ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Bitcoin-BTC

仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)とは?

2008年11月、サトシ・ナカモトによりビットコインに関する論文が投稿される。

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

2009年1月、サトシ・ナカモトと開発チームによりビットコインのマイニングが開始され、生成される。

※サトシ・ナカモトの人物特定はいずれも予想となっており、どこのだれなのか長らく謎とされており、当時マイニングされたビットコインは今だ売られておらず、10兆円以上の価値になっていると言われている。

現在はBitcoin Coreと呼ばれるチームによって、開発などが行われている。

Bitcoin Core

世界初の仮想通貨で、厳密に言うと世界規模では「暗号資産(crypto asset)」と呼ばれているため、「暗号資産(crypto asset)」と呼ぶのが正解と言える。

政府や銀行などの中央管理者なしで、国や地域をまたいで「早く・安く」決済するための「決済プラットフォーム」として開発され、ブロックチェーンと呼ばれる技術によって管理されています。

取引量・時価総額も高騰しており、徐々にデジタルアセット(電子資産)としての位置づけを確立しつつあり、決済手段として利用されることを目的ともしており、電子マネーのように店舗決済も可能です。

ブロックチェーン技術を使うと、全体取引きの情報は細かく記録することができ、その情報を広く公開することで、データの改ざんが行われないように世界中の人が監視し、暗号資産の資産価値が守られる。

ブロックチェーンでは、約10分ごとに一つブロックが生成され、取引データを取引台帳に記録していきます。

取引台帳に記録する作業がマイニングと呼ばれ、世界中の個人や企業がマイニングに参加し、記録作業を行ったマイナーに報酬として新しいBTC(ビットコイン)が支払われている。

ティッカーシンボル <BTC>

承認方式 <プルーフ・オブ・ワーク(PoW)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <21,000,000(BTC)>

管理機関 <>

公式ページ bitcoin

Twitter bitcoin

ホワイトペーパー bitcoin

ドキュメント <>

仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコイン(BTC)は仮想通貨の代名詞

ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨をアルトコインや草コインなどと呼ばれており、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の代名詞とも言え、ビットコイン(BTC)の価格相場は仮想通貨市場の雰囲気を表すこともある。

非中央集権のオープンソース

ビットコイン(BTC)には管理主体が存在せず、ネットワーク全体で管理しているオープンソースです。

管理主体が無いことを非中央集権と呼び、一般的には不正なく公平な取引が行われ、管理主体の破綻によるリスクもなく0になることが限りなく少ないことがメリットである。

第三者を介さず取引・決済可能

ビットコインは海外送金のような離れた場所でも関係なく、資産の交換が可能であるため決済・取引の手段として法定通貨に勝る点も持っている。

また、資産としてはデジタル媒体なので金などと違い、軽量で運用コストも掛からないことが優位的であると言える。

透明性が強いが故に法定通貨に勝ることがないとされるが、個人的には証明などを持たせることも技術的に可能であると考えており、そこは問題ないのではないかと考える。

発行上限がある

ビットコインは発行上限枚数が約2,00万枚であり、覆ることはない。

そのため偽造困難な安全資産と言われている。

半減期

半減期が訪れるとマイニング報酬が半減することにより、一時的な価格高騰につながることがあり得るため、運用材料の1つとなります。

ビットコインの半減期は、4年に1度訪れます。

1回目は2012年11月

2回目は2016年7月

3回目は2020年5月

次は2024年と思われます。

トークンユースケース

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Bitcoin/ビットコイン(BTC)の今後の将来性

ボラティリティが高い

ビットコインは仮想通貨の代名詞であるため、仮想通貨といったらまずビットコイン!といった現状であり、それを止めるすべはない。

投資家などから注目が集中していることもあり、常に安定したボラティリティを誇る。

また、近年は機関投資家や大企業なども参入が相次いでおり、価格の安定感も抜群に高いため今後はよほどのことがないと暴落しないかもしれない。

仮に暴落しても期待感が勝り、すぐ復帰するでしょう。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年4月28日

中央アフリカがビットコインを法定通貨に定める

〇2021年7月16日

ペイパル(Paypal)が暗号資産購入上限額引き上げを発表

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年7月5日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)がBTC/USDCのレバレッジペアをサポート

※メディア記事(コインポスト)情報にも掲載される

〇2021年6月24日

ブラジルの資産管理会社QR Asset ManagementがビットコインETFのローンチを発表

※主要証券取引所であるB3でのローンチだ

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月15日

仮想通貨取引所フィメックス(phemex)が預入サービスでビットコイン(BTC)サポート

※メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

〇2021年6月10日

エルサルバドルがビットコインを法定通貨とすることを可決、火山熱を利用したマイニング施設建設の開発について公表。6/9

※メディア記事(ロイター、コインポストなど)に掲載される

〇2021年6月5日

決済企業であるスクエアがビットコインのハードウォレットの開発予定について公表

※メディア記事(コインポスト・コインテレグラフなど)に掲載される

〇2021年6月4日

仮想通貨取引所ビットフライヤー(BitFlyer)が米国向けに円建てのビットコイン(BTC)取り扱いを発表。

仮想通貨取引所Paxfulがeコマース事業者向けのビットコイン受け取りツール「Paxful Pay」のリリースを発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月2日

欧州大手デジタル資産運用企業ETCグループが、イギリス初のビットコイン(BTC)上場投資商品(ETP)がアクイス取引所ローンチ予定について発表した

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年6月1日

欧州大手デジタル資産運用企業ETCグループが、イギリス初のビットコイン(BTC)上場投資商品(ETP)がアクイス取引所ローンチ予定について発表した

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

仮想通貨取引所BSDEがビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)をサポートするモバイルアプリリリースを発表

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年5月31日

マイニング難易度が過去3番目のマイナス調整となり、メディア記事(コインポスト)などに掲載される

※ビットコイン価格の急落、中国のマイニング取締り、イランのマイニング事業停止などが挙げられる

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月15日

アメリカ、ノースダコタ州のウィリストン市で公共料金支払いに対応

インド中央銀行が準備銀行に対して、仮想通貨取引所やトレーダーなどとの関係性を断つよう指示しているとの噂がでる(メディアにも取り上げられる)

〇2021年5月14日

南アジア最大手DBS銀行が信託サービスのローンチ、対応銘柄として発表

〇2021年5月7日

米国の大手投資銀行ゴールドマン・サックスがビットコイン(BTC)の差金決済型先渡為替取引(NDF)を提供開始

〇2021年5月5日

英国発の次世代デジタルバンキングアプリ(Revolut)が、ビットコインの現物出金サービスを開始した。

〇2021年5月3日

世界最大の金融指数プロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)」が仮想通貨インデックスでビットコイン(BTC)を提供

〇2021年4月20日

音楽配信サービスを提供するBeatportがビットコイン(BTC)による決済を導入する旨を発表した。

〇2021年4月16日

PayPal傘下アプリVenmoが仮想通貨銘柄の売買に対応

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)である。

〇2021年4月13日

アメリカ・フロリダ州・マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」が決済手段として採用した。

〇2021年3月30日

オンライン決済大手のPayPalで「チェックアウトサービス仮想通貨支払い」銘柄に構成される。

〇2021年3月26日

アルゴ・ブロックチェーンは、クリーンエネルギーを電力源としたビットコインマイニングプールの立ち上げを発表した。

○2021年3月20日

ブラジル証券取引委員会 暗号資産ETF商品2つ発表

「QR ETF」ビットコイン100%商品、「Hashdex Nasdaq暗号指数ETF」

○2021年3月19日

「ボトルペイ」TwitterでBTC送受信機能を開始

○2021年3月

MicroStrategy社やSquare社など一部のビットコイン保有企業は、すでにビットコイン関連サービスの開発を進めているとされる。

○2021年3月9日

ビットコインETF「CI Galaxy Bitcoin ETF 」発売

○Google Financeで閲覧可能になる

○SecurePayで決済可能になる

○2021年2月24日

楽天キャッシュへのチャージを対応することを発表

○2021年2月18日

ドバイの自由貿易エリア「KIKLABB」仮想通貨決済を開始

○ビットコインETF「NYDIG Bitcoin ETF」申請

投資企業NYDIGがビットコインETFのの申請書を米証券取引委員会(SEC)に提出した。

ビットコインの価格に連動する金融商品として、米電子取引所「NYSE Arca」で取引が行われる予定になっている。

○ビットコインETF「Evolve Bitcoin ETF」上場

○ビットコインETF「Purpose Bitcoin ETF」上場

○ビットコイン基金「Btrust」設立

○マスターカード(MasterCard)仮想通貨決済参入

○テスラ車購入がビットコイン決済で可能に

○OTC市場で取引可能なファンドの立ち上げ

○決済大手VISAの「仮想通貨売買サービス新事業」

○仮想通貨ATMで利用可能

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました