ca-pub-4928035051974652 仮想通貨ファクトム(FCT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨ファクトム(FCT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ファクトム(FCT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは?

簡単にまとめてしまうと……

様々な記録を情報化するためのユーティリティトークンとして流通している通貨です。

この記事を読んで頂く事で、より通貨のことがより具体的に分かるようになります。

売買、運用される前に通貨のことを知っておくことをオススメします。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは?

2014年、プロジェクトが立ち上がる。

2015年、アメリカテキサス州のFactom社により発表された通貨です。

2017年、新規仮想通貨発行(ICO)にて多額の資金調達に成功し注目を集める。

ファクトムは重要な情報記録を管理する目的で作られました。

ファクトム(Factom)とはプラットフォーム名称であり、そこで使用される通貨はファクトイド(FCT/Factoid)とエントリークレジット(Entry Credit)がある。

ファクトム(FCT/Factom)とはドキュメント(電子データ)をブロックチェーン上に記録することが出来る分散型のデータ管理プラットフォームであり、あらゆる情報を電子データとして安全に管理することまたそれを用い記録の事実証明や処理情報管理などに利用されている。

変更不能な記録保持システムを提供することによって現実のビジネス問題を解決し得る有用なブロックチェーン技術で、ファクトムを使用して情報を文書化すると、それを改ざんすることはできない。
ファクトムの分散元帳技術は、ビットコイン(BTC)ブロックチェーンの上にデータレイヤーを作成することで、暗号分離を使用して1つのハッシュでブロックチェーン内の数百万のリアルタイムレコードを保護する。

ファクトム(FCT/Factom)は運営元のFactom.Inkが新規発行する中央集権型で、現在はファクトムプロトコル(Factom Protocol)が開発主体となっている。

ファクトムプロトコル(Factom Protocol)は、第 2 層で世界規模のデータ セキュリティを実現を目的として、会社の監査証跡の同期や記録管理による証明、分散型アプリケーション(DAPPS) とデジタル ID の構築、柔軟な非認証トークンの発行などを行っている。

ファクトム(FCT)は情報管理技術サービスに優位性があるため、公的機関や大きな市場での情報管理・証明などへの活用がなされている。

ティッカーシンボル(通貨名称)「FCT」

発行上限枚数 8,745,102(FCT)

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

中央管理機関 なし

公式ページ Factom Discussion Forum (factomprotocol.org)

ホワイトペーパー https://www.factom.com/devs/docs/guide/factom-white-paper-1-0

Twitter https://twitter.com/factom

仮想通貨ファクトム(FCT)の特徴

エントリークレジット(Entry Credit)

エントリークレジット(Entry Credit)とは、ファクトム(FCT)上で記録管理を利用するさいの手数料としての支払いに使用されるトークンである。

ビットコイン(BTC)とファクトム(FCT)

ファクトム(FCT/Factom)のブロックチェーンはビットコインのブロックチェーン上で作られており、「ビットコイン2.0」と呼ばれるほどビットコインとのつながりが強い。

ビットコインは主要な仮想通貨なためにデータ容量がすぐいっぱいになってしまう。

よって、送金などに必要なデータ処理に時間がかかる問題があったが、ビットコインの機能拡張をするレイヤー (データ層)サイドチェーン(予備スペース)を記録に活用することで、ビットコインの機能拡張が可能になる。

ビットコインの強固なセキュリティ恩恵を受け、相乗効果を得ています。

独自のブロックチェーン「M2」

M2とはファクトム(FCT/Factom)独自のブロックチェーンで、ビットコインやイーサリアムと記録共通が可能となる。記録共有することで記録の分散管理ができ、ブロックチェーンに負担をかけずに高速に大量のデータを処理することが出来る。

ファクトム(FCT/Factom)全体でトランザクション(取引)をまとめて1として記録し、ブロックチェーン上に記録する。

トランザクション(取引)のまとめかたは、FCT(Factom/ファクトム)独自のブロックチェーンであるエントリーブロックを使用し、登録情報を取りまとめ、ディレクトリブロックというものの中で暗号化されるという形である。

あらゆる書類や記録を管理・証明

ファクトム(FCT/Factom)は、データ管理を決まったサーバーで管理するのではなく、グローバルに分散されたコンピューターで管理される。

そのため改ざんもできず、安全で尚且つ実態を掴めない状態で書類や記録を保存管理できる。

ドキュメントでの記録保存なので個人情報などの漏洩の心配もありません。

ファクトム(FCT/Factom)記録や証明を、大量に、安く、安全に記録できる

契約書や文章、貸付記録、証券、保険等の記録と管理を第三者なしで証明可能

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)と住宅ローン産業

住宅ローン市場のパッケージ化は複雑です。ローンの発生から、二次的およびコンプライアンスおよび監査に対するサービスにまで、いつ誰が何が起こったのかを示すためには、変更不可能な証拠が必要です。記録保持システムが侵害されていないことを証明することはさらに難しいです。ブロックチェーンを使用すると、この情報の妥当性、完全性、履歴を確認することで、データ、ファイル、システムの状態を証明できます。 

アメリカで約1兆5千億ドル(日本円で約160兆円)にもなる住宅ローン市場をパッケージ化させようという取り組み。

通常なら、住宅ローンには不動産屋や銀行等の金融企業など様々な第三者を挟む必要があり、

中間マージンや情報管理のセキュリティコストがなどの費用がかさむ。

挟まずに不動産の売買は可能だが、意見の食い違い・改ざん・不正リスクが排除しきれません。

アメリカでは住宅ローンデータ管理に毎年5兆ページが使われているとされており、

多大なコスト削減が期待されている。

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)なら、FCT(ファクトム)を使用し自体を改ざんできない記録と照明とするため第三者機関が不要になりコストやリスクを削減できる。

医療の記録管理サービス DLOC(ディーロック)

DLOC(ディーロック)とは、SMARTRACという会社と共同開発を進めている、オンラインとオフラインをつなぐといった目的のプロジェクトでブロックチェーンを活用した画期的なドキュメント認証ソリューションである。

個人の情報など紙ベースの記録媒体(オフラインのデータ)を、バーコードやQRコードなどで読み込めるDlocステッカー(オンラインデータ)に取り込みます。

Dlocステッカーはブロックチェーン上に記録され、どこでも全ての記録を利用ができる。

情報の集約管理が安全に運用できる。改ざんや不正は不可能となる。

数字を表す印刷されたバーコードを使用して、ほとんどすべてのドキュメントに適用できる。また、ドキュメント自体にパーソナライズされたデータをリンクします。dLoc ステッカーがドキュメントに適用されます。そのステッカーにはSmartrac Bullseye NFCインレイが含まれており、その中に1kBと64kBのストレージ容量を持つさまざまなチッププラットフォームから選択されたセキュリティチップが統合されています。さらに、dLocステッカーは、ギロック、UVプリント、マイクロテキスト、または通常はセキュリティの高い文書に見られる潜在的な画像のようなすべてのセキュリティ機能をサポートしています

ハードウェアウォレット レッジャー(Ledger)

仮想通貨ファクトム(FCT/Factom)を保管する専用のウォレットは、EnterpriseWalletという公式の提供するものしかなかったため使いづらかった。

レッジャー ナノ エス(Ledger Nano S)は人気のあるハードウォレットであり、仮想通貨ファクトム(FCT/Factom)にとってかなりのメリットであるといえる。

Enterprise Wallet – Factom Protocol Docs

【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン (hardwarewallet-japan.com)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

Factom,Inc.(ファクトム開発企業)の清算・解散

Factom Foundation = ICO実施した財団

Factom,Inc. = 開発や企業連携などをリード ※現在は清算しました。

Factom Protocol = 2018年に分散化したプロジェクト

Factom Protocolで稼働する企業向けソフトウェアを開発する会社で、ファクトム関連の開発や企業連携などをリードしている企業である。

イーサリアム上で発行 WFCTトークン

ファクトムプロトコル(Factom Protocol)は、絶対検証可能なFCTのトークンである WFCT を、イーサリアムブロックチェーン上で発行した製品として起動し以下のことが可能となる。

FcTとDeFi製品の範囲にアクセスし、農業プラットフォームを収量

DEX上のトークンの数千にFCTを交換

リアルタイムエクスプローラ

2020年のロードマップとしてファクトムプロトコル(Factom Protocol)は、トランザクションを高速化するためのアップデートを完了しています。

内容で挙げられているものに「コードの最適化」「シャーディング技術」「その他技術の進歩」があがっており、トランザクション/1,000TPSを越している模様です。

非営利団体コミュニティの強化

複数のドメインを所持し、コミュニティWebサイトを運営するための非営利団体を作成とあります。

※進捗に関しては不特定です。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年7月16日)

価格予想(調整中)

Twitter

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

最新ニュースまとめ

〇2021年7月7日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月5日

悲観ネタ(スイスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日

悲観ネタ(メキシコなど)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBRC言及

〇2021年6月11日、12日

相場悲観(オランダ、タイ規制など)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

〇2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

〇2021年5月19日~24日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ、インド規制など)

〇2021年5月1日~10日

相場歪み(犬、SNL、イーロン氏、少額銘柄など)

〇2021年4月23日26日

相場悲観(バイデン税金など)

〇2021年4月18日~20日

相場歪み(ビットコイン、ドージコインなど)

〇2021年3月26日

相場悲観

〇2021年

ガバナンス開催

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

★掲載銘柄記事一覧★

ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT)

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

タイトルとURLをコピーしました