ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Cardano-ADA

仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)とは?

2017年9月、カルダノ(Cardano)はオンラインカジノプラットフォームとして開発運営されており、そこで使用される通貨としてエイダコイン(ADA)が上場しました。

提唱者はイーサリアム開発に携わった有力な開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏で、管理運営はカルダノ財団、開発はインプットアウトプット香港、投資などによるサポートはエマーゴが担っているようです。

世界には約30億人の難民が自由に資産を保管でき、貯蓄できるようにという意味をこめ「30億人の財布」という目標、透明性や安全性など民主的で世界的な社会実現を目的として開発が進められている。

関数型プログラミング言語である「Haskell」を使用し構築されたプロトコルとして広範囲の採用、拡張性を秘めた次世代スマートコントラクトプラットフォームとされています。

更に、独自の改良されたプルーフ・オブ・ステーク(PoS)である「ウロボロス」メカニズムを採用することで高いセキュリティとトランザクションまた公平性を提供しています。

サイドチェーン技術の活用で、取引処理の向上、ハッキングによるリスクの軽減、新たな機能の追加が容易に可能となっており、電力供給主は「カルダノ・セトルメントレイヤー」い、デスクトップウォレットは「ダイダロス」と言い、独自の「ウロボロス」というアルゴリズムで動作しています。

エイダコイン(ADA)は一時期”詐欺コイン”と言われ、いまでは”イーサリアムキラー”などと呼ばれるまでに期待や注目を集め、通貨価格も爆発的上昇を達成しました。

ティッカーシンボル <ADA>

承認方式 ウロボロス(Ouroboros)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 45,000,000,000(ADA)

管理機関 <>

公式ページ cardanofoundation

Twitter Cardano

ホワイトペーパー cardano.com

ドキュメント <>

仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)の特徴

イーサリアムの開発者が関わる

イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏が開発に関わっており、プレセール当初から注目を集めていた。

チャールズ・ホスキンソン氏は「暗号通貨の巨人」、「天才的数学者」などと言われているすごい人物です。

ウロボロス(Ouroboros)

公式より引用

ウロボロスとは参加者(ステーカー)より保有量に対してブロック生成者を選出する「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」の改良版で、参加者はステークプールもしくはステークプールへの投票者としてステークに参加することが出来き、ブロック生成者選出は投票とタイムスロット分割によってなされる。

この仕組みにより「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」の保有量に偏る問題の解決と不正からの保護を可能としており、タイムスロットごとに選出された「スロットリーダー」は不正や妨害への対策としてブロックの確認を必要とされます。

また、インセンティブメカニズムとして、参加者両名に報酬として「ADA」が分配されます。

プルーフ・オブ・ステーク(POS)

プルーフ・オブ・ステーク(POS)とは取引承認のメカニズムの主要な1つで、ステーキング(掛ける)することによりネットワーク参加者となることができ、ステーキング(掛ける)枚数が多い参加者の中から取引承認者が選定される仕組みです。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要で処理が膨大とならないため、負担なくスムーズに承認処理が可能となり個人のパソコンなどからでも参加が容易となっている。

ステーキング(掛ける)によるマイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、ステーキング期間と枚数が多いほどマイニング報酬が多くなります。

デメリットは保有枚数が多い者に偏ってしまうことで起こりうる不正などの可能性があることです。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上で設定されたプログラムに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できることによるコスト削減時間短縮など効率的であるとされ、ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく不正などのリスクも少なくなります。

スマートコントラクトは分散型の市場で多岐にわたり実用化されており、分散型自立組織(DAO)などプラットフォーム立ち上げや分散型市場でのサービス形態の中核として機能したりと様々です。

昨今では、スマートコントラクトを相互化させるバーチャルマシンを開発して不足している箇所を補うなどしているプラットフォームも増えています。

トークンユースケース

  • 委任またはステークプールとしてネットワーク貢献またはインセンティブのためのステーキング
  • ガバナンスアクセス権として
  • プラットフォーム内支払い
  • 日常の決済手段として

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Cardano/エイダ(ADA)の今後の将来性

Vasilハードフォーク

5月5日、InputOutputのコミュニティおよびエコシステム担当副社長であるTimHarrisonは、Cardanoが5月末と6月中旬(6月30日という噂も)に2回の開発者集会を計画しており、1回はバルセロナで、もう1回はオースティンで開催される予定であると発表しました。

示された改善提案によると、データ使用量削減によるスループット向上や再作成なくトランザクションへのアクセスを可能とすることにより「1ブロック1トランザクション」の障壁を解決、また、シームレス化と担保喪失からの保護を内容としています。

決済手段として流通している

「ADAPAY」ならびに決済ソリューションプラットフォームとの提携により今後もますます採用が進むと容易に予想されます。

投資商品として上場している

証券取引所に投資商品ならびにインデックスファンドなどとして上場を果たしており、今後もますます採用が進むと予想されます。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年4月19日

カルダノVasilハードフォークについて言及

●2021年7月6日

カルダノ財団今後の戦略についてyoutube配信

※Twitterピン止め

〇2021年6月3日

カルダノの開発企業IOHKととネルボス(Nervos)が提携、クロスチェーンブリッジを発表

※メディア記事(コインポスト、コインデスクなど)に掲載される

〇2021年5月18日

メディア記事(コインポスト)に掲載される

イギリスの仮想通貨投資企業「ビットシェアーズ」のレポートでビットコイン(BTC)からエイダ(ADA)などへ資金流入が確認された件

〇2021年5月13日~17日

ビットコインからの資金流入

〇2021年4月30日

World Mobile Groupと提携

〇2021年4月29日

決済ソリューションの大手Simplex(シンプレックス)がエイダ(ADA)を採用

〇2021年4月24日

スイスの証券取引所であるSIX取引所で「AADA」の投資商品上場

〇2021年4月13日

Bitcoin.com取引所と戦略的提携

〇2021年4月6日

独自のサプライチェーントレーサビリティと偽造防止ソリューションの実公開を発表

〇2021年3月25日

カルダノ360世界会議開催

〇2021年3月2日

「Goguenアップデート」へ移行について公開

〇2021年3月22日

仮想通貨取引所COINEAL上場

○2021年3月18日

仮想通貨取引所バイビット(ByBit)に上場

〇2021年3月17日

仮想通貨取引所ビットメックス(BitMex)に上場。

○2021年3月~2月

コインベースPROリスト

バイナンスペイ(BinancePay)リスト

投資ファンド「FD7ベンチャーズVentures)」

2021年2月19日

米著名ベーシストのジーン シモンズ氏がカルダノを30万ドル分購入したことを公表した。

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました