ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Bit Torrent Token/ビットトレント(BTT)とは?将来性・チャート考察・ニュースまとめ | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Bit Torrent Token/ビットトレント(BTT)とは?将来性・チャート考察・ニュースまとめ

Bit_Torrent_Token-BTT

OKX

出典:coingecko

中堅取引所として流入上げ狙い!

仮想通貨 Bit Torrent Token/ビットトレント(BTT)とは?

公式より引用

ビットトレントプロトコルは、グローバルなファイル転送を可能とするためのピアツーピア(P2P)プロトコルとして Bram Cohen氏により考案された。

以降、機能拡張を目的としてトロンチェーン上にプラットフォーム構築がされました。

分散型ストレージサービス(ストレージ余剰領域幅における市場)で取引機能の拡張のためにTRC-10トークンとして「BTT」ビットトレントトークンが誕生しました。

転送速度の購入なども「BTT」で可能となっています。

2021年~2022年にかけてメインネット「ビットトレントチェーン」ローンチに向け、旧トークンを「BTTOLD」(TRC10トークン)、新トークンを「BTT」(TRC20トークン)として位置付けてスワップしています。

メインネットがローンチされると、トロンチェーンのクロスチェーンパフォーマンス拡張や他のチェーン統合など相互運用性のパフォーマンスが大幅に向上されます。

ティッカーシンボル BTT

承認方式 <>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 990,000,000,000,000,000(BTT)

管理機関 <>

公式ページ BitTorrent

Twitter BitTorrent

ホワイトペーパー BitTorrent_(BTT)

仮想通貨 Bit Torrent Token/ビットトレント(BTT)の特徴

分散ファイリングシステム(BTFS)

ビットトレントユーザーに支えられる、ネットワーク性とピアツーピア(P2P)の実装した新しい分散型ストレージシステムならびに分散型アプリケーション(DAPPS)のためのプラットフォームです。

トークンユースケース

  • プラットフォーム利用料(転送速度など)
  • 流動のユーティリティトークンとして

OKX

出典:coingecko

中堅取引所として流入上げ狙い!

将来性

DLiveへの導入

出典:公式サイト

DLiveは、視聴者とコンテンツ配信者への収益性をもたらすブロックチェーン上に構築されたストリーミングコミュニティアプリケーションです。

「BTT」導入が近々予定されており、ギフトや定期購読などの報酬として機能するようです。

ビットトレントチェーン(BTTC)

ビットトレントチェーン(BTTC)ローンチが現在注目されているところでしょう。

これにより、トロンチェーンとのクロスチェーンや他チェーンとの統合、「分散型ファイルシステム(BTFS)」などの需要における大きな市場の拡大が予想されます。

※設計は発行枚数が多いので希少価値は上がりづらいと思われます。

「BTTOLD」トークンスワップ

旧「BTT」トークンである「BTTOLD(TRC-10)」は「BTT(TRC-20)」にトークンスワップされている。

比率は「1:1,000」とされており、スワップ移行サポートしない取引所が多いことと価格調整を考えるとその間の売買は避けたいところである。

※ただし、ビットトレントチェーンの「マルチチェーンソリューション」と「分散型ストレージサービス」の需要や流動性向上を考えると調整後の価格高騰はあり得るかもしれない。

APENFT財団によるNFTエアドロッププログラム

2021年6月~2023年6月まで対応取引所でスナップショットがされ、取引所へのNFT配布後にトークンホルダーに対しエアドロップがされるようです。

例:仮想通貨取引所バイナンス(Binance)

2021年6月~2023年6月の各月10日の12:00:00 (UTC)に2,000(BTT)以上の保有者に対してスナップショットがされ、取引所へNFT配布後にエアドロップ

最新のロードマップ

分散型ファイルシステム(BTFS)ロードマップ

出典:公式サイト

チャート考察

出典:coingecko

2022年5月3日時点

■24h取引ボリューム $66,002,109

OKX

出典:coingecko

中堅取引所として流入上げ狙い!

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年2月17日

悲観ネタ(イスラエル、バイナンスなど)

●2022年1月24日

グレースケールが製品検討銘柄として「BTT」を追加

2022年1月24日

悲観ネタ(ミャンマーなど)

2022年1月19日

悲観ネタ(ロシアなど)

2022年1月18日

悲観ネタ(仮想通貨広告規制がらみ)

●2021年12月17日

悲観ネタ(ロシアなど)

●2021年12月6日

「ビットトレントチェーン(BTTC)」メインネットローンチとトークンスワップを発表

●2021年11月10日

ビットコイン最高値更新、アルト流入などによる清算連鎖が始まり主要銘柄に釣られて相場下落

※メディアなどにも掲載される

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月30日

※Twitterピン止め変更

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー)

●2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月13日

相場悲観(タイなど)

●2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

●2021年6月8日

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、トロン(TRX)、ビットトレント(BTT)、ジャスト(JST)保有者へNFTエアドロップ対応を発表

APENFT財団によるもので、2021年6月~2023年6月までとされている

●◎2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

●2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

●2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

◎2021年5月13日

相場悲観(テスラ、インド規制など)

◎2021年5月1日~10日

相場歪み(犬、SNL、イーロン氏、少額銘柄)

◎2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金)

◎2021年4月18日~20日

相場歪み(ビットコイン、ドージコインなど)

2021年4月

ビットトーレント4月カーニバル4/6~4/20

お得にはじめる 紹介リンク一覧

バイナンス(Binance)

銘柄・サービス・取引量すべてが豊富!

コインベース(Coinbase)

引量も安心で爆上げ前銘柄も狙える!

ゲート(Gate)

銘柄がかなり豊富で爆上げ前の銘柄も狙える!

クーコイン(KUCOIN)

銘柄数・取引量・サービスすべてが豊富!

ビットゥルー(Bitrue)

銘柄数も豊富でサービスも増加中!

コインEX(Coin EX)

銘柄数も豊富でサービスも増加中!

ビットマート(Bit Mart)

銘柄数も豊富で爆上げ前の銘柄も狙える!

MEXC Global

銘柄数も豊富で爆上げ前の銘柄も狙える!

FMFW

中堅取引所として流入上げ狙い!

OKX

中堅取引所として流入上げ狙い!

プロビット(Pro Bit)

サービス豊富でこれから期待できる!

Digifinex

ここにしかない銘柄がある!

XT.COM

ここにしかない銘柄がある!

AAX

爆上げ前の銘柄が探せる!

Bitget

爆上げ前の銘柄が探せる!

BKEX

爆上げ前の銘柄が探せる!

ZB.COM

爆上げ前の銘柄が探せる!

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

1986年生まれで2児のシングルファザー。

セミリタイヤで仮想通貨の情報収集、分析、運用を行い、保有銘柄数は常時おおよそ30銘柄程度で浅く広く各トークンユースケースの実証をしております。

仮想通貨投資で重要なことは流通している取引所とボリューム、当該取引所主要銘柄の動きと変動銘柄における流入経路。また、上昇タイミングにおける上昇ネタの大小やコミュニティの規模。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました