ca-pub-4928035051974652 仮想通貨(暗号資産)悲観ネタ・チャートと価格推移・最新ニュースまとめ | きっちょ。ふぁんだくりぷたー

仮想通貨(暗号資産)悲観ネタ・最新ニュースまとめ

悲観ネタ

ここでは仮想通貨(暗号資産)売買における悲観ネタ時系列的に記録していきます。

著名投資家、インフルエンサー、有力者などのTwitterや講演などのイベントによる発言から、仮想通貨(暗号資産)やDeFi、NFTがらみの規制ネタなどをまとめます。

投資家などの発言に関しては、より価格推移に影響しそうなものだけ部分的抜粋とします。

※これに関わるメディア記事掲載も一部割愛します。

※インド、トルコ、タイ、中国、日本、米国、オランダ、イタリア、ロンドン、イギリス、スイス、イラン、イスラエル、ノルウェーなど

〇2021年8月2日

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年8月1日※4

韓国が実名アカウントを解説できない中小の仮想通貨(暗号資産)取引所が規制当局(FSC)の許可を得る事が出来ないとして閉鎖される可能性が公表される

※メディア記事(コリアヘラルド)に掲載される

2021年7月31日※3

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年7月30日※2

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年7月30日(20:00ごろ)※3

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)とその傘下であるインドの仮想通貨取引所ワジールX(WazirX)がマネーロンダリングなどの目的で使用されていることや、ルール違反などに関しての規制や調査などについて掲載される。

※メディア記事(ブルームバーグ)に掲載される

〇2021年7月30日※2

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が公式Twitterで、ヨーロッパ全域の先物、デリバティブ取引の停止予定をツイートした。

〇2021年7月26日※4

韓国が暗号資産課税強化を公表

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年7月17日※1

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年7月17日(0:00ごろ)※1

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が多くの規制当局からの「株式トークン」への警告を受けているなか、サービスの中止を発表したとされる。

※メディア記事(THE BLOCK)に掲載される

〇2021年7月13日

ロンドンのグローバル決済ソリューションプロパイダー「クリアジャンクション(ClearJunction)」が仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の取引停止を発表

※メディア記事(コインテレグラフ、コインポストなど)に掲載される

〇2021年7月12日

ロンドンのグローバル決済ソリューションプロパイダー「クリアジャンクション(ClearJunction)」が仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の取引停止を発表

〇2021年7月8日、9日

〇2021年7月8日(9:30ごろ)

イギリス大手銀行サンタンデールがFCAに続き、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)への送金を一時的に禁止と発表

※メディア記事(コインテレグラフ、コインポストなど)にも掲載される

〇2021年7月8日(9:30ごろ)

イギリス大手銀行サンタンデールがFCAに続き、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)への送金を一時的に禁止と発表

〇2021年7月6日(10:00ごろ)

〇2021年7月5日(13:00ごろ)

スイスに拠点を置くグローバル金融企業であるUBSが、暗号資産における規制などが投資家や事業家を傷つけるとしてプロの投資家向けではないことを言及

※メディア記事(マーケットインサイダー)に掲載される

※メディア記事(コインポスト、コインテレグラフなど)に掲載される

〇2021年7月6日

〇2021年7月5日(20:00ごろ)

イギリスの金融企業バークレーズが乾燥通貨取引所バイナンス(Binance)への送金禁止をツイート

※2021年6月末のFCA(イギリス金融当局)の仮想通貨事業申請放棄・撤回が背景にあるとされる。

※メディア記事(コインポスト、コインテレグラフなど)に掲載される

〇2021年7月5日(20:00ごろ)

イギリスの金融企業バークレーズが乾燥通貨取引所バイナンス(Binance)への送金禁止をツイート

〇2021年7月5日(13:00ごろ)

スイスに拠点を置くグローバル金融企業であるUBSが、暗号資産における規制などが投資家や事業家を傷つけるとしてプロの投資家向けではないことを言及

※メディア記事(マーケットインサイダー)に掲載される

〇2021年7月5日(12:00ごろ)

〇2021年6月24日

カザフスタン共和国法やその他の改正事項に著名したことを公式ページにて公表。

仮想通貨マイニングに関わる課税(消費電力に応じた)関わるところである。

2022年1月より施行されることも。

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年7月1日(15:00ごろ)

日本政府がエルサルバドルのビットコイン法に対し、外国通貨とは認めない旨と外国通貨と認めなくて良い理由について公表。

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月30日

FCA(イギリス金融当局)への仮想通貨事業登録の申請を放棄、撤回する企業(世界一の仮想通貨取引所であるバイナンス-Binance含む)が増加していることについて

※メディア記事(ロイター)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月29日(10:00ごろ)

FCA(イギリス金融当局)への仮想通貨事業登録の申請を放棄、撤回する企業(世界一の仮想通貨取引所であるバイナンス-Binance含む)が増加していることについて

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年6月29日(10:00ごろ)

〇2021年6月29日(6:00ごろ)

メキシコ金融当局の声明で、仮想通貨は現在の法律上通貨としての使用は出来ない。

仮想通貨の金融システム介入禁止は近い将来変わらないことを述べた。

また、関わる金融業は制裁の対象となる可能性を警告した。

※メディア記事(ロイター)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月29日(6:00ごろ)

メキシコ金融当局の声明で、仮想通貨は現在の法律上通貨としての使用は出来ない。

仮想通貨の金融システム介入禁止は近い将来変わらないことを述べた。

また、関わる金融業は制裁の対象となる可能性を警告した。

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年6月24

カザフスタン共和国法やその他の改正事項に著名したことを公式ページにて公表。

仮想通貨マイニングに関わる課税(消費電力に応じた)関わるところである。

〇2021年6月23日(6:30ごろ)

〇2021年6月22日(2:00ごろ)

イランで期間的にマイニング禁止が行われていることが報道される。

5月下旬からの話のようで、夏場の電力ピークに備えるものだとされ7,000台近くが押収され、かつ4カ月近く運用が禁止されるようである。

※メディア記事(ロイター)に掲載される


※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月22日(2:00ごろ)

イランで期間的にマイニング禁止が行われていることが報道される。

5月下旬からの話のようで、夏場の電力ピークに備えるものだとされ7,000台近くが押収され、かつ4カ月近く運用が禁止されるようである。

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年6月21日(16:30ごろ)

〇2021年6月21日(14:30ごろ)

中国の農業銀行が仮想通貨取引における銀行サービス禁止を公開

※メディア記事(チェーンニュース)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月21日(14:30ごろ)

中国の農業銀行が仮想通貨取引における銀行サービス禁止を公開

※メディア記事(チェーンニュース)に掲載される

〇2021年6月21日(10:00ごろ)

〇2021年6月19日(20:00)

英国銀行のゲートウェイである「TSB」などが仮想通貨取引所バイナンス、クラーケンなどへの送金禁止予定を公開

※メディア記事(タイムズ)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月19日(12:00ごろ)

〇2021年6月19日

英国議会の暗号資産に関わる質疑応答で暗号資産規制の強化による調整を公開

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年6月19日(20:00)

英国銀行のゲートウェイである「TSB」などが仮想通貨取引所バイナンス、クラーケンなどへの送金禁止予定を公開

※メディア記事(タイムズ)に掲載される

〇2021年6月19日

英国議会の暗号資産に関わる質疑応答で暗号資産規制の強化による調整を公開

〇2021年6月19日(9:00ごろ)

〇2021年6月18日~19日

中国にある26箇所のビットコイン採掘場を対象に電力供給削減を実施、2ギガワット規模の閉鎖が完了したとされる

※メディア記事(ブロック)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年6月18日~19日

中国にある26箇所のビットコイン採掘場を対象に電力供給削減を実施、2ギガワット規模の閉鎖が完了したとされる

※メディア記事(ブロック)に掲載される

◎2021年6月17日(12:00ごろ)

◎2021年6月17日(10:00ごろ)

エルサルバドルのビットコインの法定通貨実施に対する支援を世界銀行が拒否した。

エルサルバドルは日本銀行にも技術的協力を求めている様である。

※メディア記事(ロイター)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

◎2021年6月17日(10:00ごろ)

エルサルバドルのビットコインの法定通貨実施に対する支援を世界銀行が拒否した。

エルサルバドルは日本銀行にも技術的協力を求めている様である。

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年6月15日

〇2021年6月15日

イタリアの規制当局より、仮想通貨規制の緊急性について言及される。

禁止することは難しいという見解ではある様子

※メディア記事(ロイター)に掲載される

※メディア記事(コインポストなど)に掲載される

〇2021年6月15日

イタリアの規制当局より、仮想通貨規制の緊急性について言及される。

禁止することは難しいという見解ではある様子

※メディア記事(ロイター)に掲載される

◎2021年6月13日

◎2021年6月12日(14:00)

タイ証券取引委員会(SEC)がミームコインやNFT、取引所系トークンやファントークンなどの取引禁止を発表、決まりを遵守しないと上場廃止の可能性の述べる。

※メディア記事(BangkokPost)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

◎2021年6月12日(14:00)

タイ証券取引委員会(SEC)がミームコインやNFT、取引所系トークンやファントークンなどの取引禁止を発表、決まりを遵守しないと上場廃止の可能性の述べる。

※メディア記事(BangkokPost)に掲載される

◎2021年6月12日(8:00)

◎2021年6月11日

オランダ経済政策分析局(CPB)のディレクターがビットコイン(BTC)の取引やマイニング禁止を主張。

現在の通貨で十分回っていることと、仮想通貨のリスクについても示す。

※メディア記事(コインポストなど)に掲載される

◎2021年6月11日

オランダ経済政策分析局(CPB)のディレクターがビットコイン(BTC)の取引やマイニング禁止を主張。

現在の通貨で十分回っていることと、仮想通貨のリスクについても示す。

〇2021年6月9日(8:43)

〇2021年6月8日

米国政府委員会(CFTC)の基調講演で分散型金融(DeFi)市場について、顧客保護に劣りライセンス取得した既存の市場に勝る理由がないことや成長性が見込めないことが述べられる。

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月8日(20:00すぎ)

米国政府委員会(CFTC)の基調講演で分散型金融(DeFi)市場について、顧客保護に劣りライセンス取得した既存の市場に勝る理由がないことや成長性が見込めないことが述べられる。

〇2021年6月7日(11:30)

〇2021年6月7日(10:30)

トランプ氏:ビットコインは詐欺のよう、ドルを世界通貨にしたい

※メディア記事(コインテレグラフなど)に掲載される

〇2021年6月7日(10:30)

トランプ氏:ビットコインは詐欺のよう、ドルを世界通貨にしたい

〇2021年6月5日

〇2021年6月4日

インド中銀総裁が5月末の禁止令撤回を通知したものの、仮想通貨(暗号資産)について大きな懸念を抱いていることを記者会見にて述べた

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月5日(14:30

〇2021年6月4日

韓国が2022年1月から海外暗号資産口座に対して税務当局への報告義務の対象とすることを発表。

過少報告、未報告などには罰金は刑罰もあるとのこと。

※メディア記事(Forkast)に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月4日

韓国が2022年1月から海外暗号資産口座に対して税務当局への報告義務の対象とすることを発表。

過少報告、未報告などには罰金は刑罰もあるとのこと。

※メディア記事(Forkast)に掲載される

〇2021年6月4日

インド中銀総裁が5月末の禁止令撤回を通知したものの、仮想通貨(暗号資産)について大きな懸念を抱いていることを記者会見にて述べた。

〇2021年6月4日(12:00)

〇2021年6月4日(10:00)

イーロンマスク氏の悲観ツイート拡散

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月4日(10:00)

イーロンマスク氏の悲観ツイート拡散

〇2021年6月3日

〇2021年5月31日

トルコの仮想通貨(暗号資産)規制について

全面禁止はしないものの、一定取引量の売買に関しては報告の義務を予定しているようで仮想通貨(暗号資産)での決済は全面禁止とされている。

また、中央銀行の報告書では仮想通貨(暗号資産)への9つのリスクが記載され、ユースケースも極めて少ないとされています。

管理者不在のリスク

投機的リスク

金融犯罪など関与のリスク

盗難のリスク(目に見えないところでの)

ハッカーなどによるサイバー攻撃のリスク

取消・修正不可能な性質による二次災害のリスク

法的保護が無いリスク

支払い手段として未成熟なリスク

採掘などにおける地球温暖化のリスク

※メディア記事(ブルームバーグ(Bloomberg))に掲載される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月3日

〇2021年6月1日 21:00ごろ

ホワイトハウスより、ランサムウェア攻撃の身代金にビットコインが使われる事例が多発。

これに対し、仮想通貨(暗号資産)の調査や規制強化を発表。

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月2日 11:00ごろ

〇2021年5月30日

タイSECがDeFiでのトークン発行にライセンス取得の義務付けを検討していることについて発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月2日 11:00ごろ

〇2021年6月1日

ゴールドマン・サックスのコモディティ調査のグローバル責任者であるジェフ・カリー氏により暗号資産はリスクオンで銅に類似すること、金と共存可能であること、デジタルゴールドと名乗るには時期尚早だという事が言及された。

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年6月1日 21:00ごろ

ホワイトハウスより、ランサムウェア攻撃の身代金にビットコインが使われる事例が多発。

これに対し、仮想通貨(暗号資産)の調査や規制強化を発表。

〇2021年6月1日 21:00ごろ

JPモルガンの著名アナリストであるニコラオス・パニギルツォグラウ氏が仮想通貨価格推移について短期的に下落し続ける可能性の高さを言及

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年6月1日

ゴールドマン・サックスのコモディティ調査のグローバル責任者であるジェフ・カリー氏により暗号資産はリスクオンで銅に類似すること、金と共存可能であること、デジタルゴールドと名乗るには時期尚早だという事が言及された。

〇2021年6月1日 10:00すぎ

金融アナリストであり暗号資産トレーダーであるピーター・ブラント氏のTwitterで更なる暴落を推測

。※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年5月31日

トルコの仮想通貨(暗号資産)規制について

全面禁止はしないものの、一定取引量の売買に関しては報告の義務を予定しているようで仮想通貨(暗号資産)での決済は全面禁止とされている。

また、中央銀行の報告書では仮想通貨(暗号資産)への9つのリスクが記載され、ユースケースも極めて少ないとされています。

  1. 管理者不在のリスク
  2. 投機的リスク
  3. 金融犯罪など関与のリスク
  4. 盗難のリスク(目に見えないところでの)
  5. ハッカーなどによるサイバー攻撃のリスク
  6. 取消・修正不可能な性質による二次災害のリスク
  7. 法的保護が無いリスク
  8. 支払い手段として未成熟なリスク
  9. 採掘などにおける地球温暖化のリスク

※メディア記事(ブルームバーグ(Bloomberg))に掲載される

〇2021年5月30日

タイSECがDeFiでのトークン発行にライセンス取得の義務付けを検討していることについて発表

〇2021年5月28日

トルコの仮想通貨規制に関して

※メディア記事(ForKast)に掲載される

〇2021年5月19日 9:00

ビットコイン清算連鎖と思われる大規模下落

〇2021年5月15日

〇2021年5月13日 18:40

インドの仮想通貨(暗号資産)規制・禁止・抑制が水面下で進んでいることが発表される

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月13日

イーロンマスク氏によるテスラの決済銘柄についての言及

※ビットコインを手放してはいないとされる

〇2021年5月13日 18:40

インドの仮想通貨(暗号資産)規制・禁止・抑制が水面下で進んでいることが発表される

※メディア記事(ロイター)に掲載される

〇2021年5月10日

相場歪み(少額銘柄がらみ)

〇2021年5月1日~

相場歪み(犬銘柄、SNL、イーロン氏の発言がらみ)

〇2021年4月23日~

バイデン氏の仮想通貨課税について

〇2021年4月18日~

相場悲観

〇2021年3月26日

相場悲観

コメント

タイトルとURLをコピーしました