ca-pub-4928035051974652 仮想通貨リテントリー(LIT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Litentry/リテントリー(LIT)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

Litentry-LIT

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

仮想通貨リテントリー(LIT)とは?

リテントリー( Litentry )は、分散ネットワーク間のID(DID)管理アグリゲーターとしてDID集計や検証、ならびにクレジット計算を有効にする目的を持つアイデンティティ集約プロトコル プラットフォームです。

将来性としてWeb3.0で安全にIDデータ管理が可能となり、だれでも簡単にアクセスすることが可能となります。

ティッカーシンボル(通貨名称)「LIT」

公式ページ |株式会社リトリート財団リンクツリー (linktr.ee)

Twitter Litentry (@litentry) / Twitter

ホワイトペーパー 760d3a_2801034aeb0e400bb0e5850d1240f53b.pdf (filesusr.com)

仮想通貨リテントリー(LIT) の特徴

ユースケース

  • 支払い – ユーザーがネットワークを介してリアルタイムのクレジット計算要求に必要な料金。
  • 報酬インデックス付きID データベースを設定する第三者への報酬。
  • 賭けアイデンティティレジストラ(データ管理者)になるための賭け。
  • 担保 – 分散型金融(DeFi)の貸出・借入サービスで担保として使用。

分散型ID (DID)メカニズム

リテントリーネットワークは、”基質フレームワーク”上に構築することで、分散型ID(DID)を統合しています。

分散型ID(DID)に統合することで、モジュール化されたIDサービスからのプロセスを簡略化しています。

Sparkコミュニティ

財団への提案、プロジェクトの立ち上げ(DAOガバナンス)またユニークなアイデンティティNFT取得やトークン割り当て1%の権利が与えられます。

コミュニティは財団やプロジェクトの全面的な協力を使命としており、オンラインでのミートアップや現地のコンテンツ翻訳なども行います。

中国、日本、ベトナム、ナイジェリア、南アフリカ、ロシア、ドイツなどから代表の大使が選出されているようです。

今後の将来性

Web3アイデンティティハブ構築(ポルカドットパラチェーン)

この期間の価格変動も見ておく必要が有ります。

また、パラチェーンでのハブ構築がなされれば今後の将来性も一気に増えるでしょう。

※ポルカドットパラチェーンはユニークなマルチチェーンで生態系の急速な成長を促します。

モバイルアプリケーション

ユーザーは分散型ID(DID)を収集、それを1か所で管理するための安全な手段として利用できます。

また、LITトークン保有者は、安全で簡単にオンチェーンガバナンスに参加することが可能になります。

コミュニティ成長戦略

  • DID および Web3.0 で詳細なコンテンツを作成して、コミュニティ メンバーを教育し、Litentry 製品を体験できるようにする。
  • コミュニティクレジットをプロトコルとアプリに統合。
  • 有名な組織と協力することで更なるグループ構築と強化。
  • ノード・プログラムによる ID インデックス作成サーバーを実行の促進。
  • DAOガバナンスを徐々に達成するためのディスカッションを開催

市場規模の拡大

暗号資産市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

最新のロードマップ

取引所・交換所・ウォレットに上場する

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

チャートと価格予想

チャート(2022年1月13日時点)

価格予想 (2022年1月13日時点)

サポートラインが引けるので拾いどきではある。

上昇期待ネタとしては取引所上場ネタだろう、新コインも増え続けているなかすごく期待して待っても厳しいところではある。

もう一つはポルカドットパラチェーンとクラウドローンあたりのネタで、場合によっては大きく上昇する可能性もあるかもしれません。

このサポートラインを割る可能性も結構あり得るので弱めの購入でも良さそうだ。

参考情報 (2022年1月13日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(68,070人)

24h取引ボリューム(約$650万)

マイルストーン

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月6日

アーキテクチャリリースを発表

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月13日

相場悲観(タイなど)

◎2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

◎2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

◎2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

〇2021年5月25日

DeCreditと提携を発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

これによりDeCreditの認証システム能力やパフォーマンス向上を目的とする

◎2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょ。ふぁんだくりぷたー
仮想通貨投資をしている人のための参考チャンネルです。 何も考えず仮想通貨の購入をすべきではないので、是非参考にしてみて下さい。 ▼このチャンネルはこんな人向け▼ ①仮想通貨初心者で調べる時間も気力もない人 ②ブロックチェーンコンテンツは利用しないが運用はしたい ③現物取引しかしない ④テクニカル信者ではない 私の...

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました