ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

IOSToken-IOST

仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)とは?

2018年1月、IOS Foundation Ltd.によって公開。

※提唱者はTerrence Wang氏、Jimmy Zhong氏、Ray Xiao氏

発行上限枚数は22,073,476,485 IOST。

IOSTはDApps(分散型アプリケーション)開発用のプラットフォームを利用して、DApps(分散型アプリケーション)の開発に用いられるものです。

オープンソースである「JavaScript」を用いて容易に開発が行える。

※トークン名称はIOST(Internet of service token)通貨名称はIOSTです。

現在、最も良く使われているDApps(分散型アプリケーション)開発用のプラットフォームはイーサリアムですが、イーサリアムにはスケーラビリティ(処理速度)問題によるトランザクション(取引)遅延という問題があります。

IOSTはこのスケーラビリティ(処理速度)問題の解決を目指しているプラットフォームです。

次世代型コンセンサスアルゴリズムと呼ばれる、プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB/Proof of Believability)を採用し、スケーラビリティ(処理速度)非集権性を両立したプラットフォームです。

アイオーエストークン(IOST)は、ERC20トークンでもあり、イーサリアムをベースに発行されるトークン規格であり、ERC20トークン同士の交換が分散型取引所などを利用することにより容易になるため、流動性という意味では重要なポイントと言えよう。

IOSTプラットフォームでDApps(分散型アプリケーション)を開発する場合の言語はJabaScriptであり、開発が容易であることが強みである。

アイオーエストークン(IOST)のウォレットはPCで利用するChrome用ウォレットのiWalletと、スマホで利用するPureWallet(ピュアウォレット)があります。

ティッカーシンボル IOST

承認方式 プルーフ・オブ・ビリバビリティー(PoB)

採用技術 <効率分散型シャーディングEfficient Distributed Sharding)

スマートコントラクト <>

総発行枚数 22,073,476,485(IOST)

管理機関 <>

公式ページ iost.io

Twitter iostoken

ホワイトペーパー iost.io

ドキュメント <>

仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)の特徴

プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)

IOST独自のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)は、ネットワークへの貢献度が高い人ほどトランザクション(取引)を処理できる可能性が上がるというもので、マイニング後はリセットされるため不正のリスクがかなり軽減できます。

これまでのPoWやPoSというものには問題点があり、プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)はそれを解決するために開発されたコンセンサスアルゴリズムです。

PoWの問題点は、計算能力の高いマシンを保有しているノードがトランザクション(取引)処理を独占しやすいこと。

PoSの問題点は、トークンをいっぱい持っている人がトランザクション(取引)処理を独占しやすいことです。

以上のことから、一部の人達による不正行為も可能となりリスクがあると言える。また、トランザクション(取引)承認がスムーズに行われない可能性もありうる。

プルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)は、不正が発生しづらく非中央集権的(民主的)であり承認スピードも速い

効率分散型シャーディング(Efficient Distributed Sharding)

アイオーエストークン(IOST)が採用しているのが、Efficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)(簡単にシャーディングなどと呼ばれる)で、超高速なスケーラビリティを実現する技術です。

スケーラビリティ(処理速度)問題はブロックチェーンの処理性能以上のトランザクション(取引)が集中することによって起こります。

Vitalik Buterin’s websiteより引用

Efficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)とは、IOSTのブロックチェーンネットワークを複数のグループに分割して同時並行でトランザクション(取引)処理を行います。

これにより、高速かつ多くのトランザクション(取引)を処理できるようになっている。

メインチェーンとは別の「サイドチェーン」でトランザクションを処理することで、サイドチェーンを分けることをシャーディングと言う。これによりメインチェーンに掛かる負担軽減をして、超高速なスケーラビリティを実現する仕組み。

※シャーディング技術はイーサリアム(Ethereum)2.0でも導入計画が進められているようです。

Vitalik Buterin’s websiteより引用

これまでスケーラビリティにおける課題、問題としてスケーラビリティ・分散化・セキュリティの3点によるトリレンマが存在し、3点のうち1点はおろそかになってしまうといったような問題でした。

しかし、シャーディング技術を採用することにより3点全ての要素を取得することが可能とされています。

マイクロステート・ブロック技術の使用

マイクロステート・ブロックとはノードストレージ節約の技術で、通常ならノードになる場合は過去の全てのブロックデータを保存しなければなりませんでした。

しかし、IOSTはマクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントから最新のブロックまでを保存することでストレージ使用域を大きく節約しています。

開発のハードルが低い

Lisk(リスク)、は分散型アプリケーション(Dapps)などの構築や開発のプログラミング言語として「JavaScript(ジャバスクリプト)」を採用しています。

JavaScript(ジャバスクリプト)」はオープンで認知度の高い開発言語ですから、開発者やクリエイターなどの新規参入を容易としエコシステム拡大のポイントとなっています。

トークンユースケース

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 IOS Token/アイオーエスティー(IOST)の今後の将来性

インセンティブファンドの立ち上げ

2022年4月12日に発表されたもので、イーサリアム関連の開発者のためのファンドでありプロジェクト「Entroverse」に向けたものとされている。

ファンド構成は「ニューエコシステムファンド」と「アクセラレーターファンド」からなっているとされている。

詳細としては、IOST上に開発される分散型アプリケーションやメインネットのインフラやユーザビリティのためのツール拡張などのためとされる。

プロジェクト「Entroverse」

2022年3月末に発表されたもので、イーサリアムの分散型アプリケーションの流行りを活かしエコシステムの拡大を図るプロジェクトとされている。

そのためのファンド立ち上げなどもメディアなどに掲載されたため今後のエコシステム強化と拡大に期待が持てます。

ウェブアセンブリー(WASM/WebAssembly)のサポート

ウェブアセンブリーとは、「WEBASSEMBLYコミュニティグループ」によって策定されるオープン標準としてスケーラブルで高効率なウェブ開発コードとして様々なプラットフォームから実行が可能です。

多くのC/C++やRustなどをWASMにコンパイルすることも可能となっており、ブロックチェーンでは仮想マシン(VM)の役割としてスマートコントラクトを担います。

最新のロードマップ

2022年第1四半期

  • GitHub Action CI統合、一般的なAPIの追加など、IOSTメインネットの新機能をアップグレードと改善。
  • IOSTクロスチェーンブリッジを起動して、トップパブリックチェーンDAppと製品の相互接続とインタラクティブな統合を促進。
  • 新しいIOSTシークレットウェポンを実装して、IOSTのグローバルなアウトリーチ強化。
  • より一流で質の高いグローバルエコシステムパートナー。
  • IOSTエコシステムを拡大し、南アジア市場で成長。
  • 3つ以上の質の高いPlay-to-EarnおよびNFTプロジェクトとのパートナーシップ確立。
  • ブロックチェーン教育プログラムと開発者ハンズオンシリーズをホスト。

2022年第2四半期

  • IOST Explorer、iWalletプラグイン、アカウント作成システムなど、IOSTインフラストラクチャの開発、保守、およびアップグレードの完了。
  • IOST開発者ツールを開発し、DeFi、NFT、GameFi、およびMetaverseのエコシステムアプリケーション強化。
  • IOSTの秘密兵器を強化して、IOSTのグローバルエコシステムの成長を加速させる。
  • P2E、NFT、およびレイヤー2セクターに焦点を当てたIOSTエコシステムファンドを展開し、3つ以上の新しいプロジェクトに投資。
  • Web3でより多くのパートナーシップを強化。
  • ヨーロッパとアメリカの市場でIOSTエコシステムの成長。
  • よりグローバルな取引所にIOSTコインをリストします。
  • ブロックチェーン教育プログラムと開発者シリーズをホスト。
  • 長期保有者に利益をもたらすために、新しいコミュニティエンゲージメントプログラムを実施。

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年5月24日

JVCEAのグリーンリストに登録される

●2022年6月1日

仮想通貨取引所フオビジャパン上場

●2022年5月24日

日本仮想通貨資産交換協会「JVCEA」のグリーンリストに掲載される

●2022年5月10日

仮想通貨取引所ビットポイントJP上場

●2022年5月4日

レーベル財団とパートナーシップ

〇2022年4月12日

プロジェクト「Entroverse」のためとされるインセンティブファンド立ち上げ

〇2021年3月31日

プロジェクト「Entroverse」発表

●2021年7月28日

リバイバルNFTマーケットプレイス好調

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

※Twitterピン止め変更

2021年7月20日

NFTマーケットプレイス「リバイバル」リリースを発表

〇2021年7月6日

2021H1レポート公表

※Twitterピン止め変更

◎2021年6月18日

仮想通貨取引所ビットパンダ(bitpanda)上場

◎2021年6月14日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)上場

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月4日

Emogi NetworkがIOSTブロックチェーンをベースにしたNFTマーケットプレイス「Revival」のリリースを発表

※メディア記事(BTCマネージャー)に掲載される

〇2021年6月3日

仮想通貨取引所トコクリプト(TokoCrypto)上場

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所ビットパンダ(bitpanda)への上場を公表

〇2021年5月25日

ムーンステークがステーキングサービスを発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月14日

HECOベースのDEXである、HEXがコミュニティに向けエアドロップを行うことを発表

〇2021年5月7日

ムーンステークと提携、メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

ムーンステークウォレットへのリストのための提携である

〇2021年5月6日
リンクフロー提携

〇2021年4月30日

Lootdex.comのアセット発行プラットフォームを公表

〇2021年4月27日

ワジールX上場

〇2021年4月21日

レイズネットワークと提携

IOSTエコシステムに出入りするトランザクションやデータにプライバシーを保護する機能を提供すること

〇2021年4月19日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)上場

〇2021年4月9日

citadelモバイル打ち上げ記念

IOST抽選プレゼント発表

〇2021年3月31日

IOST メインネット オリンパス v3.5.1 公開

〇2021年3月30日

「NFTと知的財産権について」の討議

〇2021年3月30日

Q2の取り組み公表

〇2021年3月1日

仮想通貨取引所ゲート(Gate.io)上場

○2021年2月18日

仮想通貨取引所ラトークン(LAtoken)上場

〇2021年1月29日

ロードマップ2021前半公開

〇2021年1月13日

ステーブルコイン「HUSD」のサポート計画を発表

○2020年6月8日

「Pracs」とのパートナーシップ提携

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました