ca-pub-4928035051974652 仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ダッシュ(DASH)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?

2014年、Evan Duffield(エヴァン・ダッフィールド)氏によりビットコインよりフォークして開発される。

バイトコイン(Bytecoin)という通貨をモチーフにして設計され、以前は「XCoin」「Dark Coin」などと呼んでいたようだ。

名称としてイメージ改善するためにダッシュ(DASH/Dash)へ名称変更した。

現在の開発主体は「DASH founpatlon」という開発組織で、Kyle Hagan(カイル・ホーガン)氏と共に立ち上げたとされる。
※Kyle Hagan(カイル・ホーガン)氏がどういった人物なのか詳しくは知られていない。

仮想通貨ダッシュ(DASH/Dash)は、、決済手段として利用されることを目的とし開発されました。

採用仕組みにより「即時決済」が可能であり、他の通貨より優位にあると言えるでしょう。

より早く、コストも抑えた決済を目指し開発が進められている。

「高い匿名性」も特徴のひとつである。

ティッカーシンボル(通貨名称)「DASH」

発行上限枚数 18,900,000(DASH)

承認方式 プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

公式ページ https://www.dash.org/

ホワイトペーパー Whitepaper

仮想通貨ダッシュ(DASH)の特徴

インスタントセンド(Instantsend)

インスタントセンドという独自技術により、送金速度を高速化しています。

インスタントセンドとは?

取引きするネットワークを複数使用し、処理を分けることにより取引承認処理を早くしています。

一般的にはネットワークを複数もっていないプロジェクトが多いため、独自技術の活用とされています。

この技術の活用により、2~4秒程度で処理が可能とされています。」

仕組みはインスタントセンドネットワーク上に存在する10台のマスターノードの過半数(6台以上)が承認すると成立されブロック生成へ進む仕組みとなっており、マスターノードになるには 1,000DASH以上保有しており専用サーバーを所持しいていることとなっています。

※専用サーバーにはマスターノード・ソフトウェアを導入していることが必須。

ダークセンド(Darksend)/プライベートセンド(Privatesend)

ダークセンド(Darksend)という技術により、高い匿名性を特徴としています。

ダークセンド(Darksend)とは?

※プライベートセンド(Privatesend)とも言われたりしています。

コインジョイン(コインミキシング)という技術が基となっており、送金された通貨が1度シャッフルされることでその匿名性を実現しています。

匿名性を帯びた通貨のことを「匿名通貨」などとも呼ばれており、セキュリティー面で非常に優れています。

送金の追跡はほぼ不可能となっており、問題としては犯罪に使われる可能性もあるという点、通貨としての強制力を持たせてもらえない可能性が言えるでしょう。

ハッシュアルゴリズム「X11」

ハッシュアルゴリズム「X11」を使用することで、高いセキュリティーを誇りマイニングも参入しやすくなっています。

ハッシュアルゴリズム「X11」とは?

11種類のハッシュ関数を組み合わせることにより、セキュリティー面で最も優れたハッシュアルゴリズムとなっている。

CPUやGPUでのマイニングとなるために、スペック的には専用媒体じゃなくても簡単にマイニングに参入することが可能となっています。

マイニング(採掘)

仮想通貨ダッシュ(DASH/Dash)にはマイニングが存在します。

マイニングによる報酬は、まず運営に10%、残りをマイナーとマスターノードで半々に分けます。

運営はこれを開発費に充てているとされています。

中央集権型である

管理・運営主体が存在する中央集権的な通貨・プラットフォームです。

管理・運営の状況に左右される可能性が懸念されることや、不正などのリスクが非中央集権的プラットフォームより劣ると言えます。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

ロードマップ2021

ダッシュ財団監督選挙2021

2021年6月28日から開始され2021年7月12日をもって集計とする。

結果次第では期待による相場の動きも考えられる。

ダッシュプラットフォームとダッシュクラフト

ダッシュプラットフォームとはダッシュ上で分散型アプリケーションを構築できるプラットフォームのことです。

Web3、モノのインターネット、ビッグデータ、個人の収益化に焦点が当てられて開発が進められています。

開発言語はJavaScriptで、だれもが簡単に参入可能となることが目的のようです。

現在、進められているプロジェクトとしては「マインクラフト」での活用です。

「エンジンクラフト」などのようにアイテムなどの資産価値交換としての利用を目的としているわけじゃなく、抽象的な芸術や制作のような部分に取り組むとのこと。

これらのダッシュサーバーでのサービスは「ダッシュクラフト」と呼ばれるようです。

規制される危険性

ダッシュ(DASH/Dash)は非常に高い匿名性質を持っており追跡不可能とされるため、マネーロンダリングや犯罪などに関係してくる可能性が高く、「匿名通貨」は規制される危険性と常に隣り合わせだと言える。

実際に、「匿名通貨」が闇市場での支払いで利用されているようですから、あまり激化するようだと本当に規制される可能性が現実的となってきてしまいます。

規制されると通貨価値もがくっと暴落するでしょう。

匿名通貨としては1番有能である

「匿名通貨」は仮想通貨モネロやジーキャッシュなどがありますが、現在のところ性能としてはダッシュが1番決済手段としては有能です。

決め手は決済速度にあると言えるでしょう。

有力プロジェクトなどの出現により時価総額落ちる

ここ最近、有力なプロジェクトが頭角を見せ始めるなかでなかなかコレといった注目を集める要素がないために時価総額が落ちている。

決済銘柄として有能ではあるが、コレといった何かが出るまでは価格高騰になりえなそうである。

もしくは、決済手段としての市場拡大などが必要かもしれない。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年7月28日時点)

価格予想(調整中)

最新ニュースまとめ

●2021年7月28日

ダッシュダイレクトアプリの発表

※メディア記事(コインテレグラフ、コインポスト)にも掲載される

・・

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月11日、12日

相場悲観(オランダ、タイなど)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年6月8日

ブラジルの保険商品スタートアッププロジェクト(88i)に投資

※メディア記事(コインテレグラフなど)にも掲載される

ダッシュコア(DashCore)v0.17.0.3 リリースの案内

※バグ調整アップデート

〇2021年6月7日

ダッシュ財団監督選挙2021の発表

〇2021年5月19日~24日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月19日

ダッシュコア(DashCore)v0.17.0.2リリース

※パフォーマンス、インターフェースなど総合アップデート

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ、インド規制など)

〇2021年5月10日

相場悲観(少額銘柄)

〇2021年5月7日
テストネット上のダッシュプラットフォームv0.19のリリース

○バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場した。

○ERC-20ラップトークンstDASHを立ち上げ

イーサリアム上のERC-20ラップトークンstDASHを立ち上げた。

○ダッシュプラットフォームv0.18リリース

2021年3月9日、ダッシュテストネット上のダッシュプラットフォームv0.18がリリースされた。

ダッシュプラットフォームv0.18は、不具合や調整などテストネット改善のためのバージョンである。

○ブラジルのRAS銀行に追加

2021年3月4日、ブラジルのRAS銀行(デジタル系銀行)へダッシュ(DASH)が追加された。

これによりユーザーは法定通貨もしくはダッシュ(DASH)での店舗決済、請求書支払い、カード支払い、OTCなどが可能になる。

○仮想通貨ATMで利用可能

BitcoinATM「Coinflip」でサポートされている通貨のひとつです。

Bitcoin ATMs Nationwide, Low rates, Buy Crypto with Cash – CoinFlip

きっちょ。オススメの取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

きっちょ。のプロフィール

きっちょ。ふぁんだくりぷたー

1986年生まれ

ファンダメンタルズ寄りの仮想通貨トレーダー。

チャートテクニカル(心理的に意識されそうなポイント)と価格推移の力強さであるファンダメンタルズを総合的に検証、監視しながらトレードすることが趣味

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました