ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

NEAR_Protocol-NEAR

仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)で今後予定されるネタや将来性について!

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)とは?

ニアプロトコルはコミュニティ主体の分散型アプリケーション開発プラットフォームで、だれもが簡単にアプリケーション構築、トークン資産発行などが可能とするためのレイヤー1ソリューションプロトコルです。

ニアプロトコルは独自のアルゴリズム「ナイトシェード」や不正に強い開発言語「Rust」とそれをサポートする開発キットにより開発者などに高いパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを提供します。(ナイトシェードは更なるアップグレードが予定されています)

「NEAR」トークンはプラットフォーム上の手数料や支払い、アルゴリズム上のステーキングやガバナンス関連で流通するガバナンストークンである。

ティッカーシンボル NEAR

承認方式 スレッショルド・プルーフ・オブ・ステーク(TPoS/Threshold Proof of Stake)

採用技術 <ナイトシェード(Nightshade)>

スマートコントラクト <ウェブアセンブリー(WASM/WebAssembly

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ NEAR

Twitter nearprotocol

ホワイトペーパー near.org

ドキュメント <>

仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)の特徴

スレッショルド・プルーフ・オブ・ステーク(TPoS/Threshold Proof of Stake)

ニアプロトコルは、コンセンサスアルゴリズムとして「スレッショルド・プルーフ・オブ・ステーク(TPoS)を採用しています。

これは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の問題回避のため考案されたもので、トークン保有量による不平等が発生しづらい仕組みとなっている。

スレッショルドと呼ばれる指定値が存在し、指定値を上回る量のステークはブロック生成枠である「seat」を獲得することで可能となる。

ニアプロトコルは、スレッショルドの水準を低く設定することでなるべく多くのユーザーが意思決定へ参加できるようにしてある。

悪意や不正に対してはスラッシュと呼ばれるステーク資産の没収の仕組みがあります。

ナイトシェード(Nightshade)

公式より引用

ニアプロトコルが採用する「シャーディング」技術で、独自のメカニズムにより悪意の追跡、防止と、「シャーディング」のもつ高効率、低コスト、スケーラブルな処理を組み合わせたものです。

長期的な開発が予定されており以下の3フェーズとされています。

  • フェーズ0 初期段階 状態シャーディングとバリデーターによる検証で高効率化
  • フェーズ1 (2022年1月より)検証向上 チャンクプロデューサー導入とバリデーターの増加による障壁軽減
  • フェーズ2 (2022年第三四半期)検証向上 チャレンジ実装によりバリデーター不要、プロデューサーの障壁軽減
  • フェーズ3 (2022年第四半期)完成 動的なシャードによる分割と融合による無限のスケーラブル実現

シャーディング(Sharding)

スケーラビリティ(処理速度)問題はブロックチェーンの処理性能以上のトランザクション(取引)が集中することによって起こります。

Vitalik Buterin’s websiteより引用

シャーディングとは、ブロックチェーンネットワークを複数のグループに分割して同時並行でトランザクション(取引)処理を行います。

これにより、高速かつ多くのトランザクション(取引)を処理できるようになっている。

メインチェーンとは別の「サイドチェーン」でトランザクションを処理することで、サイドチェーンを分けることをシャーディングと言う。これによりメインチェーンに掛かる負担軽減をして、超高速なスケーラビリティを実現する仕組み。

トリレンマの克服
Vitalik Buterin’s websiteより引用

スケーラビリティ(処理速度)問題はブロックチェーンの処理性能以上のトランザクション(取引)が集中することによって起こります。

これに対処するための障壁ならびに課題として、スケーラビリティ・分散化・セキュリティの3点によるトリレンマが挙げられていました。(3点のうちいずれか1点は疎かになってしまうというものです。)

しかし、シャーディング技術を採用することにより3点全ての要素を取得することが可能とされています。

ウェブアセンブリー(WASM/WebAssembly)

ウェブアセンブリーとは、「WEBASSEMBLYコミュニティグループ」によって策定されるオープン標準としてスケーラブルで高効率なウェブ開発コードとして様々なプラットフォームから実行が可能です。

多くのC/C++やRustなどをWASMにコンパイルすることも可能となっており、ブロックチェーンでは仮想マシン(VM)の役割としてスマートコントラクトを担います。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上で設定されたプログラムに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できることによるコスト削減時間短縮など効率的であるとされ、ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく不正などのリスクも少なくなります。

スマートコントラクトは分散型の市場で多岐にわたり実用化されており、分散型自立組織(DAO)などプラットフォーム立ち上げや分散型市場でのサービス形態の中核として機能したりと様々です。

昨今では、スマートコントラクトを相互化させるバーチャルマシンを開発して不足している箇所を補うなどしているプラットフォームも増えています。

トークンユースケース

  • プラットフォーム上の手数料や支払い
  • ガバナンス関連
  • 検証の委任のため、インセンティブのためのステーキング
  • NFT資産ミント

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 NEAR Protocol/ニア(NEAR)の今後の将来性

コインデスク コンセンサスフェスティバル2022

マルチチェーンオープンWebトーク、ワークショップ、パネル、デモ、ネットワーキング体験イベントとなっており、2022年5月20日までに20人の選出がされる。

最新のロードマップ

ロードマップ 2022年内

  • 「ナイトシェード」のアップグレードによるTPS向上(最大8倍とされる)、ストレージコスト削減
  • メインネット上のバリデータ増加
  • 「シングルシャード」の処理調整によるガスコスト削減(20%〜50%削減とされる)

ロードマップ 長期的

  • ユーザーによるガスコスト指定による「ガス価格オークション」の実現による改革
  • 2022年第三四半期:ナイトシェード開発フェーズ2「チャレンジ実装」
  • 2022年第四四半期:ナイトシェード開発フェーズ3「動的リシャーディング」
  • 開発者に対するエクスペリエンス向上、改善など

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年3月31日

「a Deep Dive into DAOs」パート5

●2022年3月28日

「a Deep Dive into DAOs」パート4

●2022年3月25日

「a Deep Dive into DAOs」パート3

●2022年3月21日

「a Deep Dive into DAOs」パート2

2022年3月17日

「a Deep Dive into DAOs」パート1

2021年7月27日

ICONチェーンで「NEAR」の発売を発表

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月8日

仮想通貨取引所クーコイン(KuCoin)上場を発表

〇2021年3月30日

ニアスワッグアップデートに関して

〇2021年3月5日

EVMアップデート

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました