ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

ヘデラハッシュグラフ(HBAR)

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

仮想通貨Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)とは?

ヘデラハッシュグラフは、誰でも簡単に分散型アプリケーションの構築を可能とする、スマートコントラクトDeFiプラットフォームで次世代のブロックチェーンソリューションである。

このプラットフォームは、エイブリー・デニソン、ボーイング、デントン、ドイツテレコム、DLAパイパー、EDF(エレクトリシテ・ド・フランス)、エftpos、FIS(WorldPay)、グーグル、IBM、LGエレクトロニクス、マガル、野村、スタンダードバンクグループ、スワールド、タタコミュニケーションズ、ユニバーシティロンドン(UCL)、ザプロ、ウィプロ、ウィプロ、グループを含む世界有数の組織の評議会によって所有され、支配されています。

ヘデラはブロックチェーンやその他のプロジェクトに短時間のトランザクション、低コスト、資産のトークン化、記録検証などを提供します。

ヘデラトークンはプラットフォーム内で2つの役割を持ち、ユーティリティトークンとして電力供給を行うことと投票などによるネットワーク保護で流通しています。

ティッカーシンボル(通貨名称)「HBAR」

承認方式 

総供給枚数 50,000,000,000(HBAR)

公式ページ こんにちは、未来の|ヘデラ・ハッシュグラフ (hedera.com)

Twitter Hedera Hashgraph (@hedera) / Twitter

ホワイトペーパー 

仮想通貨Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)の特徴

トークンユースケース

ヘデラトークンサービス

ヘデラはスマートコントラクトのような潜在的欠陥のある仕組みとせず、スマートコントラクトなくトークン発行やプロジェクトの立ち上げを可能としています。

このサービスを「ヘデラトークンサービス」と呼び、開発者は容易に安価で高速で潜在的欠陥なく持続可能な検証を利用できます。

もちろんヘデラのパフォーマンスの恩恵も受ける形となり、注目されています。

非常に高いパフォーマンス

1秒当たりのトランザクションもイーサリアムなどと比較しても1,000倍近く、コスト面でも100,000分の1程度だ。

これによりエネルギーの消費量もかなり抑制することが可能である。

今後の将来性

市場規模の拡大

暗号資産市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

最新のロードマップ

ロードマップ2021

Q2
  • HBARウォレットの統合
  • メインネットでトークンの生成
  • 相互運用性の統合
  • 相互運用性のデモ
  • デジタル資産プラットフォーム統合
  • スケジュールトランザクション処理
  • ネットワークコンセンサスアルゴリズム

取引所・交換所・ウォレットに上場する

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

ヘデラトークンサービス統合

ヘデラトークンサービスを統合することで、該当プロジェクトは短時間のトランザクションならびに低コストでデプロイが可能で、統合自体もオープンなプログラミング言語によるもので容易となっていることから戦略的統合の増加が見込める。

評議会や理事会への新たな参加

既に有力なメンバーが評議会に揃っているが、今後各分野からの評議会参加が容易に考えられる。

これによりユースケースや拡張性、品質など総合的な向上が見込めるし期待される部分でもあるでしょう。

チャートと価格予想

チャート(2021年7月14日)

価格予想(調整中)

参考情報 (2022年月日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(人)

24h取引ボリューム(約$)

マイルストーン

▼2021年7月1日時点

▼2021年6月27日時点

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月29日

センターコンソーシアムがUSDCを利用可能とする銘柄として挙げる

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月15日

デジタルヘルスパートナー「Acoer」がヘデラチェーン上に新たな機能構築を発表

※計算の信頼性構築のアルゴリズム(原産地証明)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterにてBTC言及

スポーツアイコン(SportsIcon)と提携

◎2021年6月12日

相場悲観(タイ規制など)

◎2021年6月11日

相場悲観(オランダ規制など)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTCなど)

◎2021年6月4日

メインネットv0.14.0へのアップデートが公表されました。

※ Chainlink Labsノードが追加される(21番目のノード)

〇2021年6月1日

プルーヴン(Proven)DBがアンカープロトコルをイーサリアムからヘデラハッシュグラフに変えたストーリーが公式に掲載

※プルーヴンはブロックチェーン技術を活用した データベースソリューション

〇2021年5月26日

アニモカブランドと提携を発表

ヘデラチェーン上でブロックチェーンゲームを構築予定とのこと

※プロスポーツチームと提携

メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月24日

医療バリューチェーンのMVCと戦略的提携を発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

医薬品デリバリーシステムでヘデラのブロックチェーンが搭載される

〇2021年5月20日

チェーンリンクがヘデラ協議会に参加

Chopra財団がヘデラ搭載の無料アプリケーションゲームを発表

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月13日

相場悲観(テスラ決済)

〇2021年5月10日

相場悲観(少額銘柄)

〇2021年5月7日~

相場悲観(犬、SNL、イーロン)

〇2021年5月1日~

相場悲観(犬、SNL、イーロン)

〇2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金)

〇2021年4月21日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年4月18日~20日

相場悲観(ビットコイン、ドージコインなど)

〇2021年4月14日

韓国の大手銀行である信漢銀行がヘデラ理事会に参加

2021年4月13日

韓国の大手銀行である信漢銀行がヘデラ理事会に参加

〇2021年3月30日~4月1日

GBAブロックチェーンウィーク(基調講演会)開催

〇2021年3月26日

相場悲観

〇2021年3月13日

スタンダードバンクとeftposがノードに追加された

〇2021年3月4日

ヘデラ統治評議会にエレクトリシテ・ド・フランスS.A.(EDF)が参加

メディア記事(コインテレグラフ)にも掲載される

※エレクトリシテ・ド・フランスS.A.(EDF)は気候変動対策の世界的リーダーで2050年のカーボンニュートラルに向けたトップ企業である。

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょは凡人億り人
当チャンネルにお越し頂き有難うございます。 ここではわたし「きっちょ」が注目している仮想通貨銘柄の紹介や価格推移予測をしています。 ※投資は自己責任ですので、あくまでも参考でお願い致します。 仮想通貨にかなり時間を投じてはいますが、ご視聴者様の方がご存知の情報も当然ありますのでご容赦下さい。

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました