ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Chiliz-CHZ

仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

仮想通貨取引所なら バイナンスがおすすめ!!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)とは?

2018年、チリーズ(CHZ)は、メインストリームの消費者向けにブロックチェーンでバックアップされた製品やサービスのための通貨オプションとしてリリースされる。

最高経営責任者(CEO)のアレクサンドル・ドレイファスのチームである、ブロックチェーンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com」により開発運営が行われている。

エンターテインメントにおけるファンとの繋がりや、従来の製品に代わる決済手段の提供で、事業体の収益化を支援することを目的としている。

ICO(新規仮想通貨公開)ではプライベートセールでのみ販売され、パブリックセール(一般販売)はされなかったようです。

チリーズ(CHZ/Chiliz)を通じて、自分がオーナーや株主のような感じでチームの運営に参加できる

また、スポーツ大会の参加費用やゲームへの掛金として利用したり、eスポーツゲーム内の課金で利用すること可能になっています。

ティッカーシンボル <CHZ>

承認方式 <>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ <>

Twitter <>

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)の特徴

スポーツチームの運営に参加可能

チリーズ(Chiliz)を通じて、チーム運営などに関われることが1つの特徴です。

チームへの要望や選手のドラフトに関わる投票権利など、まるで株主やオーナかのように意思決定に参加することが出来ます。

これまでのファンとチームの繋がりは、観戦応援、グッズ購入など間接的な関わりしか持てませんでした。

チリーズ(Chiliz)を通じて可能になることはすごい画期的なことだと言えるでしょう。

まるで先進国の株主のような感じになれます! ※日本の株主は前者のようなイメージですからw

ソシオス(Socios)

ソシオス(Socios)とは?

チームは、ファン向けにチーム公式のファントークン(投票権)をソシオス(Socios)で発行します。

ファンはチリーズ(CHZ/Chiliz)を使って、このファントークン(投票権)を獲得出来ます。

ファントークン(投票権)はチーム運営への参加に使用出来たり、チリーズ(Chiliz)に交換することが可能です。

※チームが優勝などしたらファントークン(投票権)の価値が高騰し、チリーズ(Chiliz)によるマネタイズも可能となります。

以上のことより、価格の大きな下落が発生しづらくなっていると言えるでしょう。

ソシオス(Socios)の提携先

ソシオス(Socios)は提携先を増やすことで将来性としている部分があります。

現在のところ、ネイマール選手が在籍しているパリ・サン=ジェルマンや、C.ロナウド選手が所属するユヴェントスなどの有名チーム並びに、eスポーツや総合格闘技など多岐にわたるスポーツチームと提携している。

バイナンス(Binance)やOKExから出資を受けている

最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)やOKExから出資を受けているニュースは話題となり、価格高騰にもつながりました。

バイナンスやOKExが拠点とするビルはチリーズCEOアレックス氏の所有物であり、チリーズで支払いしているとの情報も出回っています。

トークンユースケース

仮想通貨取引所なら バイナンスがおすすめ!!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Chiliz/チリーズ(CHZ)の今後の将来性

ファントークンパートナーシップ増加

チリーズのパートナーはこれからもまだまだ増えると予想される。

今後、ファントークン提携が増えるたびにチリーズの価格への刺激となるでしょう。

eスポーツ分野への参入も目指しているので市場規模はかなり大きいであろう。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2021年7月27日

SociosがNBAの著名チームとの提携を発表

〇2021年6月16日

コインベースプロサポート

※メディア記事(コインポスト)情報にも掲載

〇2021年6月15日

仮想通貨交換所indodax上場

〇2021年6月14日

アトレティコ・ミネイロと提携ファントークン発行予定を公表

※メディア記事に掲載される($GALO発行予定についても)

〇2021年6月10日

ファントークン「ARG」の発表

〇2021年5月26日

Bursasporがチリーズと提携

〇2021年5月6日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年5月4日

UTC

〇2021年5月4日

FTO$LEGが開始

〇2021年4月30日

レバンテ(LEV)提携、数カ月後にトークン発行を発表

〇2021年4月28日

仮想通貨取引所フィメックス(phemex)上場

〇2021年4月26日

仮想通貨取引所ビットゲット(Bitget)上場

〇2021年4月22日

レギアワルシャワファントークン「LEG」sociosで公開

〇2021年4月21日

Goztepe(GOZ)がsociosアプリ上場

〇2021年4月21日

BitpandaPro上場

〇2021年4月15日

RAKUTENとファントークンパートナーシップを発表

○マンチェスターシティ ファントークン予定「CITY」

○2021年3月31日(予定)

プロファイターリーグのファントークンの発売を予定している。(ProFightLeague)トークン名称「PFL」

○2021年3月19日

マンチェスターシティがsociosクラブの公式ファントークンパートナーになる。

○分散型取引所ユニスワップへ上場

チリーズ(CHZ)がUSDTペアで取り扱い開始

○2020年9月30日

大手仮想通貨取引所「Huobi Global」にCHZが上場

○分散型取引所Changelly PROに上場

○米ニューヨークで新たなオフィス設立発表

○最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)に上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました