ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨 BinaryX(BNX)とは?特徴や将来性などのまとめ【CryptoKC】

BinaryX-BNX

仮想通貨 BinaryX(BNX)とは?特徴や将来性などのまとめ【CryptoKC】

世界最大の仮想通貨取引所 バイナンス をはじめよう!

仮想通貨 BinaryX(BNX)とは?

出典:公式ページ

BinaryXは、BNBチェーン上に構築されたGameFiのベースプラットフォームを目的とし運営されています。

現在は、人気P2Eゲームである「Cyber​​Dragon」を展開しており、今後更なるゲームの創出が予定されています。

プラットフォーム上の主な流通通貨として「BNX」が流通し、ゲーム内のコンテンツ利用にい必要なゴールド、今後の採用が予定されているクリスタル、「BNXC」などマルチトークンシステムが採用され価値のサポートとして動くようです。

ティッカーシンボル <BNX>

承認方式 <プルーフ・オブ・ステーク(PoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <約600万枚>

管理機関 <>

公式ページ <https://www.binaryx.pro/#/>

Twitter https://twitter.com/binary_x

ホワイトペーパー <https://www.binaryx.pro/#/whitepaper>

ドキュメント <>

仮想通貨 BinaryX(BNX)の特徴

プルーフ・オブ・ステーク(PoS/Proof of Stake)

プルーフ・オブ・ステーク(POS)とは取引承認のメカニズムの主要な1つで、ステーキング(掛ける)することによりネットワーク参加者となることができ、ステーキング(掛ける)枚数が多い参加者の中から取引承認者が選定される仕組みです。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要で処理が膨大とならないため、負担なくスムーズに承認処理が可能となり個人のパソコンなどからでも参加が容易となっている。

ステーキング(掛ける)によるマイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、ステーキング期間と枚数が多いほどマイニング報酬が多くなります。

デメリットは保有枚数が多い者に偏ってしまうことで起こりうる不正などの可能性があることです。

マルチトークンシステム

BinaryXには、ガバナンストークンであり主要に流通する「BNX」、ゲーム内のコンテンツ利用で主に流通するインフラトークンである「ゴールド」、今後予定される「クリスタル」、ゲーム内コンテンツで使用される「BNXC」など4アセットで価値サポートがなされていきます。

トークンユースケース

  • ガバナンスへのアクセス権
  • プラットフォーム上の支払いや手数料など
  • NFTアセットとの交換や売買

世界最大の仮想通貨取引所 バイナンス をはじめよう!

仮想通貨 BinaryX(BNX)の将来性

GameFiのベースプラットフォーム

BinaryXは、GameFiのベースプラットフォームとして運営されています。

今後、新しく開発される自社ゲームやメタバースゲームなど複数個のリリースがすでに触れられています。

プラットフォーム上のガバナンスとして主に流通する「BNX」の価値が上がる可能性が考えられます。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年1月7日

仮想通貨取引所 Digifinex 上場

●2021年11月4日

仮想通貨取引所 Binance 上場

●2021年10月28日

仮想通貨取引所 Gate.io 上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ Kiccho

仮想通貨専業トレーダー

心理、ファンダ、テクニカル、時系列、トレンドなど総合的な分析による投資手法が得意です。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

サイトマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました