ca-pub-4928035051974652 仮想通貨IoTeX/アイオーテックス(IOTX)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 IoTeX/アイオーテックス(IOTX)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

IoTeX-IOTX

筆者がよく利用する取引所のリンク ※日本語対応

世界一の仮想通貨取引所! バイナンス

取り扱い銘柄数ナンバー1! ゲート

取引量、取扱い銘柄数もに満足! クーコイン

これからに超期待の取引所① ビットゥルー

これからに超期待の取引所② コインEX

仮想通貨IoTeX/アイオーテックス(IOTX)とは?

2017年、ラウレンチャイ氏とローレン氏がオープンソースプラットフォームとして「アイオーテックス/IoTex」を共同設立。

※ローレン氏はオラクルとグーグルで技術リーダーを担当したり、uberで暗号技術研究開発責任者として働いていた経験のある人物である。

ビジョンとしては、2025年までにおおよそ11兆ドルもの規模があるとされるモバイルIOT分野において、ブロックチェーン技術を用い集権的な利益中心の束縛から分散化を目指す

また、これによりセキュリティやプライバシー、相互運用性の向上を図りだれもがデバイスからデータ(価値)をキャプチャして次世代の分散型アプリケーションに活かせるようにすることを目標としています。

研究科学者とトップエンジニアのグローバルチームに支えられ、IoTeXはブロックチェーン、信頼できるハードウェア、エッジコンピューティングを組み合わせてIoTの可能性を最大限に引き出します。

ティッカーシンボル(通貨名称)「IOTX」

承認方式 

総発行枚数 10,000,000,000(IOTEX)

公式ページ IoTeX | Building the Internet of Trusted Things

Twitter IoTeX (@iotex_io) / Twitter

ホワイトペーパー 

仮想通貨IoTeX/アイオーテックス(IOTX)の特徴

トークンユースケース

(更新予定)

バーン&ドロップ

最初の100万台のデバイスにIOTEXが搭載されると、約10億 IOTEX(総発行枚数の10%近く)のうち90%が焼却(バーン)され、10%がステーキング報酬に割り当てられます。

従って、モバイル搭載がされるたびに枚数現象にデフレが発生します。

今後の将来性

市場規模の拡大

暗号資産市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

最新のロードマップ

ロードマップ2021

  • メインネットv1.2→v1.3 EVMバージョンにアップグレード
  • メインネットv2.0 デリゲートの拡張と新しいガスモデル搭載
  • オフチェーンデータとオラクル、分散型アプリケーション(Dapps)統合と合成資産関連
  • 「v2 DIDプロトコル」 + 「分散型ID」 およびアクセス管理用 SDK
  • イーサリアムとポルカドットとのとのクロスチェーン相互運用性のための「v2 ioTube」
  • すべてのユーザーが IoTeX ユニバースにアクセスするためのポータルとして 「v2 ioPay」
  • バーン&ドロップ(フェーズ3)
  • コミュニティ主導のガバナンスDAO
  • 新しいロールと拡張された委任プールの委任プログラム
  • 融資+安定コインのための分散型アプリケーション(Dapps)

など

(追記)メインネットv1.2→v1.3アップグレードが2021年7月22日予定であることを発表した。

取引所・交換所・ウォレットに上場する

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

チャートと価格予想

チャート(2021年8月10日時点)

価格予想(調整中)

参考情報 (2022年月日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(人)

24h取引ボリューム(約$)

マイルストーン

▼2021年7月19日時点

筆者がよく利用する取引所のリンク ※日本語対応

世界一の仮想通貨取引所! バイナンス

取り扱い銘柄数ナンバー1! ゲート

取引量、取扱い銘柄数もに満足! クーコイン

これからに超期待の取引所① ビットゥルー

これからに超期待の取引所② コインEX

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

●2021年8月10日

仮想通貨取引所コインベースプロ上場を公表

※Twitterピン止め変更

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月15日

仮想通貨取引所ビットマートエクスチェンジ上場予定を公開(7/20)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月11日

ポリゴン/マティックとクロスチェーン統合

〇2021年7月10日

メインネット v1.3アップグレード予定を公表(7/22)

EVMバージョンへのアップグレードでリレー攻撃対策、クロスチェーン透過性、プライバシー関連、ガスコスト軽減などが含まれます。

※Twitterピン止め変更

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー)

〇2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月13日

相場悲観(タイなど)

◎2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

◎2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

◎2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

◎2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

〇2021年5月6日

sifcainと提携

〇2021年5月4日

メディア記事(コインデスク)に掲載される

〇2021年5月1日

メインネットコードリリース

〇2021年5月1日~10日

相場歪み(犬、SNL、イーロン氏、少額銘柄など)

〇2021年4月30

ライブビューイングとメインネットコードリリース

〇2021年4月28日

三周年記念とメインネットv1.2立ち上げを祝したライブビューイング予定4/30を発表

〇2021年4月27日

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)「ハッピーステーク」開始を発表

〇2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン氏税金など)

〇2021年4月22日

マティック/ポリゴンネットワークとクロスチェーンブリッジング提携

〇2021年4月18日~20日

相場歪み(ビットコイン、ドージコインなど)

〇2021年4月16日

Travale.comと提携

〇2021年4月14日

「ioTube v4」発表

〇2021年4月9日

「Burn-Dropプログラム」ライブビューイング

〇2021年4月3日

レジャーとコラボで限定モデルウォレットを公開

〇2021年4月2日

月次プロジェクトアップデート発表

〇2021年4月1日

メインネットv1.2発表

〇2021年3月31日

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が2つのデリゲードノードを運用したことを発表

〇2021年3月26日

相場悲観

〇2021年3月25日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年3月23日

「ぺブルトラッカー」ライブビューイング

〇2021年3月20日

「Burn-Dropプログラム」発表
※ホルダー、ステイカー、ホルダーなどに多様な利益をもたらすフェーズ10に分けられた燃焼の仕組み

〇2021年3月19日

「ぺブルトラッカー」ライブビューイング

〇2021年3月18日

バイナンスでステーキング開始

〇2021年3月16日~26日

相場悲観

〇2021年3月15日

メディア記事(BTCMANAGER)に掲載される

〇2021年3月13日

クロスチェーンブリッジング「ioTube v4」発表

〇2021年3月12日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年3月11日

ARMライブストリームビューイング

〇2021年3月10日

unifiとAMA開催「マルチチェーンスワップなどについて」

〇2021年3月6日

SCALEOUTと提携、分散型機会学習モデル実現に向ける

〇2021年3月5日

IOTメディア(IOTforALL)と提携

〇2021年3月3日

AWS(アマゾンウェブサービス)などと提携
※Ucam強化を図る

〇2021年3月1日

クロスチェーンによるBSCパンケーキスワップ流動性プール公開

〇2021年2月27日

開発ボード「ぺブルトラッカー」ライブビューイング
※ぺブルトラッカーとは?次世代IoTアプリケーションのランチパッドです。

〇2021年2月25日

オンボードパックワンストップショップ

〇2021年2月25日

ニューヨークポストに「Ucam」が紹介される

〇2021年2月17日

unifiと提携

〇2021年2月13日

IOTEXチェーンを統合したモバイルIOTが発表される

〇2021年2月12日

クロスチェーン「ioTube v3」アップグレード公表

〇2021年2月9日

バーン実績公表

〇2021年2月7日

2021年2月11日のIOTXとサイバーセキュリティーのhakenclubとvechainのライブAMA開催を発表

〇2021年2月5日

中国のモバイルIOTソリューションにおいてリーダーシップを担い、ブロックチェーン技術の活用導入を発表
※中国のモバイルIOT産業は3,500億ドルの市場規模と言われている。

筆者がよく利用する取引所のリンク ※日本語対応

世界一の仮想通貨取引所! バイナンス

取り扱い銘柄数ナンバー1! ゲート

取引量、取扱い銘柄数もに満足! クーコイン

これからに超期待の取引所① ビットゥルー

これからに超期待の取引所② コインEX

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれのセミリタイヤー

2児のシンパパで、仮想通貨(暗号資産)愛好家

仮想通貨(暗号資産)の情報収集と集約、分析することが趣味

仮想通貨投資で重要視していること

取引量、上場取引所、関連銘柄と流入経路、ファンダメンタルズ、少しのテクニカル

きっちょのブログ - にほんブログ村

●YouTubeチャンネル

きっちょ。ふぁんだくりぷたー
仮想通貨投資をしている人のための参考チャンネルです。 何も考えず仮想通貨の購入をすべきではないので、是非参考にしてみて下さい。 ▼このチャンネルはこんな人向け▼ ①仮想通貨初心者で調べる時間も気力もない人 ②ブロックチェーンコンテンツは利用しないが運用はしたい ③現物取引しかしない ④テクニカル信者ではない 私の...

●Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました