ca-pub-4928035051974652 仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ポルカドット(DOT)

仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?

簡単にまとめてしまうと……

ポルカの分散型アプリケーション開発用プラットフォーム、異なるチェーンの接続におけるユーティリティトークンとして流通する通貨です。

この記事を読んで頂く事で、より通貨のことがより具体的に分かるようになります。

売買、運用される前に通貨のことを知っておくことをオススメします。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT)

仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?

2017年、「Web3ファンデーション」により創設された、イーサリアム上のERC-20系のトークンである。

※開発元は、パリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies

ICO(新規仮想通貨公開)では1,300億円の調達を達成し、注目や期待を集める。

「ガバナンス」「ステーキング」「ボンディング」の3つの役割を持っているトークンである。

コンセンサスアルゴリズムは、ノミネート・プルーフ・オブ・ステーク(NPoS/Nominated Proof of stake)を、プロトコルにはグランパ(GRANDPA)を採用している。

※仮想通貨業界で名のある人物たちが集まり、これまでの仮想通貨市場の脆弱性を解消すべく「Web3ファンデーション」というプロジェクトが立ち上がり、異なるチェーン同士を結ぶ仕組みづくりとして始まりました。

イーサリアムの共同創業者のギャビン・ウッド氏などが関わっており、イーサリアム2.0の開発も携わっている。

ポルカドット(DOT/Polkadot)とは、異なるブロックチェーン同士の通信を可能にするプロトコルであり、取引の簡潔化を目的として開発が進められている。

※気になるのは金融が透明すぎると、犯罪に利用されたり資産価値として認められるのか?といったところです。

取引所に上場する前から、有力な取引所などへの上場やステーキングなどが期待されていました。

ポルカドット(DOT/Polkadot)は、サブストレート(Substrate)と呼ばれるチェーン接続のプロトコルのフレームワークを利用して作られたチェーンであり、これにおける問題点を克服したチェーンとされています。

ティッカーシンボル(通貨名称)「ADA」

発行上限枚数 10,000,000(DOT)

承認方式 ノミネート・プルーフ・オブ・ステーク(NPoS)

公式ページ Polkadot: Decentralized Web 3.0 Blockchain Interoperability Platform

ホワイトペーパー PolkaDotPaper.pdf

Twitter Polkadot (@Polkadot) / Twitter

仮想通貨ポルカドット(DOT)の特徴

イーサリアムの共同創業者が開発に携わる

ポルカドット(DOT/Polkadot)は、イーサリアムの共同創業者が開発に携わっていることから、イーサリアムなどにおける優位性を活かし、脆弱性を排除して作られています。

イーサリアムで問題となっている、トランザクション増加による処理の遅延は1番重要視されていたとされており、同時並行して処理しトランザクションを高速化できるように作られています。

マルチチェーン技術

ポルカドットはマルチチェーン技術を用い、異なるブロックチェーン同士の接続のために「サイドチェーン」を構築し同規格とすることで、互いの接続、情報の共有を可能とすることができます。

ポルカドット一番の特徴と言える点で、この技術は今後の仮想通貨市場の中核を担うとされ、期待・注目を寄せています。

Web3.0について

ポルカドット(DOT/Polkadot)は、「Web3.0」の実現を目指しているプロジェクトです。

現状、「Web2.0」構造と言われていて、中央集権型の仕組みになっています。

※大手企業(Google、Amazon、Appleなど)による情報管理・集約されている。

問題点として言われているのは、個人情報集約によるリスクとセキュリティ面です。

「Web3.0」は、ブロックチェーンの技術を用いて非中央集権的で第三者に管理されることなく、不正のないWeb構造を実現します。

※ポルカドット(DOT/Polkadot)は相互運用性に欠けている点に言及しています。

ポルカドット(DOT/Polkadot)次第でこれからのWebの在り方自体が根底から変わってくる可能性もありそうです。

クサマ(Kusama)ネットワーク

クサマ(Kusama)ネットワークとは、ポルカドット上に構築されたブロックチェーンネットワークで、ポルカドット上のテストネットワークといった役割を担っています。

クサマ(Kusama)ネットワークでは、ステーキングやガバナンス、パラチェーンの接続、バリデーションなどが行われており、ポルカドットで利用できるほとんどの機能を利用することが可能となっています。

サービスとして提供されるポルカドットのクオリティをより高めた状態で市場に出すための、非常に優れた手段だと思われます。

グランパ(GRANDPA/GHOST-based Recursive Ancestor Deriving Prefix Agreement)

ポルカドット(DOT/Polkadot)は、グランパ(GRANDPA/GHOST-based Recursive Ancestor Deriving Prefix Agreement)というプロトコルを採用しています。

優れたネットワーク下では即座にブロック確定、劣悪なネットワーク下では、問題解決になったのち大量のブロックが一気に確定させられる仕組みとなっています。

これにより、安全で信頼のおける処理、リソース争いよるセキュリティ低下を軽減することができます。

ロココ

ロココとは?

パラチェーンとその関連技術のために特別に設計された新しいテストネットで、ポルカドットはこれらの要素を平行して処理することにより、他と比べて優れた処理性能を発揮する。

リレーチェーン(Relay chain)

リレーチェーンとは、互換性のあるチェーン、互換性を持たないチェーンを繋ぐ役割があります。

パラチェーン(Parachain)

パラチェーン(Parachain)とは、リレーチェーンに接続される独立したブロックチェーンのことを指します。

パラチェーンによって、リレーチェーンを通じてパラチェーン間のトランザクションが可能となります。

※正式にはパラレルチェーンと呼びます。

パラスレッド(Parasread)

パラスレッド(Parasread)とはパラチェーンの代役として扱われており、ブロックチェーン毎に手数料を払うと「ポルカドットエコシステム」に参加することのできる仕組みのことです。

可用性プロトコルと有効性プロトコル

ポルカドットの可用性プロトコルと有効性プロトコルは、強力なセキュリティを持ち、ネットワークが効率的にパラチェーン間でシャードされることを可能にする。

以下の6フェーズで構成されているとされています。

  1. パラチェーン相。
  2. リレー チェーンのサブミッション フェーズ。
  3. 可用性サブプロトコルと使用不可サブプロトコル。
  4. 二次的なグランパ承認の妥当性チェック。
  5. フィッシャーのための異議申し立て手続き。
  6. チェーンを固めるためにビザンチンのフォールトトレラントファイナリティガジェットの呼び出し。

ノミネート・プルーフ・オブ・ステーク(NPoS/Nominated Proof of stake)

ポルカドットのコンセンサスアルゴリズムは、ノミネート・プルーフ・オブ・ステーク(NPoS/Nominated Proof of stake)を採用している。

これには以下の4種類の参加者で動いています。

コレーター(Collators)

コレーター(Collators)とは、パラチェーンで発生した取引の照合を行って、リレーチェーンに渡す役割を担っています。

バリデーター(Validators)

バリデーター(Validators)とは、コレーター(Collators)から送られるそれぞれのパラチェーンのブロックを検証して、問題なければリレーチェーンに追加するという役割を担っている。

バリデーター(Validators)は、ノミネーター(Nominators)によって選出される。

バリデーター(Validators)には報酬が用意されており、フィッシャーマン(Fishermen)により監視されており、これらが不正対策となっています。

ノミネーター(Nominators)

ノミネーター(Nominators)は、バリデーターを選出する役割を担っている。

バリデーター(Validators)に対してステーキングを行うことでバリデーター(Validators)の報酬の一部が得られる仕組みとなっています。
不正に対してはペナルティが用意されています。

フィッシャーマン(Fishermen)

フィッシャーマン(Fishermen)はバリデーターを監視する役割を担っている。

バリデーター(Validators)の違反を見つけた場合に、彼らに与えられるはずだった資金の一部がフィッシャーマン(Fishermen)のインセンティブとして与えられる仕組みとなっています。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

パラチェーンリリースならびにロールアウト

ロールアウトにはXCMP (クロスチェーンメッセージパッシング)へのアップグレードやパラスレッドの起動などが挙げられており開発~監査までが完了すると正式に利用可能になるようです。

ポルカドージ統合

マルチチェーンNFTガスフリーマーケットプレイスのポルカドージと統合が予定されています。

ポルカシティー統合

仮想空間ポルカシティーの第三、四四半期にポルカドット統合が予定されている。

ワンレジャー統合

ブロックチェーンエンタープライズソリューションであるワンレジャーの第三四半期予定にポルカドットとの統合が予定されている。

スプレット統合

NFTのインフラストラクチャであるスプレットプラットフォームとブリッジングによる統合が予定されており、公式ロードマップによるところだと2021年第三四半期とある。

オリオンプロトコル統合

オリオンプロトコルのロードマップに掲載されているところだと、第二四半期に統合が予定されています。

この統合は戦略的統合でポルカドットは流動性向上の期待が持てるネタになります。

TIL/Tidal Financeプロジェクト

TIL/Tidal Financeプロジェクトとは?

Tidal Financeは、ポルカドット上で立ち上がる予定の分散型保険売買プロトコルであり、そのプロトコル上の報酬トークン名が「TIL」である。

トークン「TIL」を得るには、対象の保険プロトコルに流動性を産むこととされており、メリットは「リスク軽減」と「仕組みの効率化」であると言える。

4月中旬に発表、2週後にテストネットが発売されるようだ。

PolkaBTC(BTCパラチェーン)

Polkadot(ポルカドット)は、トークン化されたビットコインとしてトラストレスを実現した「PolkaBTC」を発表。

来年の第1四半期でのローンチを予定しており、2021年3月2日PolkaBTC パブリック ベータテストネットが公開された。

ユーザーはビットコインをロックし、ロックされたビットコインと1対1の比率でPolkaBTCを発行することが出来るようになる。

厳密に言うと、BTCのパラチェーンを開発しているといった具合である。

「PolkaBTC」でトークン化されたBTCの利便性は、すでに多岐にわたり利用の目的が構想されているようでとても注目、期待できる!

独自トークンの発行可能に

2021年8月頃、ポルカドットへPolimecが導入される。

Polimecとは?

トークン発行、転送のフレームワークで、将来有望なクロスチェーンプロジェクトとされるポルカドットへの導入は大変注目を集めています。

これらは以下の問題を解消するとされています。

  • イーサリアムの手数料問題
  • 詐欺プロジェクト発生の抑制
  • メインネットへの残高移行簡略化

ポルカドットは、このPolimecを導入することでイーサリアムのような新たな流動性をもたらし、エコシステム完成への1歩を踏み出すでしょう。

イーサリアムやエイダコイン/カルダノなどと競合してしまう恐れもあります。

分散型取引所IDEXでマルチチェーン

2021年3月末、イーサリアム上の分散型取引所IDEXにマルチチェーンとしてバイナンスチェーンとポルカドットマルチチェーンを追加すると発表した。

これにより市場の更なる流動性が生まれる新たな取り組みと言えます。

流動にはIDEXのトークンが使用されるようです。

IDEX High-Performance Decentralized Exchange

コンフリクト問題解消

ブロックチェーン市場では今後、機能や市場などの衝突などが問題視されると言われています。

ポルカドットの異なるブロックチェーンを繋ぐ役割は、その問題を一番に改善するプラットフォームになるのではないかと言われています。

イーサリアムキラーではない

イーサリアムを元に問題解消し開発されているため、後にはイーサリアムと入れ替わるとも言われている銘柄の1つであり「イーサリアムキラー」などと呼ばれたりしているようだ。

イーサリアムにおいては手数料問題により機能向上が著しく停滞していると言われており、ポルカドットのチェーン接続による拡張性が優れている点を比較される傾向にあるようだ。

ただし、実際のところ開発者としては「イーサリアムを補完する役割」と考えられているようだ。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年7月24日時点)

価格予想(調整中)

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

●2021年7月16日

マイルストーン打ち上げ

※いつもより盛り上がる

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(イスラエル、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月15日

コインベースプロ上場

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月12日

オリジントレイル(OriginTrail)がパラチェーンリリースと今後の予定を公表

※Q3以降ポルカドットとのさらなる統合を予定

〇2021年6月12日

相場悲観(タイ規制など)

〇2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

〇2021年6月10日~

ポルカドットWeb3トーク開催

※エンジンコインがらみ

〇2021年6月8日

クサマネットワーク、パラチェーンオークション発表

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年6月2日

スウェーデンの取引所でポルカドットの上場投資商品(ETP)について

※メディア記事(コインテレグラフ、コインポストなど)に掲載される

マスターベンチャーズにより、ポルカドットとクサマ関連プロジェクトへの投資ファンド立ち上げが発表される

※メディア記事(コインデスク)に掲載される

〇2021年5月29日

「Encode Polkadot Club」の立ち上げ、予定を発表

〇2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ数個)

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月18日

メディア記事(コインポスト)に掲載される

 イギリスの仮想通貨投資企業「ビットシェアーズ」のレポートでビットコイン(BTC)からエイダ(ADA)などへ資金流入が確認された件

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

ポルカドット上でクサマネットワークにパラチェーンを配備するためのメインネットリリースについて

※Twitterピン止め変更

〇2021年5月14日

ポルカ、クサマ共同設立者ギャビン・ウッド氏がTwitterで発表

ポルカドット上でクサマネットワークにパラチェーンを配備するためのメインネットリリースについて

▲上昇

〇2021年5月13日5月17日

相場悲観(ビットコイン)※一部資金流入

▲下落

〇2021年5月13日

ビットコインからの資金流入

▲上昇

〇2021年3月25日

Enjin Walletで、Polkadot(DOT)とKusama(KSM)を安全に保管・管理・取引できるようになりました。

○2021年初頭

イーサリアムの分散型取引所IDEX(アイデックス)のユーティリティトークン「IDEX」を使い、ポルカドットとバイナンスのクロスチェーンの予定を発表している。

○2021年3月18日

仮想通貨取引所ByBitに上場

Bybitは新たに、Cardano(ADA)、Polkadot(DOT)、Uniswap(UNI)の3つの銘柄とステーブルコインのテザー(USDT)とのペアを追加予定であることを発表した。

既存の取引ペアと同様に取引にレバレッジをかけることが可能で、最大25倍までレバレッジを設定することができる。

○バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場した。

対応銘柄はコチラ

BTC、BNB、BUSD、ETH、ADA、ATOM、BCH、DASH、DOGE、DOT、EOS、ETC、FIL、HBAR、LINK、LTC、MATIC、NEO、PAX、QTUM、TRX、TUSD、UNI、USDC、VET、WRX、XLM、XMR、XRP、XTZ、ZEC、USDT、SXP

○2021年3月17日

仮想通貨取引所BitMexに上場。

仮想塚取引所BitMexの市場は、ユーザー数が数十万人で取引が毎日約何千億円規模で行われているようで、レバレッジも最大100倍と、価格変動に大きく刺激を与えそうです。

○投資ファンド「FD7ベンチャーズVentures)」

Prakash Chand氏により、投資ファンド「FD7 Ventures」が発表された。

カルダノ・エイダコイン、ポルカドット、イーサリアムなどは新しいインターネットとWEB3.0の基盤であり、ビットコインなどは資産価値以外の役割がないとの見解が述べられた。

今後、こういった動きが見られるなら大きく市場へ影響するであろう。

○アンカー(Ankr)による基盤サポート

アンカー(Ankr)の表明では、ポルカドットの昨今の飛躍や技術面でのベース基盤として全面参加する旨を表明しており、ポルカドット流動性に貢献するものとみられる。

○IOSTをクロスチェーンに統合

ポルカドットのクロスチェーンにIOSTが統合、テストが完了したことが表明されました。

これにより、更なる需要と流動性が発生しパフォーマンス面でも成長することができる。

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

★掲載銘柄記事一覧★

ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT)

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

タイトルとURLをコピーしました