ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨オアシスネットワーク(ROSE)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

オアシスネットワーク(ROSE)

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

仮想通貨オアシスネットワーク(ROSE)とは?

オアシスネットワークとは、独自のスケーラブルでプライバシーと汎用性の高い次世代型のレイヤ1ブロックチェーンネットワークです。

分散型金融(DeFi)とオープンデータのための最も強力なブロックチェーンネットワーで、気密性の高いサービス提供が可能となっており信頼できないチェーンの契約をプライバシー保護の元可能とすることなどが可能とされています。

また、実行とアルゴリズムを別々に処理するためのパラタイムスケーリングアーキテクチャにより、複数の処理を独自のパラタイム生成により可能とし高い処理速度を実現します

これは処理分散の意味でも柔軟性に長けており、拡張性にもつながると言えるでしょう。

ティッカーシンボル(通貨名称)「ROSE」

総発行枚数 10,000,000,000(ROSE)

公式ページ The Oasis Protocol Foundation

Twitter Oasis Foundation (@OasisProtocol) / Twitter

仮想通貨オアシスネットワーク(ROSE)の特徴

独自の複層レイヤーチェーン

オアシスネットワークは、「コンセンサスレイヤー」と「パラタイムレイヤー」の2層構成によりスケーラブル、汎用性、セキュリティ効率の高いプラットフォームとして開発者をサポートします。

2層に分ける事で、「コンピューティング」と「コンセンサス」の分離によるトランザクション処理の並列化で複雑化を免れスケーラブルになるのです。

「パラタイムレイヤー」に関しては分散化されており独自のパラタイム構築によりニーズを満たします。

また、不一致検出も高度とされており同レベルセキュリティにおいて「シャーディング」などより高効率とされています。

トークンユースケース

プラットフォーム上だとユーティリティトークンとしてアルゴリズムに電力供給(検証に対する報酬や投票など)として流通する役割があります。

オアシスネットワークはデータをトークン化することで、エコシステム上に構築された自由度の高いソフトで多様な流通をします。

チームが一流

オアシスチームは、アップル、グーグル、アマゾン、ゴールドマン・サックス、UCバークレー、カーネギーメロン、スタンフォード、ハーバードなどのバックグラウンドを持つとされています。

※公式ページによるところ

発行上限があり希少価値が高い

オアシス(ROSE)の総供給枚数は 10,000,000,000(ROSE) とされています。

これによりデフレメカニズム(焼却や永久ロック)などがなくとも限定的で、希少価値があると言えます。

今後の将来性

市場規模の拡大

暗号資産市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

最新のロードマップ

取引所・交換所・ウォレットに上場する

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

チャートと価格予想

チャート(2022年1月16日時点)

価格予想 (2022年1月16日時点)

オアシスネットワークの多様な将来性とエコシステム支持が期待される。

直近でバイナンスラボからも開発支持されており急上昇を見せる。

上昇途中での購入はさすがに危険ですが超注目銘柄としてサポートラインで少しずつ拾っておいて良さそうです!

参考情報 (2022年1月16日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(119,803人)

24h取引ボリューム(約$2億2,000万)

マイルストーン

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

●2022年1月11日

バイナンスラボがオアシスネットワークエコシステム基金へ$2億の貢献を発表

※メディア記事(コインテレグラフ)にも掲載される

●2021年11月17日

オアシスネットワークエコシステムファンドの立ち上げ

※メディア記事(コインテレグラフ)にも掲載される

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月9日

ヒューマンAIと提携

※ヘルスケア分野への拡大を公表

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー)

●2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月13日

相場悲観(タイなど)

●2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

〇2021年6月11日

プライバシー保護をサポートしたチェーンとして、メディア記事(コインテレグラフ)に掲載紹介される。

●◎2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

●2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

●2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

◎2021年5月13日

相場悲観(テスラ、インド規制など)

◎2021年5月1日~10日

相場歪み(犬、SNL、イーロン氏、少額銘柄)

◎2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金)

◎2021年4月18日~20日

相場歪み(ビットコイン、ドージコインなど)

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました