ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Litentry(LIT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Litentry(LIT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Litentry-LIT

仮想通貨 Litentry(LIT)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Litentry(LIT)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Litentry(LIT)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Litentry(LIT)で今後予定されるネタや将来性について!

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Litentry(LIT)とは?

リテントリー( Litentry )は、分散ネットワーク間のID(DID)管理アグリゲーターとしてDID集計や検証、ならびにクレジット計算を有効にする目的を持つアイデンティティ集約プロトコル プラットフォームです。

将来性としてWeb3.0で安全にIDデータ管理が可能となり、だれでも簡単にアクセスすることが可能となります。

ティッカーシンボル <LIT>

承認方式 <>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ 株式会社リトリート

Twitter Litentry

ホワイトペーパー 760d3a_2801034aeb0e400bb0e5850d1240f53b.pdf (filesusr.com)

ドキュメント <>

仮想通貨 Litentry(LIT)の特徴

分散型ID (DID)メカニズム

リテントリーネットワークは、”基質フレームワーク”上に構築することで、分散型ID(DID)を統合しています。

分散型ID(DID)に統合することで、モジュール化されたIDサービスからのプロセスを簡略化しています。

Sparkコミュニティ

財団への提案、プロジェクトの立ち上げ(DAOガバナンス)またユニークなアイデンティティNFT取得やトークン割り当て1%の権利が与えられます。

コミュニティは財団やプロジェクトの全面的な協力を使命としており、オンラインでのミートアップや現地のコンテンツ翻訳なども行います。

中国、日本、ベトナム、ナイジェリア、南アフリカ、ロシア、ドイツなどから代表の大使が選出されているようです。

トークンユースケース

  • 支払い – ユーザーがネットワークを介してリアルタイムのクレジット計算要求に必要な料金。
  • 報酬インデックス付きID データベースを設定する第三者への報酬。
  • 賭けアイデンティティレジストラ(データ管理者)になるための賭け。
  • 担保 – 分散型金融(DeFi)の貸出・借入サービスで担保として使用。

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所で、サービスや取り扱い銘柄数が豊富です。

また、ほとんどのトレーダーが利用出来るようにしている安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、まずはじめにバイナンスへの登録がおすすめです。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Litentry(LIT)の今後の将来性

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

〇2021年7月6日

アーキテクチャリリースを発表

※Twitterピン止め変更

〇2021年5月25日

DeCreditと提携を発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

これによりDeCreditの認証システム能力やパフォーマンス向上を目的とする

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました