ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Proton-XPR

仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)とは?

公式より引用

プロトンは、「日常の消費者が暗号通貨にアクセスしやすくする」というビジョンを共有する Metal とLynx の共同開発としてスタートしました。

Metal のユーザーに焦点を当てたピアツーピア決済プラットフォームと Lynx のアプリに焦点を当てたチェーン開発の統合製品と提供しています。

開発者はプロトンの開発パッケージを利用することで、簡単な開発言語を使用し容易にプロトンウォレットと同期するアプリケーションの構築が可能となります。

2020年4月29日、プロトンメインネットの立ち上げが発表される。

コンセンサスアルゴリズムには、高速処理と非中央集権性を併せ持つ「デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)が採用されている。

ユーザーは「プロトンローン」、「プロトンスワップ」、「プロトンマーケット」などを使用し低コストでスケーラブルに分散型市場の体験をすることが可能となります。

ウォレットはセキュリティ面の可能性からモバイル用のみとなっているようです。

ティッカーシンボル XPR

承認方式 デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ protonchain

Twitter protonxpr

ホワイトペーパー protonchain

ドキュメント protonchain

仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)の特徴

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)は、トークンホルダー全員に保有枚数に応じた投票権が与えられ好きな立候補者を選び投票することができる。

代表者は最大101人で、代表になった人はマイニングすることができ、マイニングのことをForging(フォージング)と呼び、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼ぶ。

予め承認者を選ぶことで承認速度を10秒程度に抑えることを可能になっている。

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)は、非中央集権的な面を持ちつつより平等に承認者を選定でき、更には承認数を減らすことでの高速なトランザクション処理が可能とされ「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」や「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」よりも優れる進化型として存在する。

ウェブアセンブリー(WASM/WebAssembly)

ウェブアセンブリーとは、「WEBASSEMBLYコミュニティグループ」によって策定されるオープン標準としてスケーラブルで高効率なウェブ開発コードとして様々なプラットフォームから実行が可能です。

多くのC/C++やRustなどをWASMにコンパイルすることも可能となっており、ブロックチェーンでは仮想マシン(VM)の役割としてスマートコントラクトを担います。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上で設定されたプログラムに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できることによるコスト削減時間短縮など効率的であるとされ、ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく不正などのリスクも少なくなります。

スマートコントラクトは分散型の市場で多岐にわたり実用化されており、分散型自立組織(DAO)などプラットフォーム立ち上げや分散型市場でのサービス形態の中核として機能したりと様々です。

昨今では、スマートコントラクトを相互化させるバーチャルマシンを開発して不足している箇所を補うなどしているプラットフォームも増えています。

トークンユースケース

公式より引用
  • ガバナンス投票(プロデューサーの承認と監視、価格設定やプロトコル関連、交代要員投票)へ参加できる
  • ユーザー取引のリソースやブロックチェーン上のストレージ(RAM)を直接的に購入することが可能
  • ネットワーク貢献とインセンティブのためのステーキング
  • LOANトークンのエアドロップ獲得(期間不明)
  • 開発者などへトークンベースの寄付

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Proton/プロトン(XPR)の今後の将来性

マネーロンダリング関連

プロトンプラットフォームでは身元の証明による「マネーロンダリング防止」などを特徴とし期待される一面があり匿名プラットフォームと相対関係にありそうだ。

最新のロードマップ

2022年 Q1 第一四半期

  • 「プロトンローン」サービスの展開による、「借り、貸し、貸付」オプションの展開
  • オンチェーンKYC製品のグローバル展開
  • グローバル銀行とプロトンフィアット口座の接続

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました