ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 TRON/トロン(TRX)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 TRON/トロン(TRX)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

TRON-TRX

仮想通貨 TRON/トロン(TRX)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

仮想通貨取引所なら バイナンスがおすすめ!!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 TRON/トロン(TRX)とは?

2017年8月、トロンの創業者でりリップル開発にも携わったとされる ジャスティン・サン(Justin Sun)氏により発行される。

新規通貨公開(ICO)では、人気のあまり30秒ほどで完売したとされている。

2018年6月にメインネットローンチ。

シンガポールに拠点を置く非営利団体「Tron財団」というチームによって開発、管理されています。

イーサリアムベース上のエンタメ系オープンソースとして非営利団体によって運営されているため、利益を上げることを目的としていません。

トロンは、クリエイターならびに開発者、ユーザーなどに「公平なネットワーク運用」と「支払いのネットワーク」の提供することで、繋がるソーシャルネットワークや画像ならびに音声、動画やゲームなど幅広くブロックチェーンエンターテイメントコンテンツ市場を促進させている。

「TRX」は「TRONIX」が正式名称で、これらの利用料やコミュニティガバナンスへのアクセス権を有するトークンです。

2018年6月にイーサリアムチェーンからトロンのメインネット移行が行われ、イーサリアム上のERC20「TRX」は99%以上が焼却(バーン)されています。

ティッカーシンボル <TRX>

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 トロン財団

公式ページ トロンネットワーク

Twitter TRON DAO

ホワイトペーパー TRON Foundation

ドキュメント <>

仮想通貨 TRON/トロン(TRX)の特徴

エンタメプラットフォームとして強い

トロンは「分散型ストレージ」を活かし、ブロックチェーンエンタメコンテンツでもハイクオリティのサービス提供を可能としています。

分散型ストレージとは、それぞれユーザーの空きストレージを市場化することでストレージ容量、ムダなストレージの活用などを可能とします。

※使っていないパソコンなどの活用などが例としてよく挙げられています。

送受金処理速度

トロンは決済向けに作られた通貨ではないが、処理能力が高く、ちょっとした少額決済(投げ銭)などは容易に行える。

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の提供する決済手段である「バイナンスペイ」などの支払いとしても対応銘柄となっている。

だれでも新規通貨公開(ICO)で資金調達できる

クリエイターはトロンのチェーン上で独自トークン(TRON20系トークン)を発行し、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達が可能である。

誕生したコンテンツは生態系の一部として今後のトロンチェーンに力を与えられ、買い手はそのコンテンツやプロジェクトが成長し、価値が上がることによるメリットを受けられます。

全てのTRON20トークンはトロン(TRX)と交換可能となっているようです。

トークンユースケース

  • プラットフォーム利用料や手数料
  • チェーン上のスタートアップ資金
  • NFT資産ならびに売買、手数料
  • コミュニティガバナンス提案へのアクセス権
  • クレジットカードや決済手段として
  • TRC20系トークンの購入費

仮想通貨取引所なら バイナンスがおすすめ!!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 TRON/トロン(TRX)の今後の将来性

最新のロードマップ

(2021年8月〜2023年3月)APOLLO

コンテンツ提供者が自由に独自トークンを発行出来るようになります。

(2023年4月〜2025年9月)Star Trek

開発者がTRONで自由にオンラインゲームプラットフォームを構築できるようになります。コンテンツをブロックチェーン上に書くことの実用的な利用です。

(2025年9月〜2027年9月)Eternity

開発者は自由にゲームプラットフォームを利用してゲームを設計し、開発のための資金を確保し、投資家がゲームに投資出来るようにします。

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年6月4日

仮想通貨取引所DMM Bitcoin上場を発表(6/15)

●2022年4月21日

ステーブルコイン「USDD」の発表

〇2021年11月15日

アルケミーペイ(ACH)と統合

※トロン支払いの統合を目的とする

●2021年11月4日

ビットトレントチェーン(BTTC)がバイナンススマートチェーンと統合を発表

※BTTC/トロンのクロスチェーン相互運用拡大

〇2021年6月11日

2017年~2018年集団訴訟事件の和解を発表

※不明確な件だが今後に集中したいからとされる

●2021年6月8日

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、トロン(TRX)、ビットトレント(BTT)、ジャスト(JST)保有者へNFTエアドロップ対応を発表

APENFT財団によるもので、2021年6月~2023年6月までとされている

〇2021年5月27日

バイナンスNFTローンチが2021年6月24日と発表される。

トロンは将来決済銘柄として挙げられている。

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月6日

TRONSCANでドージコインサポートを発表

○2021年3月17日

仮想通貨取引所ビットポイント(Bitpoint)上場

○2021年3月17日

仮想通貨取引所ビットインカ(Bitlinka)上場

○バイナンスペイ(BinancePay)上場

バイナンスペイ(BinancePay)決済銘柄としてリスト

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました