ca-pub-4928035051974652 仮想通貨Goldfinch/ゴールドフィンチ(GFI)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Goldfinch/ゴールドフィンチ(GFI)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

Goldfinch-GFI

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

仮想通貨Goldfinch/ゴールドフィンチ(GFI)とは?

ゴールドフィンチはイーサリアム上に構築される分散型融資プロトコルプラットフォームとして、

ティッカーシンボル(通貨名称)「GFI」

承認方式

総発行枚数 114,285,714(GFI)※インフレする可能性があるようです

公式ページ Goldfinch

Twitter Goldfinch (@goldfinch_fi) / Twitter

ホワイトペーパー

仮想通貨Goldfinch/ゴールドフィンチ(GFI)の特徴

ゴールドフィンチプロトコル

プロトコルは、借り手、支援者、流動性プロバイダー、監査人の 4 つから構成されます。

借り手(資金調達を求める参加者)

支援者が評価するための借り手プールを提案します。借り手プールには、金利や返済スケジュールなど、借り手が求める条件が含まれます。

支援者(借り手へ資本供給の可否)

借り手プールを評価し、最初の損失資本を供給するかどうかを決定します。後援者が資本を供給した後、借り手は借り手プールを通じて借りて返済することができます。

流動性プロバイダー(資本プールへの供給者)

パッシブな利回りを得るためにシニアプールに資本を供給します。シニアプールはレバレッジモデルを使用して、参加している支援者の数に基づいて、借入金プールに資本を自動的に割り当てます。シニアプールが資本を割り当てると、その利息の一部がバッカーに再割り当てされます。これにより、支援者の実効利回りが増加し、リスクの高い第一損失資本を提供し、借り手プールを評価する作業を行うインセンティブが与えます。

監査人(借り手の承認を投票)

借り入れ前に必要な借り手を承認するために投票します。監査人はプロトコルによってランダムに選択され、不正行為を防ぐために人間レベルのチェックを提供します。

トークンユースケース

「GFI」トークンはイーサリアム上のERC-20系トークンでありプロトコルトークンです。

ガバナンストークンとして、プロトコルの方向性を決定するコミュニティへの参加に使用されることと、シニアプールに供給する流動性プロバイダーの流動性マイニングの報酬に使用されます。※簡単に言うと参加者への報酬です。

また、監査人の投票に対する支払いなどにも使用されます。

発行上限枚数が少なく希少価値が高い

ゴールドフィンチ(GFI)の発行上限枚数は現在のところ 114,285,714(GFI) とされおり、非常に限定的で希少価値が高いものと思われます。

今後、ゴールドフィンチにとってインフラが有益とされているようで場合によってはインフラすると公式に掲載されております。

今後の将来性

市場規模の拡大

暗号資産市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

最新のロードマップ

取引所・交換所・ウォレットに上場する

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

チャートと価格予想

チャート(2022年1月17日時点)

価格予想 (2022年1月17日時点)

どんなネタが出てくるか不明ですが、トークンユースケースの増加や取引所への上場が予想されます。

また、プロトコル自体まだまだこれからの様子ですから今のうちに拾って我慢強く待ってみる感じにはなりそうです。

注意点としては完全コミュニティ主体ではなさそうなので、リスクも考えて投資してください。

参考情報 (2022年1月17日時点)

フォロワー数とボリューム

coingeckoより引用

Twitterフォロワー数(45,150人)

24h取引ボリューム(約$800万)

マイルストーン

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

●国外取引所での暗号取引ならまずは・・・

●アルトコインや新コイン探しには①・・・

●アルトコインや新コイン探しには②・・・

●アルトコインや新コイン探しには③・・・

●アルトコインや新コイン探しには・・・

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょ。ふぁんだくりぷたー
仮想通貨投資をしている人のための参考チャンネルです。 何も考えず仮想通貨の購入をすべきではないので、是非参考にしてみて下さい。 ▼このチャンネルはこんな人向け▼ ①仮想通貨初心者で調べる時間も気力もない人 ②ブロックチェーンコンテンツは利用しないが運用はしたい ③現物取引しかしない ④テクニカル信者ではない 私の...

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました