ca-pub-4928035051974652 仮想通貨アイオーエストークン(IOST)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨アイオーエストークン(IOST)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

アイオーエストークン(IOST)

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

仮想通貨アイオーエストークン(IOST)とは?

2018年1月、IOS Foundation Ltd.によって公開。

※提唱者はTerrence Wang氏、Jimmy Zhong氏、Ray Xiao氏

発行上限枚数は22,073,476,485 IOST。

IOSTはDApps(分散型アプリケーション)開発用のプラットフォームを利用して、DApps(分散型アプリケーション)の開発に用いられるものです。

オープンソースである「JavaScript」を用いて容易に開発が行える。

※トークン名称はIOST(Internet of service token)通貨名称はIOSTです。

現在、最も良く使われているDApps(分散型アプリケーション)開発用のプラットフォームはイーサリアムですが、イーサリアムにはスケーラビリティ(処理速度)問題によるトランザクション(取引)遅延という問題があります。

IOSTはこのスケーラビリティ(処理速度)問題の解決を目指しているプラットフォームです。

次世代型コンセンサスアルゴリズムと呼ばれる、プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB/Proof of Believability)を採用し、スケーラビリティ(処理速度)非集権性を両立したプラットフォームです。

アイオーエストークン(IOST)は、ERC20トークンでもあり、イーサリアムをベースに発行されるトークン規格であり、ERC20トークン同士の交換が分散型取引所などを利用することにより容易になるため、流動性という意味では重要なポイントと言えよう。

IOSTプラットフォームでDApps(分散型アプリケーション)を開発する場合の言語はJabaScriptであり、開発が容易であることが強みである。

アイオーエストークン(IOST)のウォレットはPCで利用するChrome用ウォレットのiWalletと、スマホで利用するPureWallet(ピュアウォレット)があります。

ティッカーシンボル(通貨名称)「IOST」

発行上限枚数 22,073,476,485(IOST)

承認方式 プルーフ・オブ・ビリバビリティー(PoB)

中央管理機関 なし

公式ページ https://iost.io/

ホワイトペーパー https://iost.io/624/

Twitterhttps://twitter.com/iostoken

仮想通貨アイオーエストークン(IOST)の特徴

DApps(分散型アプリケーション)の開発言語はJabaScriptである

前項でも軽くふれていましたが、アイオーエストークン(IOST)プラットフォームでDApps(分散型アプリケーション)を開発する場合の言語は、JabaScriptになります。

イーサリアムのように独自の言語ではないため、開発者が多くおり、開発自体が活発になりやすいと思われます。また、他からも参入しやすい点も優位だと思われます。

効率分散型シャーディング(Efficient Distributed Sharding)

アイオーエストークン(IOST)が採用しているのが、Efficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)と呼ばれる技術で、超高速なスケーラビリティを実現する技術です。

スケーラビリティ(処理速度)問題はブロックチェーンの処理性能以上のトランザクション(取引)が集中することによって起こります。

Efficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)とは、IOSTのブロックチェーンネットワークを複数のグループに分割して同時並行でトランザクション(取引)処理を行います。

これにより、高速かつ多くのトランザクション(取引)を処理できるようになっている。

メインチェーンとは別の「サイドチェーン」でトランザクションを処理することで、サイドチェーンを分けることをシャーディングと言う。これによりメインチェーンに掛かる負担軽減をして、超高速なスケーラビリティを実現する仕組み。

※シャーディング技術はイーサリアム(Ethereum)2.0でも導入計画が進められているようです。

次世代型コンセンサスアルゴリズム「プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)」

IOST独自のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)は、ネットワークへの貢献度が高い人ほどトランザクション(取引)を処理できる可能性が上がるというもので、マイニング後はリセットされるため不正のリスクがかなり軽減できます。

これまでのPoWやPoSというものには問題点があり、プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)はそれを解決するために開発されたコンセンサスアルゴリズムです。

PoWの問題点は、計算能力の高いマシンを保有しているノードがトランザクション(取引)処理を独占しやすいこと。

PoSの問題点は、トークンをいっぱい持っている人がトランザクション(取引)処理を独占しやすいことです。

以上のことから、一部の人達による不正行為も可能となりリスクがあると言える。また、トランザクション(取引)承認がスムーズに行われない可能性もありうる。

コンセンサスアルゴリズム プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)は、不正が発生しづらく非中央集権的(民主的)であり承認スピードも速い

マイクロステート・ブロック技術の使用

マイクロステート・ブロックとはノードストレージ節約の技術で、通常ならノードになる場合は過去の全てのブロックデータを保存しなければなりませんでした。

しかし、IOSTはマクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントから最新のブロックまでを保存することでストレージ使用域を大きく節約しています。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

今後の将来性

2021年ロードマップ

Q1

  • ARM64 CPUプラットフォームのサポート
  • P2Pネットワーク接続スピードを向上のための内部モジュールのアップデート
  • ステーブルコイン関連のローンチ
  • DeFi関連の研究やステーブルコイン関連の実装
  • 既存業界へのNFTの推進
  • IP dAppsのローンチ
  • パートナーノードエコシステムのメカニズムとグローバルレイアウトの促進
  • IOSTコアコミュニティの強化拡大

Q2

  • Travis CIの廃止とGitHub Actionへの移行など
  • グローバルコンプライアンスプロセスの推進
  • ブロックチェーン領域のグローバル化推進
  • クロスチェーンテクノロジー導入
  • パートナーノードエコシステムの充実
  • 新たなグローバル医療の創出を担う
  • 既存パートナー、潜在パートナーと戦略的提携強化

医療プロジェクト「Pracs」

日本の医療プロジェクトと提携し、チェーン技術活用による改ざん不可能な医療記録プラットフォーム立ち上げを目指す。

ポルカドット生態系への取り組み

2021年には、IOSTはクロスチェーン技術によりポルカドット生態系にも取り組む予定と表明しています。

IOST はクロスチェーン ブリッジのテストネット開発が最終段階まで進んでいるようです。

ブロックチェーンネットワーク「パレット」に参加

IOSTは 株式会社ハッシュパレット(HashPalette)のブロックチェーンネットワーク「パレット」に最初に参加したプロジェクトになりました。

ブロックチェーンネットワーク「パレット」とは、エンターテイメント分野(アニメ・スポーツ・音楽など)に特化したサービスネットワークを運営、公開しグローバルな配信をし、現状のエンターテイメントをブロックチェーンで新しくしていくこと目的にしています。

国内では仮想通貨販売所「コインチェック」がIEOに参加します。

※コインチェックに「PLT」が上場し、そこで資金調達をするような形になると思われます。

「パレット」では現状、イーサリアム、ネオ、オントロジーのブロックチェーンをクロスチェーンしエンターテイメントNFTトークンの流通を図る予定で、その手数料や報酬などに「PLT」が使用されるようです。

Apronとパートナー提携

マルチチェーンアーキテクチャを確立するための戦略的提携と発表されました。

このパートナーシップを通じて、Apronは、ノードサービス、オンチェーンデータインデックスサービス、価格フィードサービス、分散型インフラストラクチャを提供し、次世代の分散システムを構築するという目的に向けIOSTを支援していくようです。

アイオーエストークン(IOST)は急速な成長をしている

アイオーエストークン(IOST)は19年度にDeFi分野への参入をしている。

DeFiではシャーディング技術(スケーラビリティ問題を克服したブロックチェーン処理技術)なども活用されているようです。

2020年7月にはDeFi関連のファイナンスサービスを提供するProDeFi(Centaur)と業務提携したり、マイニングプールや、ノードをサポートする企業も増えており、急速な発展を見せるパブリックチェーンであると言える。

アイオーエストークン(IOST)の定めるスマートコントラクトと、高速なブロックチェーン処理によって大量のデータを保存管理できるためデータ情報等を取り扱う分野でますますの進展が期待できる。

共同開発された事例では、アイオーエストークン(IOST)のブロックチェーン技術を活用したデジタル投票などがある。

ポルカドットのクロスチェーンに統合

ポルカドットのクロスチェーンにIOSTが統合、テストが完了したことが表明されました。

これによりIOSTは他プラットフォームの技術活用、流動性も大きく向上し、ガス料やコスト面でパフォーマンスと市場を拡大した。

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

チャートと価格予想

チャート(2021年8月4日時点)

価格予想(調整中)

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

●2021年7月28日

リバイバルNFTマーケットプレイス好調

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

2021年7月20日

NFTマーケットプレイス「リバイバル」リリースを発表

〇2021年7月17日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月6日

2021H1レポート公表

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月5日

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日

悲観ネタ(イスラエル、イギリスなど)

◎2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー、取引所)

◎2021年6月18日

仮想通貨取引所ビットパンダ(bitpanda)上場

〇2021年6月18日、19日~

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)上場

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月12日

相場悲観(タイ規制など)

◎2021年6月11日

相場悲観(オランダ規制など)

◎2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

〇2021年6月4日

Emogi NetworkがIOSTブロックチェーンをベースにしたNFTマーケットプレイス「Revival」のリリースを発表

※メディア記事(BTCマネージャー)に掲載される

〇2021年6月3日

仮想通貨取引所トコクリプト(TokoCrypto)上場

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所ビットパンダ(bitpanda)への上場を公表

〇2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ数個)

〇2021年5月25日

ムーンステークがステーキングサービスを発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月14日

HECOベースのDEXである、HEXがコミュニティに向けエアドロップを行うことを発表

〇2021年5月7日

ムーンステークと提携、メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

ムーンステークウォレットへのリストのための提携である

〇2021年5月6日
リンクフロー提携

〇2021年4月30日

Lootdex.comのアセット発行プラットフォームを公表

〇2021年4月27日

ワジールX上場

〇2021年4月21日

レイズネットワークと提携

IOSTエコシステムに出入りするトランザクションやデータにプライバシーを保護する機能を提供すること

〇2021年4月19日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)上場

〇2021年4月9日

citadelモバイル打ち上げ記念

IOST抽選プレゼント発表

〇2021年4月1日

2021年4月13日に開催される”JavaScriptでブロックチェーンのプログラミングを書く!オンライン・ハンズオン”への参加を発

〇2021年3月31日

IOST メインネット オリンパス v3.5.1 公開

※価格維持

〇2021年3月30日

「NFTと知的財産権について」の討議

〇2021年3月30日

Q2の取り組み公表

伴いSNSマーケ強化を示す

〇NFTバッチ抽選GET発表

○日本の医療プロジェクト「プラク」がIOST統合のフェーズ1を完了

〇2021年3月1日

仮想通貨取引所ゲート(Gate.io)上場

○仮想通貨取引所ラトークン(LAtoken)上場

2021年2月18日、アイオーエストークン(IOST)は「仮想通貨取引所ラトークン(LAtoken)」への上場を発表した。

〇2021年1月29日

ロードマップ2021前半公開

アイオーエストークン(IOST)とINFUNがパートナーシップ契約を結ぶ

IOST FoundationはINFUNと戦略的パートナーシップ契約を結びました。INFUNは、IOSTの既存のコミュニティとそのエコシステム全体を維持し、成長させる手助けをします。

アイオーエストークン(IOST)チームは、INFUNの「ゲームエコシステム」で新しいアライアンス(ゲーム業界など)への市場拡大、ユーザー獲得と保持を促進目的にしている。

○HyperBCFarmでIOST流動性採掘プールを正式に開始

2021年1月6日に、 IOST流動性マイニング プールを正式に開始しました。

〇2021年1月13日

アイオーエストークン(IOST)は米ドルペッグのステーブルコインであるHUSDをサポートする計画を発表

 ブロックチェーン技術が金融市場に浸透していくにあたり、ステーブルコインのサポートは大変重要なものであると評価されています。

○トークンリンク(TokenLink)とクロスリンク(CrossLink)

IOSTアカウントを登録しウォレットとリンクさせることによってゲーム内の土地や装備などが電子資産として売買可能となる。

JIOSTAで国内GPSゲーム「クロスリンク(CrossLink)」でIOSTウォレットが利用可能になり、IOSTトークンでアイテムなどが売買できたりするようです。

クロスリンク(CrossLink)は報酬としてビットコイン(BTC)を獲得できるスマホゲームで比較的人気なゲームといって良いでしょう。

○2020年6月8日

IOSTは日本に拠点を置くメディカルヘルステックベンチャー「Pracs」とのパートナーシップ提携

ブロックチェーン対応の安全で透明で改ざん防止型の医療記録プラットフォームを開発を目的としている。

きっちょがオススメする仮想通貨取扱所

オススメ度 ★★★★★

銘柄豊富!筆者オススメの取引所!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★★★★

世界最大の仮想通貨取引所

  • 取扱銘柄がかなり豊富!
  • 利用者がずば抜けて多い!
  • 最大規模の取引所なので安心!
  • そもそも登録していないと不利!
  • 日本語も当然対応!

QRコードはコチラ

オススメ度 ★★★

リップル(XRP)系 仮想通貨取引所

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(XDCやBTR)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(GT、QI)など
  • 日本語も当然対応!

QRコードからはコチラ

オススメ度 ★★

取引所トークンや上場前銘柄なら!

  • 主要取引所へ上場していない銘柄がある(CET)など
  • 日本語も当然対応!

【きっちょは凡人億り人】プロフィール

きっちょ

#1986年生まれ #シンパパ #セミリタイヤ #凡人投資家 #億り人 #副業 #チャレンジャー

#仮想通貨 #暗号資産 #株式投資 #配当金 #キャピタルゲイン #インカムゲイン

#ブログ #ポイ活 #YouTube #アドセンス

当ブログをご覧いただき有難う御座います。

ご参考頂けるよう、常にリライトしていますので是非またお越しくださいませ!

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

●Instagram

https://www.instagram.com/kitsuchiyo52/

コメント

タイトルとURLをコピーしました