ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Aventus(AVT)とは?特徴や将来性の解説まとめ【CRYPTO】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Aventus(AVT)とは?特徴や将来性の解説まとめ【CRYPTO】

aventus-avt

仮想通貨 Aventus(AVT)とは?特徴や将来性の解説まとめ【CRYPTO】

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

仮想通貨 Aventus(AVT)とは?

ポルカドットチェーンに基づいて構築されたレイヤー2スマートコントラクトプラットフォームとして、B2Bコマース(インターネット上の電子取引)におけるインフラとして開発拡大しています。

ティッカーシンボル <AVT>

承認方式 <プルーフ・オブ・ステーク(PoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <10,000,000(AVT)

管理機関 <>

公式ページ https://www.aventus.io/

Twitter <>

ホワイトペーパー <>

ドキュメント https://www.aventus.io/documentation/

仮想通貨 Aventus(AVT)の特徴

ポルカドットのパラチェーンである

出典:公式サイト

Aventusは、ポルカドットのパラチェーンとしての相互運用性とパフォーマンスを有したレイヤー1のソリューションプラットフォームです。

これにより、開発者は低い参入障壁(言語によるものなど)で安全性や拡張性に優れた環境を利用可能となります。

マルチレイヤーソリューション

Aventusは、レイヤー1とレイヤー2のインフラアーキテクチャソリューションとしての側面を持つ。

このため、イーサリアムならびに他のレイヤー1チェーンとのシームレスな相互運用性を開発拡張している。

トークンユースケース

  • ネットワーク参加とインセンティブとステーキング
  • コミュニティガバナンスへのアクセス

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスをはじめよう!

仮想通貨 Aventus(AVT)の将来性

取引所への上場

仮想通貨 Aventus(AVT)は、上場している取引所が今時点では少ないことが将来性として挙げられる。

流通枚数のことを考えると、どんな形で取引所への上場を増やしていくかは気になるところではあるが、いずれにしても取引所上場が決まれば一時的でも価格は高騰する可能性が非常に高い。

90%以上発行済みである

執筆時点では総発行枚数10,000,000枚に対し、9,230,885枚が流通枚数とされている。

総発行枚数が少ないのもそうなのだが、流通しきっていることから希薄化による価格の下落がしづらく高騰しやすいと言える。

※注意としては、ガバナンスなどにより発行上限が増やされる可能性がありえることだ。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年6月7日

仮想通貨取引所Bittrex上場

●2022年2月5日

仮想通貨取引所コインベース上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(Kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました