ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Fantom-FTM

仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)とは?

公式より引用

独自のコンセンサスメカニズムを採用することで、多様に進化する各ブロックチェーンのサポートやカスタマイズ、付加価値のインフラストラクチャとして機能しています。

ブロックチェーン全体の発展に沿ったエコシステムの構築を目的とし、運営や開発が進められています。

ファントムの分散型金融(DeFi)では「FTM」を担保にしたUSDと1:1のステーブルコインの作成とこれを使用したf型の合成資産の取引により金融サービスなどの利用が可能となっています。

通貨としてのファクトム(FTM)は、オンチェーンのガバナンスで利用されたり支払い、セキュリティ保護、ネットワーク料金として利用・流通しています。

現在、Fantomは100社以上のパートナーと投資家のネットワーク、プラットフォームに展開された8800のスマートコントラクトを持つとされている。

ティッカーシンボル FTM

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)

採用技術 <ラケシス(Lachesis)

スマートコントラクト <EVM互換

総発行枚数 おおよそ31憶(FTM)

管理機関 FTM財団

公式ページ Fantom

Twitter Fantom

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)の特徴

ファントムの分散型金融(DeFi)

ファントムの分散型金融(DeFi)は、「FTM」を担保に作成されたUSDと1:1の「fUSD」を用いたもので、これを使用しファントムの合成資産であるf型の資産取引や貸し借りなどの金融サービスなどの利用が可能となっています。

f型の合成資産は、「FTM」へいつでも償還可能となっておりリスク回避の仕組みも整っています。

これらの仕組みは、「非同期ビザチン・フォールト・トレランス(aBFT)」に基づくものとされ不正や悪意からのリスクやセキュリティ性もしっかりしています。

オペラ(Opera)

オペラ(Opera)は、ファントムの独自アルゴリズムに基づき構築された分散型アプリケーション構築のためのオープンソースとしてイーサリアム仮想マシン(EVM)と完全な互換性と持ちながら、弱点の改善を組み込んだものとなっています。

ラケシス(Lachesis)

ファントムの中核的アルゴリズムで、既存コンセンサスアルゴリズムにおける効率・速度・最終性などの限界突破を図るために採用された「非同期ビザチン・フォールト・トレランス(aBFT)アルゴリズム」として、リーダーや同期・交換を必要とせず独立した形で決定を行うため、分散化の結果として高効率・低コスト・スケーラブル・高セキュリティを可能とします。

また、セキュリティにおいては分散することでセキュリティ負担を少数に限定しないことで安全と公平を保ちます。

このアルゴリズムに基づき、「リーダーレスのプルーフ・オブ・ステーク」として高性能レイヤー1プラットフォームであるオペラ(Opera)が設計されています。

プルーフ・オブ・ステーク(POS)

プルーフ・オブ・ステーク(POS)とは取引承認のメカニズムの主要な1つで、ステーキング(掛ける)することによりネットワーク参加者となることができ、ステーキング(掛ける)枚数が多い参加者の中から取引承認者が選定される仕組みです。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要で処理が膨大とならないため、負担なくスムーズに承認処理が可能となり個人のパソコンなどからでも参加が容易となっている。

ステーキング(掛ける)によるマイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、ステーキング期間と枚数が多いほどマイニング報酬が多くなります。

デメリットは保有枚数が多い者に偏ってしまうことで起こりうる不正などの可能性があることです。

トークンユースケース

公式より引用
  • インセンティブのためなどのステークによるファントムネットワークの保護
  • ファントムエコシステム内の手数料などの支払い
  • オンチェーンガバナンス投票・アクセス権
  • 決済など支払い
  • 合成資産作成と分散型金融の体験

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Fantom/ファントム(FTM)の今後の将来性

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年3月7日

ファントム関連プロジェクトの開発者2名が界隈の撤退をツイッターで公開

(終了するアプリ・サービスや影響するプロジェクトについても)

※メディアなどにも掲載される

2021年12月16日

仮想通貨取引委所バイナンスUS上場

2021年7月13日

D’CENTウォレット統合

◎2021年6月17日

仮想通貨取引所ジェミニ(GEMINI)上場

仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)上場

◎2021年6月17日

エルサルバドルデジタル化、世界銀行の支援拒否される

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月9日

ウズベキスタンITインフラ投資コンサル企業「AGメンター」と提携を公表

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

◎2021年6月1日

Coin98ウォレット上場

〇2021年5月29日

レンプロトコルと統合

※これによりレンプロトコルのブリッジングなどの相互運用性が提供される

〇2021年5月27日

仮想通貨取引所クリプトドットコム(Crypto.com)上場

※メディア記事(コインポスト)にも掲載

〇2021年5月21日

ファントム上でエルクファイナンスの立ち上げを発表

〇2021年5月18日

Mathウォレットがファントムをサポート

〇2021年5月7日

タジク政府と提携

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年5月9日

メディア記事(ブロックテレグラフ)に掲載、偽装品や不正輸入ソリューションに関する記事

〇2021年4月30日

@SekandariBarek氏がCOOに選出される

〇2021年4月29日

ファクトムブロックチェーンエクスプローラーを発表

〇2021年4月28日

メディア(コインデスク)記事に掲載される

〇2021年4月28日

ハイパーチェーンと提携発表

●2021年4月27日

ゴーオペラアップデートを発表

2021年4月15日

スーパーファームと提携

〇2021年4月13日

クローバーファイナンスと提携

〇2021年4月12日

オリオンプロトコルと提携

●2021年4月6日

アフガニスタン鉄道局がファクトムのブロックチェーン技術を採用したことを発表

〇2021年3月26日

相場悲観

〇2021年3月23日

Covalent_HQと提携

〇2021年3月19日

DAOメーカーと提携

資金調達が可能に

〇2021年3月16日

hedgeyfinancと提携

〇2021年3月5日

バンドチェーンと提携

〇2021年3月1日

バイナンスチェーンブリッジングを発表

〇2021年2月26日

カーブファイナンスと提携

〇2021年2月25日

新しいブロック確認の事故(不具合)発生

2021年2月25日

グラフと提携

〇2021年2月24日

アラメダリサーチと提携

〇2021年2月23日

メディア(コインテレグラフ)記事に掲載される

〇2021年2月23日

イーサリアムブリッジングを発表

●2021年2月19日

アフガニスタン国家標準機関は、ファクトムブロックチェーンを利用し国家認証を発行することを発表した。

2021年2月13日

ウクライナデジタルトランスフォーメーション省がファクトムブロックチェーンへの協力を提供することを発表

〇2021年2月9日

ファクトム2月アップデート公表

〇2021年2月5日

UniLendがファクトムの合成資産である(fUSDやfEURなど)を統合

〇2021年2月4日

レジャーナノS&ナノXでファントム(FTM)をサポート

〇2021年2月3日

分散型取引所1inchiに上場

2021年1月28日

coinbaseカストデイがファクトムをサポート

〇2021年1月26日

分散型取引所SUSHIスワップ上場

〇2021年1月25日

ファクトム1月アップデート公表

2021年1月20日

FTMscanエクスプローラーリリース

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました