ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Waves-WAVES

仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)で今後予定されるネタや将来性について!

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)とは?

2016年3月に公開されたロシア発のICOプロジェクトであり、分散型プラットフォームです。

「Scala」というプログラム言語で開発されているそうです。

ウェーブスプラットフォームは、スマートコントラクト機能や分散型取引所(DEX)としての機能も持ち合わせていて、だれでも独自のトークンを発行・交換などができます。

これにより、個人や小規模プロジェクトや大規模プロジェクトなど、だれでもプロジェクトに対しての資金を調達(ICO)することが可能です。

ウェーブスプラットフォーム上の分散型取引所では、ビットコイン・イーサリアムをはじめとした暗号資産(仮想通貨)のみならず、「マルチゲートウェイ機能」を搭載しているため 法定通貨も取扱うことができます。

また、「リース・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)」やWaves NG」など独自のアルゴリズムを採用し高速送金やセキュリティー性、効率性などを実現しています。※1秒間で100件の処理ができるとされています。

ウェーブスは、国際送金や資産交換など未来型の分散型金融(DeFi)プラットフォームを目指して開発が進んでいます。

ティッカーシンボル <WAVES>

承認方式 リース・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 100,000,000(WAVES)

管理機関 <>

公式ページ wavesplatfo

Twitter wavesplatfor

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)の特徴

ウェーブスライトクライアント(Waves Lite Client)

ウェーブスライトクライアント(Waves Lite Client)とは?

Waves公式のウォレットで、ウェーブス(WAVES)に派生する前の「NXT」という通貨から継承した技術を活用しいます。

※「NXT」は企業向けの多機能分散型アプリケーションプラットフォームである。

ウェーブスライトクライアント(Waves Lite Client)はこれの改良版で、ブロックチェーンウォレットのダウンロード不要で利用することが出来るため使用者への負担なく、使いやすさも意識されており、見やすく使いやすく工夫が凝らされています。※ライトウォレットなどとも呼ばれています。

送金する場合の手数料は激安ですが、取引の承認を早くしたい場合は多めに支払うことも出来るようです。

CAT

ウェーブス(WAVES)が独自のトークンを発行するための機能で、だれでもゼロ知識で独自トークンの発行が行えるようにいろんな工夫や改良が施されています。

独自トークンは、トークン名称・総発行量・最小単位・追加発行の可否を設定すれば簡単に発行することが可能になっている。

マルチゲートウェイ機能

ウェーブス(WAVES)はウォレットに分散型取引所を統合することで、送金などを行わなくて良い作りになっています。

セキュリティー番号を自分で管理できるためにセキュリティーが高いとされています。

また、マルチゲートウェイ機能を持っているため、仮想通貨以外に法定通貨なども取り扱うことができるのが特徴である。

もちろん自身の基軸通貨であるウェイブス(WAVES)や、独自に発行されたトークンなども取り扱い可能であるため将来性抜群であろう。

独自のアルゴリズム「Waves NG」

Waves(ウェーブス)は「Waves NG」を導入することで、1秒間に約100件という高速なトランザクション処理を実現している。

また「Waves NG」では、送金遅延やエラー発生のリスク軽減も出来るとされています。

リース・プルーフ・オブ・ステーク(Leased Proof of Stake)

ウェーブス(WAVES)ではブロックの承認システムに「LPoS方式(Leased Proof of Stake)」という珍しいシステムを採用しています

ユーザーが信頼できるフルノードに、自身が保有するウェーブス(WAVES)を貸し出すことのでき、利息として報酬を得ることができる。

これをリーシング(Leasing)と呼びます。

貸出された側のフルノードは、保有通貨の量が増えると、ブロック生成の権利を獲得しやすくなり、ブロック生成すると報酬として手数料が貰えます。

フルノードになるには10,000WAVES以上保有している必要があります。

※マイニングなどと違って、マシンをフル稼働させなくても出来る点では個人の参入が簡単であるとも言えるでしょう。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは?プログラミングに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できるため、決済の短縮化や不正防止、コスト削減などにも寄与すると期待されています。
ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく破綻のリスクなどもなくなります。

トークンユースケース

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Waves/ウェーブス(WAVES)の今後の将来性

最新のロードマップ

2021年~2022年 ロードマップ

  • March 2022: Inter-Metaverse Protocol litepaper release
  • April 2022: MVP release of Inter-Metaverse Protocol with integrated games
  • April 2022: DAO Litepaper release
  • March 2022: US company foundation
  • April-May 2022: incubator launch for US teams
  • April 2022: Waves 2.0 litepaper release
  • June 2022: Mother-DAO launch
  • June 2022: Gravity Bridges MVP launch
  • ****er 2022: EVM MVP Release

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年6月2日

仮想通貨取引所XT.com上場

●2022年2月11日

WAVES2.0移行の発表

WavesLabs設立の発表

●2021年7月20日

仮想通貨取引所ビットフィネックス(bitfinex)上場

◎2021年6月11日

「EGG」トークンについての記事公表

〇2021年4月9日

生態系の流動性を高めるためのゲームメカニック「ダックハンターズ」ロードマップ公開

〇2021年4月1日

創業者によるAMA開催

〇2021年3月31日

2021年~2022年のロードマップ公開

〇2021年3月30日

Crypto.comに上場

○2021年3月24日

ビットレックスへUSDTペア上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました