中)

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月7日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月5日

悲観ネタ(スイスなど)

〇2021年7月1日

相場悲観(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(イスラエル、イギリスなど)

〇2021年6月25日

仮想通貨取引所フィメックス(Phemex)上場

〇2021年6月21日

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日~

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月11日、12日

相場悲観(オランダ、タイ)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

〇2021年6月7日

NFTリリースが公表される

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所フィメックス(Phemex)上場

※メディア記事(コインポスト)情報に掲載

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ決済がらみ)

〇2021年5月10日

相場悲観(少額銘柄がらみ)

〇2021年5月7日~

相場悲観(犬、SNLがらみ)

〇2021年5月6日

メディア記事(COINQUORA)に掲載される

▲上昇ネタ

〇2021年5月4日

travala.comと提携

▲上昇ネタ

〇2021年5月1日

バリューネットワークとAMA

〇2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金がらみ)

〇2021年5月18日~20日

相場悲観(ビットコイン、ドージコインがらみ)

〇2021年4月6日

「Qtum A Ton」ステーキングサービス開始

2021年年4月~7月まで開催され、委任者とステーカーには報酬が貰える。

〇2021年4月1日

メディア記事(YahooFinance)にトップ10暗号資産として掲載される

〇2021年3月30日

「TELEGRAM AMA」開催

〇2021年3月19日

「ハードフォーク実装で、ブロック間隔を高速化する」Mainnet FastLane v0.20.2リリース4/30とTwitterにて発表。

〇2021年3月2日

仮想通貨取引所FTX上場

〇バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場

対応銘柄はコチラ

BTC、BNB、BUSD、ETH、ADA、ATOM、BCH、DASH、DOGE、DOT、EOS、ETC、FIL、HBAR、LINK、LTC、MATIC、NEO、PAX、QTUM、TRX、TUSD、UNI、USDC、VET、WRX、XLM、XMR、XRP、XTZ、ZEC、USDT、SXP

湖北チャリティ団体Hubei Charity Federation)に寄付

新型コロナウイルスの拡散防止活動を行っている団体で、寄付金は拡散防止に使われるマスクなどの費用に充てられるそうです。

きっちょ。オススメの取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

きっちょ。のプロフィール

きっちょ。ふぁんだくりぷたー

1986年生まれ

ファンダメンタルズ寄りの仮想通貨トレーダー。

チャートテクニカル(心理的に意識されそうなポイント)と価格推移の力強さであるファンダメンタルズを総合的に検証、監視しながらトレードすることが趣味

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました