ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Tezos-XTZ

仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)で今後予定されるネタや将来性について!

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)とは?

2014年、プロジェクトが発足し2017年には公開され取引が開始された。

新規仮想通貨公開(ICO)の際に日本円にして約250億円もの資金調達し注目や期待を集める。

プロジェクトの運営は、Tezos Commons Foundationで米国に拠点を置く非営利団体である。

ocaml(オーキャムル)という開発言語が用いられ、検証などに適した関数言語といわれています。

ビットコインやイーサリアムで弱点とされる部分を克服すること、また分散型アプリケーション(DApps)開発とスマートコントラクトの支援が目的で誕生しました。

スケーラビリティ(処理速度)、ハードウォーク問題、セキュリティ問題、コストパフォーマンス

※ハードウォークとは、ブロックチェーン上で互換性のないブロックチェーンに分岐、取引遅延が起こったり最悪の場合、通貨を紛失してしまうリスクがあります。

ティッカーシンボル <XTZ>

承認方式 <リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <上限なし>

管理機関 <>

公式ページ tezos

Twitter tezos

ホワイトペーパー tezos

ドキュメント <>

仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)の特徴

リング署名

仮想通貨テゾス(XTZ/Tezos)はリング著名という仕組みを採用しており、これにより非常に透明性の高いブロックチェーンとなっています。

取引き双方が双方にしかわからない鍵を送り合うことでやり取りのセキュリティを高める仕組みです。

※問題としては犯罪に使われる可能性が十分あり得ること。

透明性が高いがために法定通貨のような力を持てないこと、公に認知されにくいことがデメリットではあります。

フォーマル・ヴァリフィケーション(Formal Verification)

技術者によるスマートコントラクトの内容の実証する機能をフォーマル・ヴァリフィケーション(Formal Verification)と呼びます。

※スマートコントラクトとは、ブロックチェーン外からの取引を決められたルールに従い自動的に取引すること。

※Formal Verification(フォーカルベリフィケーション)とは形式検証といったような意味です。

これは、契約情報をTezosのブロックチェーン上に設定し自動化できるスマートコントラクトの内容を、

数学的な視点から技術者が検証を行うシステムです。

テゾス(XTZ/Tezos)の形式検証はスマートコントラクトが正しく実行されているか、証明するものであり、エラーの許されない契約などにおいて通常のスマートコントラクトよりも証明性に優れたものだと言えるでしょう。

リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS/Liquid Proof of Stake)

リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS/Liquid Proof of Stake)コンセンサスで、投票権を他のノードに委任することができます。

委任されたノードはさらにその権利を別のノードへ委任することも可能で、これを流動的であると呼んでいる。

元のトークン所有者が委任先、および委任先の委任先の意思決定が気に入らなければ投票権利を自身に戻すことができる。

委任されブロック生成者候補になるためにはベーカー(Baker)になる必要があります。

ベーカー(Baker)とベーキング(Baking)

ビットコインでいうところのマイニングで、PoS上の新規ブロックをブロックチェーンに追加し繋げる、テゾスの取引記録を承認する作業を指します。

このベーキングを行う人をベーカー(Baker)といい、取引記録の責任をもっています。ブロック生成候補者とも呼ばれる。

ベーカー(Baker)になる人は、安定したインターネット環境と万全なセキュリティ対策を整頓している必要があり、10,000tezを保有している必要があります。

他者に自分のテゾス通過を委任し総量が10,000tezとなることでも参加できる。

ベーキング(Baking)の委任システムについて

プルーフ・オブ・コンセンサス(PoS)におけるセキュリティデポジット(保証金)は、コンセンサスの過程に参加し、インフラ(物価上昇)の影響を回避することが必須です。

コンセンサスプロトコルはセキィリティが公正な多数派によって決められ、テゾスプロトコルで奨励され、不正の行為にはペナルティを公正な行為には報酬を与えます。

かりに参加者が不正を犯したとすれば、保証金はなくなります。

コンセンサスに参加を望まないユーザーは、他のユーザーに権利を委任する選択権があります。

エンドースメント(Endorsement)

ベーカー(Baker)の中からランダムに選ばれる32名でブロック承認することによる報酬のことで、

ブロック検証のことをエンドーシングとも呼びます。

エンドーサーはベーカー(Baker)と同様に報酬をもらうことができます。

トークンユースケース

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Tezos/テゾス(XTZ)の今後の将来性

暗号気候協定

cryptoclimateより引用

日立、フォル暗号通貨とブロックチェーン産業を記録的な時間で脱炭素化することに焦点を当てた暗号コミュニティ全体の民間セクター主導のイニシアチブで、暗号と金融、テクノロジー、NGO、エネルギー、気候セクターにまたがる250社以上の企業と個人が、支持者として暗号気候協定に参加しています。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

〇2021年7月7日

クリプトタスクがテゾスチェーンへ移行を発表

〇2021年7月1日

記念ツイート

※ピン止め変更

〇2021年6月29日

センターコンソーシアムがUSDCを利用可能とする銘柄として挙げる

2021年6月17日

テル・ア・ヴィブにて各プロジェクトを交え講演

〇2021年6月1日

フランスマルセイユがNFT美術品でテゾスチェーンの利用を公表

〇2021年5月31日

プロトコルアップデートであるグラナダ(Granada)が完了

内容な以下の3点に関連しています。

  • コンセンサスプロトコル「エミー」アップデート
  • 流動性ベーキング
  • ガスの大幅改善

〇2021年5月21日

レッドブルレーシングホンダ提携について

※メディア記事(コインポスト)に掲載される。

〇2021年5月20日

レッドブルレーシングホンダと技術提携を発表

〇2021年5月11日

テゾス6回目(2年ぶりとされる)アップデートを発表

※共同開発されたフィレンツェを採用したことにより可能となったとされる

〇2021年4月21日

Ubisoftがテゾスのベーカーになる(提携)

メディア(CoinTeleglaph)にも掲載される

〇2021年4月12日

メディア(CoinTeleglaph)の注目銘柄5選として掲載される

〇2021年4月2日

DeFiクラブ主催の「Tezos DeFi」が開催
※ネタが切れ短期期待上げ分が売られる

〇2021年4月1日

TQテゾスにより、クリーンなNFTについてのパフォーマンスがツイートされる
※拡散され価格上昇

〇2021年3月31日

テゾスエコシステムから初めての分散型取引所開設「QuipuSwap」
※拡散され価格上昇、一旦半値まで売られるが底まで落ちず期待されているか?

〇2021年3月31日

テゾス財団のレポートが公開される。
2度のアップグレードについても記載されていると公表。
※拡散され価格上昇

〇2021年3月28日

テゾスアップグレードの提案がガバナンス(統制)プロセスのテストに入る

〇2021年3月27日

クリーンNFTのツイートが拡散される
※価格上昇開始

〇2021年3月24日

テゾス(Tezos)でクリーンなNFT発行が可能とツイートされ拡散される。※カラミント(Kalamint)
※価格上昇のちすぐに売られる※3/26相場悲観も影響か!?

〇2021年3月18日

TQテゾスの子会社「InterPOP」が発表される

〇2021年3月18日

ユーロに裏付けされたデジタル通貨をTezosブロックチェーンで発行することが発表される。
※価格上昇(少し)続くネタがなく価格を落とす

〇2021年3月17日

テゾス創設者アーサー・ブライトマン氏 AMA開催
Tezos内のブロックチェーン、セキュリティ、スケーラビリティの将来に関する洞察について語られる。

〇2021年3月6日

TQTezosとリノ市提携 市民向けNFTプラットフォーム
芸術などの新しい世界創出に向け 米国市長会議で拡大し、他の都市でも展開すること。 

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました