ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Qtum-QTUM

仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)で今後予定されるネタや将来性について!

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)とは?

2016年12月に、シンガポールのQtum財団により開発された次世代ブロックチェーン技術に焦点を充てたプロジェクトで創設者はパトリック・ダイ氏(Patrick Dai)である。

※注目されたプロジェクトで、新規仮想通貨公開(ICO)では多額の資金調達を達成する。

発行数量は100,000,000QTUMで、1%/年ずつ追加発行される。

ブロックサイズは2MB、ブロック生成時間はおおよそ2分以内で、オープンソースブロックチェーンが基に開発されました。

モバイルでの利用を想定し、実用性の高いビジネス向けブロックチェーンプラットフォームとして作られている。

次世代のブロックチェーン技術という点に焦点をおき、ビットコインやイーサリアムを良い技術(「UTXO」と「スマートコントラクト」)を採用したハイブリッド型のチェーンです。

ネットワーク上でだれでも資産の運用、新たなプロジェクトの立ち上げ、資金調達が出来るプラットフォームとなることを目的とする。

ティッカーシンボル <QTUM>

承認方式 ミューチュアライズ・プルーフ・オブ・ステーク(MPoS)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 100,000,000(QTUM)

管理機関 <>

公式ページ qtum.org

Twitter qtumofficial

ホワイトペーパー qtum

ドキュメント <>

仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)の特徴

開発者陣営は実力者が多い

パトリック・ダイ(Patrick Dai)氏は元アリババの主力開発者であることはよく知られていることで、ブロックチェーンの開発においても経験が豊富であると言われています。

また、他の開発者たちも経験や技術の優れた人選がされているようで着目されています。

アカウント抽象レイヤー(AAL/Account Abstract Layer)

「UTXO」と「スマートコントラクト」の良い所を融合させたもので、透明性が高く、ハッキングのリスクも少なく、契約取引の自動化によるコスト削減を可能にしたものです。

イーサリアム仮想マシン(EVM)を使用し、ビットコインUTXOモデルに基づいた個別のトランザクション管理・抽象化によるスマートコントラクトからのスマートコントラクト操作やコードの再利用などを容易にし提供している。

ARM VM

イーサリアムのスマートコントラクトにおける制限や開発言語サポートによる障壁の除去などの役割を担う。

イーサリアムのスマートコントラクト用開発言語「Solidity」で発生している参入のしづらさを解消するため人気の開発言語である「Rust」や「Python」などでの開発をサポートしたりもしている。

ミューチュアライズ・プルーフ・オブ・ステーク(MPOS)

ミューチュアライズ・プルーフ・オブ・ステーク(Mutualized Proof-of-Stake)とは、簡単に言うならプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムの強化版です。

中核的な仕組みの変更はなく、「がらくた契約」とされる攻撃性ノードなどに対して、ブロック報酬を即座に支払わず攻撃コストへの負担を増大させる仕組みを追加したものである。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは?プログラミングに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できるため、決済の短縮化や不正防止、コスト削減などにも寄与すると期待されています。
ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく破綻のリスクなどもなくなります。

ビットコイン関連の技術を採用

クアンタム独自のライトニングネットワークによる即時決済の実現や、アトミックスワップの対応でビットコインなどの銘柄との交換を可能にしている。

トークンユースケース

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Quantum/クアンタム(QTUM)の今後の将来性

暗号気候協定

cryptoclimateより引用

日立、フォル暗号通貨とブロックチェーン産業を記録的な時間で脱炭素化することに焦点を当てた暗号コミュニティ全体の民間セクター主導のイニシアチブで、暗号と金融、テクノロジー、NGO、エネルギー、気候セクターにまたがる250社以上の企業と個人が、支持者として暗号気候協定に参加しています。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年5月28日

ハードフォーク実施を発表(イーサリアムベルリン、ロンドンの実装など)

●2022年3月4日

仮想通貨取引所OK Coin上場を発表(2022年3月14日~)

〇2021年6月25日

仮想通貨取引所フィメックス(Phemex)上場

〇2021年6月21日

相場悲観(中国、イランなど)

〇2021年6月18日、19日~

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月11日、12日

相場悲観(オランダ、タイ)

〇2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

〇2021年6月7日

NFTリリースが公表される

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所フィメックス(Phemex)上場

※メディア記事(コインポスト)情報に掲載

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月6日

メディア記事(COINQUORA)に掲載される

〇2021年5月4日

travala.comと提携

〇2021年5月1日

バリューネットワークとAMA

〇2021年4月6日

「Qtum A Ton」ステーキングサービス開始

2021年年4月~7月まで開催され、委任者とステーカーには報酬が貰える。

〇2021年4月1日

メディア記事(YahooFinance)にトップ10暗号資産として掲載される

〇2021年3月30日

「TELEGRAM AMA」開催

〇2021年3月19日

「ハードフォーク実装で、ブロック間隔を高速化する」Mainnet FastLane v0.20.2リリース4/30とTwitterにて発表。

〇2021年3月2日

仮想通貨取引所FTX上場

〇バイナンスペイ(BinancePay)上場

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が決済手段として、バイナンスペイ(BinancePay)を上場

湖北チャリティ団体Hubei Charity Federation)に寄付

新型コロナウイルスの拡散防止活動を行っている団体で、寄付金は拡散防止に使われるマスクなどの費用に充てられるそうです。

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました