ca-pub-4928035051974652 コンセンサスアルゴリズムとは? | きっちょは凡人億り人

コンセンサスアルゴリズムとは?

ここでは暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーン、プラットフォームにおける専門用語を分かり易く解説していきます。

この記事はこんな方向け

コンセンサスアルゴリズムについて知りたい

この記事でわかること

コンセンサスアルゴリズムについて

コンセンサスアルゴリズムとは?

暗号資産(仮想通貨)取引でブロックチェーン上に記録する情報の整合性、承認を図る手段のことです。

コンセンサスアルゴリズムには様々な手法が存在し、状況に合わせて使い分けられています。

以下の3点が重要とされるポイントと言えます。

  • 承認の速度
  • 承認の平等性
  • 承認の安全性

それぞれのコンセンサスアルゴリズムにはまだまだ脆弱な点があると言え、新しいコンセンサスアルゴリズムも次々と誕生している。

コンセンサスアルゴリズムは、承認アルゴリズムやアルゴリズムなどと称されることもある。

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

bitbank

オススメする理由

  • アルトコインを販売所ではなく、取引所で購入できる!
  • 板取引出来るので手数料が安い!
  • 使いやすいし見やすい!
  • 入出金などの手続きがスムーズでストレスなし!

関連記事一覧

  1. 国内取引所で取り扱っている銘柄のお勉強
    1. ビットコイン(BTC)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    2. ライトコイン(LTC)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    3. イーサリアム(ETH)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    4. イーサリアムクラシック(ETC)とは?今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    5. リップル(XRP)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    6. ネム(NEM)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    7. ステラルーメン(XLM)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    8. アイオーエストークン(IOST)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    9. ベーシックアテンション・トークン(BAT)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    10. クアンタム(QTUM)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    11. エンジンコイン(ENJ)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    12. ファクトム(FCT)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    13. リスク(LSK)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    14. モナコイン(MONA)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    15. テゾス(XTZ)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    16. ビットコインキャッシュ(BCH)今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
  2. その他の銘柄のお勉強
    1. エイダコイン(ADA)とは?今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    2. ファンフェアー(FUN)とは?今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    3. セーフパル(SFP)とは?今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
    4. ドージコイン(DOGE)とは?今後の将来性・2021年価格予想・チャート分析
  3. 億り人目指す
    1. イーサリアム(ETH)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    2. リップル(XRP)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    3. ネム(NEM)億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    4. ビットコインキャッシュ(BCH)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    5. ステラルーメン(XLM)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    6. アイオーエストークン(IOST)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    7. クアンタム(QTUM)億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    8. ファクトム(FCT)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    9. ライトコイン(LTC)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める
    10. モナコイン(MONA)で億り人!?過去チャート推移から購入価格を決める

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

  1. […] コンセンサスアルゴリズムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、通貨保有量が多いものほど承認権利を得ることが出来、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要なため、負担なくスムーズに承認処理が可能となる。 […]

  2. […] IOST独自のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)は、ネットワークへの貢献度が高い人ほどトランザクション(取引)を処理できる可能性が上がるというもので、マイニング後はリセットされるため不正のリスクがかなり軽減できます。 […]

  3. […] 恒星コンセンサスプロトコル(SCP)は、Stellar(ステラ)独自のコンセンサスアルゴリズムで、誰でもノードを操作して、Stellar(ステラ)ネットワークに参加できる分散型で非中央集権的になっています。ただし、取引の承認についてのみ運用団体が管理しています。 […]

  4. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・コンセンサス(PoC)を採用しています。 […]

  5. […] コンセンサスアルゴリズム「ウロボロス」とはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)が基になったブロックチェーンのシステムで、マイナーを投票で決めることで不正やトランザクションを早くしている。 […]

  6. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・インポータンス(PoI/Proof of importance)という仕組みを採用し、一部の者に報酬が偏ってしまわぬよう設計された最初の仮想通貨です。 […]

  7. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しており、発行上限枚数は2,100万BCHである。 […]

  8. […] コンセンサスアルゴリズム プルーフ・オブ・ステーク(PoS/Proof of Stake)は、一般ノードから通貨保有率が高いノードが選定されやすいアルゴリズムで、不正が行われないように評価が加味される仕組みである。 […]

  9. […] コンセンサスアルゴリズムは、イーサリアム上の通貨であるためプルーフ・オブ・ワーク(PoW)です。 […]

  10. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW/Proof of Work)です。 […]

  11. […] コンセンサスアルゴリズムはデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)で、LSKホルダー全員で好きな立候補者を選び投票することができる。 […]

  12. […] 発行上限枚数は8,400LTC、コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)、開発やマーケティングなどはライトコイン財団が主となっている。 […]

  13. […] コンセンサスアルゴリズムはリキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)を採用。 […]

  14. […] コンセンサスアルゴリズムは、プルーフ・オブ・ステーク「Proof of Stake(POS)」を採用。 […]

  15. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)です。 […]

  16. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(Pow)を採用しており、発行枚数の上限は1億512万枚です。 […]

  17. […] コンセンサスアルゴリズムは、グランパ(GRANDPA)を採用。 […]

  18. […] コンセンサスアルゴリズムはデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)で、EOSホルダー全員で好きな立候補者を選び投票することができる。 […]

  19. […] コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)です。 […]

  20. […] コンセンサスアルゴリズムは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS/Proof of Stake)を採用。 […]

タイトルとURLをコピーしました