ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨ステラルーメン(XLM)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ステラルーメン(XLM)

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

仮想通貨ステラルーメン(XLM)とは?

Stellar(ステラ)は2014年7月に公開。

ステラルーメン(XLM)は、リップル社の元開発者でマウント・ゴックス(Mt GOX)を創業した共同創業者であるジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)氏によって開発された仮想通貨。

Stellar(ステラ)は、個人間の送金や国際送金における問題を解決・効率化することを目的として開発され、低コストの金融サービスを構築し、多様な金融システム繋ぐネットワークブロックチェーンである。

ステラのネットワーク内では、米ドルや日本円などの法定通貨と交換が可能になっており、ステラネットワークを利用した法定通貨が増えている。

公開と同時に1,000億XLM発行されましたが、2019年11月には550億XLMがバーン(使用不可能な状態にされること)されました。

発行上限枚数の上限が毎年1%増加するという他の仮想通貨にはない特徴があります。

発行上限は1000億XLM+年1%でしたが、2019年10月にStellar(ステラ)のコミュニティによる投票を経て、新規発行が終了しました。

Stellar Development Foundation(SDF)と呼ばれる非営利団体が管理主体としてあり、開発・運営が行われており、Stellar(ステラ)の基本理念実現のためだけに活動しています。

SDFは、Stellar(ステラ)ステラルーメン(XLM)を活用し、人々がグローバルに金融サービスを利用できる仕組みを構築することを目的として活動している。

ステラルーメン(XLM)「通貨として使われること」を目指している仮想通貨であり、そのために敢えて価格の高騰を防ぐしくみを取り入れエアドロップを活発に行って普及を促してきました

ティッカーシンボル(通貨名称)「XLM」

発行上限枚数 104,264,152,998(XLM)

承認方式 federated Byzantine agreement

公式ページ https://www.stellar.org/

ホワイトペーパー https://www.stellar.org/papers/stellar-consensus-protocol.pdf

Twitter https://twitter.com/StellarOrg

仮想通貨ステラルーメン(XLM)の特徴

トークンユースケース

(更新予定)

グローバル金融の実現

ステラ(Sterllar)はグローバル金融(送金や決済)などで利用される目的で開発が進められています。

Stellar(ステラ)内の入出金処理を行うデータであるIOU(借用証明書)をやり取りすることで、価値の移動を実現しています

送金時に支払う手数料は承認者の報酬にならず、運営でプールされて新規発行分として再分配されるようになっており、不正と判断される送金には手数料は高くなるような仕組みを採用、不正を働いても利益が出ないようになっています。

ステラルーメン(XLM)のエコシステムはブリッジ通貨としての機能を持っており、法定通貨の両替に利用することができます。

また、ステラルーメン(XLM)を利用して両替すれば銀行を利用する必要がありませんので、高速かつ安い手数料で両替することができます

  • ブリッジ通貨とはその名の通り、橋渡しの役割を持つ通貨のことです。
  • ブリッジ通貨を実現するのも、IOU(借用証明書)を利用します。


ブリッジ通貨に関するIOU(借用証明書)は各参加者からの指示で作成されますが、逆の両替のIOU(借用証明書)とセットでなければ実行できません。

そこでステラ(Sterllar)は保持している世界中の両替のIOUの中から最適なIOUを選んで両替を実行するのです。

ステラ(Sterllar)上ではアセット(資産)を発行することができ、発行されたアセット(資産)はStellar(ステラ)のネットワーク上でグローバルに移動することができます。

ステラ(Sterllar)のプラットフォーム上では、残高の他に、bids(売注文)とasks(買注文)を保存しておくことができます。

それらの注文はステラ(Sterllar)ネットワーク上で自動的に処理される。

「Stellarport」「StellarX」といった分散型取引所(Decentralized Exchange、DEX)で各種の注文操作をすることも出来ます。

価格変動が起きづらい特性

ステラルーメン(XLM)は毎年発行枚数を増やし続けることで、価格の高騰変動が起りづらくなっています。

少しのことで価格が変動することがないためボラティリティを低く保つことができるため安定通貨として、賭け通貨となりにくくなっています。

恒星コンセンサスプロトコル(SCP)

恒星コンセンサスプロトコル(SCP)は、ステラ(Sterllar)独自のコンセンサスアルゴリズムで、誰でもノードを操作して、ネットワークに参加できる分散型で非中央集権的になっています。ただし、取引の承認についてのみ運用団体が管理しています。

ビットコインなどのコンセンサスアルゴリズムは「全員の承認」が必要ですが、ステラ(Sterllar)の場合は全員の承認を必要としていません。

ステラ(Sterllar)では、参加者が選んだ「信頼できる参加者」つまり運用団体の承認によってのみ処理を進められるようになっており、これにより決済速度がビットコインなどと比べて早くなっています。

IBMやKlickExとパートナーシップを結ぶ

IBMとKlickExとのパートナー契約により、それぞれの技術を結集して世界の通貨による国境を越えた決済の流れをストレスなく完了する、ソリューションの構築に技術面で貢献する役割を担っています。

IBMはブロックチェーン技術を活かしグローバルな金融ソリューションを手掛けており、その提携に多くの銀行や金融機関があります。

ステーブルコイン発行と流動性

ステラ(Stellar)のエコシステム上では法定通貨と1:1の割合でステラ上のステーブルコインと交換可能となっており、その他のエコスステムやブロックチェーンと統合することで更なる領域への流動性が見込める。

また、分散型取引所などで資産をスワップ(交換)することも可能で無限の可能性を秘めている。

今後と将来性

最新のロードマップ

2021年のもの。

※公開に期待

四半期ごとに4回イベントを行う

ロードマップの示すところによるなら、ステラ(Stellar)は四半期ごとに4回のイベントを行うとされています。

AMAやフォーラム、技術的イベントなどステラを活気づけるスケジュールが常にあるといっても良いでしょう。

IBMの国際送金ネットワーク(Blockchain World Wire/BWW)

IBMが開発するBWWは、ステラ(Stellar)のブロックチェーン・プロトコルを用いて、受け手と送り手銀行が直接やり取りする、リアルタイムの国際送金を実現するブリッジ通貨として、XLM(ステラルーメン)を使用する。

現在、72か国で合計47の通貨と44もの銀行が提携しており、これにより大きなネットワークならびに基盤を確保していると言えよう。

今後のネットワークの拡大が見込まれ、ステラ(Stellar)のエコシステム発展に多大な影響となります。

ステーブルアクト(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)

ステーブルアクト(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)とは、ステーブルコインや他の暗号資産の発行および関連する商業活動を規制することによって消費者を保護することを目的とした法案である。

  • ステーブルコインの発行者は銀行業のライセンス所持者でなければならない
  • 発行する際は事前にFDIC(連邦預金保険公社)に通知し承認を得なければならない
  • いつでも必要に応じて米ドルに変換できるだけの余剰金を準備しなければならない

以上が大きな内容である。

銀行と同じような規制の元管理されることになるようだ。

業界からは批判の声が相次いでおり、自由の妨害とみなされているようだ。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

チャートと価格予想

チャート(2022年1月6日時点)

価格予想 (2022年1月6日時点)

2022年のロードマップ公開などが期待されるネタとなりそうである。

BTCやETH、BNBなどの主要通貨の値動きを見ながらになるが、問題なさそうなら三角持ち合いアウトラインまではとりあえず伸ばしそうだ。

ステラは自衛隊などのからみで無視できない銘柄で、注目も安定した銘柄だと思うので筆者としては追跡をおすすめします。

参考情報 (2022年1月6日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(715,462人)

24h取引ボリューム(約$7,500万)

マイルストーン

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月5日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)でXLM/BTCレバレッジペアをサポート

※メディア記事(コインポスト)情報にも掲載される

〇2021年7月1日

ステラの自動市場メーカー(AMM)について公表

※ネットワークアップグレード投票について(プロトコル18)

〇2021年7月1日

相場悲観(日本)

〇2021年6月30日

ウクライナ銀行協会に加盟を発表

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(イスラエル、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月15日

ハックアフリカイントロ開始

※2021年6月19日より開始

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月12日

相場悲観(タイ規制など)

◎2021年6月11日

相場悲観(オランダ規制など)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年6月3日

ワイア(Wyre)と戦略的提携

これによりステラはステラUSDCトークンの貯蓄APIにおける高い利回りをワイア(Wyre)に提供、開発のサポートを受ける提携となる

〇2021年6月2日

プロトコルアップデート17完了を発表

メディア記事(コインポスト)にも掲載

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所フィメックス(phemex)上場

※メディア記事(コインポスト)情報にも掲載

〇2021年5月28日

相場悲観(規制関連とメディアへの連鎖)

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月25日

自衛隊がラテンアメリカ向けデジタルウォレットP2P交換プラットフォームに出資を発表。

ステラと提携も公表。

※メディア記事(コインデスク)にも掲載される

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月16日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

仮想通貨規制に関する記事で、ステラチームのキャンディスケリー氏が関わる

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ決済がらみ)

〇2021年5月10日

相場悲観(少額銘柄がらみ)

〇2021年5月7日~

相場悲観(犬、SNLがらみ)

〇2021年5月5日

VISAと金融サービスプロパイダーTala提携、暗号へのアクセスサポート
ステラとサイクルがサポートする

〇2021年5月4日

ポッドキャストで自衛隊CEOのインタビュー
エコシステム参加者たちが参加、アプリ構築についてのパネルディスカッション

〇2021年5月1日

相場悲観(犬、SNLがらみ)

NFT関連ステラクエストシリーズ3の発表

〇2021年4月30日

ステラルーメンの金融ソリューションについてパネルディスカッション

〇2021年4月28日

プロトコル17アップグレード

〇2021年4月25日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年4月24日

21SharesとCoinbase Custodyが提携し、スイスの証券取引所であるSIXエクスチェンジでステラルーメン投資商品の提供開始を発表した。

ティッカーシンボルは「AXLM」である。

〇2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金がらみ)

〇2021年4月18日~20日

相場悲観(ビットコイン、ドージコインがらみ)

〇2021年4月14日

ステラ開発財団2021年Q1レビュー公開

〇2021年4月15日PM18:00(JST)

ステラのNFTを掘り下げるプロジェクトによりチューニングを行なわれる予定である。

〇2021年4月13日

ステラ2021年Q1レビュー

〇2021年4月12日

欧州ブロックチェーンイベント

ステラ財団CEOデネル・ディクソン氏が参加

【グローバル金融システムへの公平なアクセスの創出について】

〇2021年4月12日

メディア記事(コインテレグラフ)に注目銘柄5選として掲載される

〇2021年3月29日

仮想通貨取引所COINEAL上場

〇2021年4月10日

プロトコルアップデート16を完了

※不具合改善の内容が主となる

○2021年3月20日

ブラジル証券取引委員会 暗号資産ETF商品2つ発表

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

○バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場した。

○ノルウェー上場企業の「Aker」BTC投資を開始予定を公表

○2021年3月

Horizon2.0技術を導入されたと発表される。

○USDC チェーン スワップ

USDCチェーンスワップをサポートする発表がされました。

〇2021年3月17日

仮想塚取引所ビットメックス(BitMex)上場

○2021年2月26日

ステラ(Stellar)がフレアネットワークに統合されることが明らかとなった。

○マスターカードCBDCに基軸を

マスターカードは決済としてステーブルコインCBDC(銀行のデジタル通貨)に基軸を置き進めていくことが発表された。

〇2021年1月30日

ロードマップ2021更新

○2020年11月23日

ステラの大型アップグレードで「プロトコル15」が実装されました。

○ステーブルコイン「ARST」、「BRLT」発行

Stellar(ステラ)は、ラテンアメリカ最大のデジタル資産決済ネットワーク「Settle Network」と提携し、アルゼンチンの法定通貨ペソのステーブルコイン(ARST)と、ブラジルの法定通貨レアルのステーブルコイン(BRLT)について、ステラネットワークでの発行を行ったことを発表した。

○2020年11月12日

Stellar(ステラ)のブロックチェーン技術が仮想通貨Akoin(エイコン)に用いられる、セネガルの暗号都市「エイコンシティ」すべての施設で取引できるようになります。

この暗号都市計画は、グラミー賞受賞歴を持つ大物シンガーAkon氏により発表された。

○ウクライナ政府とステラ財団が提携した

Stellar(ステラ)がデジタル通貨を発行するわけじゃなく、デジタル通貨開発に協力して国内通貨や資産のデジタル化を推進することになるようだ。

○2021年2月2日

Stellar(ステラ)ブロックチェーンで、米ドルペッグのステーブルコイン(USDC)がリリースが無事完了したと発表される。

○ユーロのステーブルコイン(EURB)ステラネットワーク上で発行

○独大手不動産企業がステラのブロックチェーンでデジタル債券発行

○仮想通貨ATMで利用可能

BitcoinATM「Coinflip」でサポートされている通貨のひとつです。

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

コメント

  1. […] ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT) […]

タイトルとURLをコピーしました