ca-pub-4928035051974652 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

2017年7月、ビットコインからのビッグブロックによりハードウォークし誕生しました。

ブロックサイズの拡張によりネットワークの混雑を解消し処理を向上させスケーラビリティ問題の改善を図っている。

ビットコインがこれまで抱えていた手数料問題や送金遅延を改善するために作られた。
ビットコインと類似するが、問題改善のオリジナリティを持つ通貨となっている。

このことにより、ビットコインキャッシュとビットコインSVに分裂(ハードウォーク)しました。

通貨名称は当初BCCであったが、現在はBCHとなっています。

※ビットコインのようにsegwit(セグウィット)には対応しておらず。

ビットコインキャッシュは決済手段としての役割を目的に開発が進められている。

ティッカーシンボル(通貨名称)「BCH」

発行上限枚数 21,000,000(BCH)

承認方式 プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

中央管理機関 なし

公式ページ https://www.bitcoincash.org/

Twitter https://twitter.com/bitcolncash

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

アマゾン(Amazon)の決済で利用可能

ブラウザ拡張機能「ムーン(Moon)」の決済に使える銘柄に選定されており、ビットコインキャッシュを商品交換に利用することが出来ます。

他にも決済可能な店舗は着々と増えている。

ブロックサイズが多い

ハードフォーク時に8MBに拡張されましたが、更に32MBへと拡張を遂げ送金スピードや手数料の改善などスケーラビリティ問題に対応しています。

※容量が増える事により、一回の処理に対してのデータ量が単純に増えるため以上における問題点改善につながっています。

DAA(Difficulty Adjustment Algorithm)の導入

NDA(Normal Difficulty Adjustment)やEDA(Emergency Difficulty Adjustment)で残した問題点改善のために採用されたのが、DAA(Difficulty Adjustment Algorithm)です。

DAA(Difficulty Adjustment Algorithm)は取引生成もスムーズでブロック難易度の調整がこまかく実施され、NDAやEDAなどの良い点だけ活かしてマイニングが可能になりました。

ハードウォークにより誕生した

ビットコインの分裂によって誕生した通貨で、現ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(satoshi vison)(BSV)2銘柄として新しいスタートを切った。

ビットコインキャッシュ(BCH)はDAAなどを採用し、高いスケーラビリティ、トランザクション処理を提供できることから人気となっています。

ビットコインSV(BSV)は、ブロックサイズを128MBへの拡張を目指す。

互いに一般的な決済手段として利用されることを目的としている。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

エコシステムへの統合

昨今、さまざまなプラットフォームのエコシステムが急速に成長を遂げている。

代表的なものだとイーサリアム、ポルカドット、エイダ、リップル、ステラルーメンなどがあります。

クロスチェーンやオラクルなどの技術も進歩しており、今後さまざまなものが統合されることが予想されるため、流動性において無限の可能性があると言えます。

決済手段としての優位性を確立

現在、ビットコインやイーサリアム、ライトコインに続いて決済手段として用いられている。

今後ますます決済手段としての採用を受けていけば、間違いなく決済においての優位性を確立することとなり、価値の基盤となるでしょう。

投資商品としての優位性を確立

現在、ビットコインやイーサリアム、ライトコインに続いて投資商品として用いられている。

今後ますます投資商品としての採用を受けていけば、間違いなく投資商品銘柄においての優位性を確立することとなり、価値の基盤となるでしょう。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年8月9日時点)

価格予想(調整中)

半減期について

半減期が訪れるとマイニング報酬が半減することにより、一時的な価格高騰につながることがあり得るため、運用材料の1つとなります。

ビットコインキャッシュの半減期は、4年に1度訪れます。

2017年に生まれた仮想通貨なのでまだ1度も実施されていません。

2021年8月に実施される可能性があると言われています。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月16日

ペイパル(Paypal)が暗号資産購入上限額引き上げを発表

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年7月7日~

悲観ネタ(バイナンス数個)

〇2021年7月5日

悲観ネタ(スイスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日

悲観ネタ(メキシコなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月18日

仮想通貨取引所CoinEX上場

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月11、12日

相場悲観(オランダ、タイなど)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月18日

メディア記事(コインポスト)に掲載される

イギリスの仮想通貨投資企業「ビットシェアーズ」のレポートでビットコイン(BTC)からエイダ(ADA)などへ資金流入が確認された件

〇2021年5月13日~17日

相場悲観(ビットコイン)

〇2021年5月15日

アメリカ、ノースダコタ州のウィリストン市で公共料金支払いに対応(予定)を発表

ビットコインからの資金流入

〇2021年5月14日

南アジア最大手DBS銀行が信託サービスのローンチ、対応銘柄として発表

〇2021年4月16日

PayPal傘下アプリVenmoが仮想通貨銘柄の売買に対応

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)である。

〇2021年4月13日

アメリカ・フロリダ州・マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」が決済手段として採用した。

〇2021年3月30日

オンライン決済大手のPayPalで「チェックアウトサービス仮想通貨支払い」銘柄に構成される。

○2021年3月20日 コインテレグラフより

ブラジル証券取引委員会 暗号資産ETF商品2つ発表

ひとつは「QR ETF」ビットコイン100%商品、もうひとつは「Hashdex Nasdaq暗号指数ETF」ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ステラルーメン、ビットコインキャッシュ、チェーンリンクで構成される商品である。

○バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場した。

〇2021年3月9日

ビットコインキャッシュETP(上場投資商品)の予定される

ドイツ証券取引所の電子取引プラットフォームであるクセトラ(Xetra)が、ビットコインキャッシュETP(上場投資商品)の上場を準備していることが表明された。

○Google Financeで閲覧可能に

〇楽天キャッシュで利用可能に

※楽天ウォレット様より

2021年2月24日、楽天ウォレットの発表では、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(楽天ウォレットで取り扱っている銘柄)が楽天キャッシュへのチャージを対応することを発表した。

○仮想通貨取引所OKCoin上場停止

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

タイトルとURLをコピーしました