ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Basic_Attention_Token-BAT

仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)で今後予定されるネタや将来性について!

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)とは?

2017年5月にBrave社がイーサリアムベースで新規発行をした暗号資産です。

創業者はMozillaの前CEOで、JavaScriptの生みの親でもあるBrendan Eich氏。

ICO(新規仮想通貨公開)の際、スタートからわずか30秒で数十億を集めたプロジェクトとして大きな注目を浴びる。

総発行量は15億BATで全て発行済みで、主にインターネットブラウザ 「Brave」で使用・流通される仮想通貨です。

イーサリアムブロックチェーン上の規格(ERC20)トークンであるため、DeFi(分散型金融)内でインターネットブラウザ「Brave」を介して快適なネット環境の提供とユーザーやクリエイター、広告主の共存を目指します。

ティッカーシンボル <BAT>

承認方式 <プルーフ・オブ・ステーク(PoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <1,500,000,000(BAT)

管理機関 <>

公式ページ basicattentiontoken

Twitter https://twitter.com/AttentionToken

ホワイトペーパー basicattentiontoken

ドキュメント <>

仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)の特徴

ブレイヴ(Brave)次世代インターネットブラウザ

ブレイヴ(Brave)ブラウザは、ブロックチェーンを利用したブラウザで、プライバシー保護を重視しています。

ブレイヴ(Brave)ブラウザは、BATを利用することで、ユーザーやサイト運営者、広告主それぞれにおける問題解決を実現しています。

広告主である企業が広告料をBATで支払い、広告を配信するサイトとユーザーが受け取るような仕組みになっています。

ユーザーは、ブレイヴ(Brave)ブラウザで広告を閲覧することでBAP(BATポイント)を獲得することができます。

DeFi(分散型金融)とブレイヴ(Brave)

BAT は ERC-20 トークンであるため、分散型取引所で動作することが出来きる。

BATが(他のトークン同様)分散型取引所で利用できるサービスは以下の通りです。

  • トークンスワップ
  • 誘導 体
  • 流動性プール
  • 融資
  • 保存

また、BATはイーサリアムの技術などの活用で、ブレイヴ(Brave)を介してBATの新しいサービスを利用することが出来る。

トークンユースケース

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Basic Attention Token/バット(BAT)の今後の将来性

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

〇2021年7月7日

ロードマップ2.0アップデート2を公開

〇2021年7月2日

マイルストーン打ち上げとロードマップ更新予定を発表

〇2021年6月22日

ブレイブサーチベータ版をリリース

※メディア記事(コインデスク、レジスターなど)に掲載される

〇2021年6月11日

ブレイヴサーチで匿名性と分散性について(プライバシーを持つフェデレーション学習を活用)

※メディア記事(コインデスク)に掲載される

〇2021年6月10日

オリジンプロトコルとコラボし限定NFT販売を発表

〇2021年5月29日

ブレイヴとunstoppablewebが統合を発表

〇2021年5月26日

ブレイヴがDNSプロパイダー統合によるDNS戦略を発表

〇2021年5月14日

仮想通貨取引所ビットゲット(Bitget)上場

ビットフライヤー(BitFlyer)ウォレットを発表

◎2021年5月13日

ブレイブブラウザのWeb3について

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年5月7日

ブレイブプレイリスト発表

〇2021年5月5日

チェスのプロである中村光氏とコラボ

彼はTwitterフォロワー32万人、YouTube登録者数8万人越えの人物であるインフルエンサーです。

〇2021年4月28日

シンガポール仮想通貨取引所フィメックス(phemex)に上場

〇2021年4月21日

コインベースプロUSDペア上場

〇2021年3月31日

ビットフライヤー提携サービス追加で、Braveブラウザの収益をBATで受け取り可能となった。

〇2021年3月19日

バイナンススマートチェーンと提携

※ブレイヴウォレットに先立ち

○2021年3月17日(水)

仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)上場

○大手スマホメーカーHTCが「Brave」をデフォルトブラウザに

HTCとは、1997年ごろより世界のモバイルデバイスにおけるエクスペリエンスを、最先端のイノベーションにより実行してきたスマホメーカーである。

○ブレイヴ(Brave)ブラウザがIPFSのサポートを統合

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました