ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Harmony-ONE

仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)で今後予定されるネタや将来性について!

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)とは?

2019年6月、ハーモニーはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)における次の進化を(効率化やスケーラビリティ)に焦点を充てたシャーディング(並列処理)ベースソリューションとして、多くの人々がストレスなく取引できるサービスを目的とし誕生しました。

ホワイトペーパーより

ハーモニーはビーコンチェーン(メインチェーン)として並列チェーンと独自のアルゴリズムを導入することにより、イーサリアムやポルカドットなどと比べても勝るスケーラビリティ、トランザクション処理を誇ります。

更なるストレスレスを目指して、承認や取引の集中化を軽減する目標を持ち開発が進められています。

主に、イーサリアムのレイヤ2ソリューションにおける関連アプリ相互運用、データ処理やNFT売買マーケットプレイスを目的としサービス展開をしている。

ティッカーシンボル ONE

承認方式 エコノミー・プルーフ・オブ・ステーク(EPoS)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ Harmony

Twitter Harmony

ホワイトペーパー harmony.one

ドキュメント <>

仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)の特徴

Harmony(ハーモニー)に関わる優秀な開発者チーム

GoogleやAmazonのエンジニア、ハーバードビジネススクール出身者、スタンフォード大学の元人工知能の研究者などが開発に関わっている。

エコノミー・プルーフ・オブ・ステーク(EPoS)

エコノミー・プルーフ・オブ・ステーク(EPoS)とは、プルーフ・オブ・ステークの改良版とも言える独自の承認方式で、発行手数料を相殺するためのバーン(焼却)が行われる。

年間発行を441,000,000(ONE)に発行を制限する仕組みでネットワーク使用量が増加すると自然にゼロインフラとなる承認方式です。

これにより流動性向上や価格変動にも間接的に影響するだろう。

プルーフ・オブ・ステーク(POS)

プルーフ・オブ・ステーク(POS)とは取引承認のメカニズムの主要な1つで、ステーキング(掛ける)することによりネットワーク参加者となることができ、ステーキング(掛ける)枚数が多い参加者の中から取引承認者が選定される仕組みです。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要で処理が膨大とならないため、負担なくスムーズに承認処理が可能となり個人のパソコンなどからでも参加が容易となっている。

ステーキング(掛ける)によるマイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、ステーキング期間と枚数が多いほどマイニング報酬が多くなります。

デメリットは保有枚数が多い者に偏ってしまうことで起こりうる不正などの可能性があることです。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)シャーディング

ホワイトペーパーより引用

通貨保有量でマイナーを決める仕組みにマイナー特定防止のために乱数生成と生成の遅延を組み合わせることで集中化防止とリスク軽減を図るためのアルゴリズムである。

各ノードに処理分散を図ることでよりスケーラブルで処理遅延も限りなく少なくすることが可能とされている。

プラクティカル・ビザチン・フォールト・トレランス(PBFT)は、リーダー切り替えと再スタートのため使用されるようです。

ホワイトペーパーより引用

乱数生成に用いられる技術は、証明された乱数(VRF/ verifiable random function)で秘密鍵とその証明によって保護された攻撃耐性を持つアルゴリズムです。

乱数生成に組み合わせとして用いられている技術は、確実で証明可能な遅延(VDF/Verifiable Delay Fanctions)で、証明された乱数により設定された時間に参加者を選出、計算による確実な遅延とするものです。

プラクティカル・ビザチン・フォールト・トレランス(PBFT)

ホワイトペーパーより引用

組織向けの合意形成の仕組みで、リーダーとその下位に属する承認ノードとして選出されたメンバーにより不正などの改ざんがないか検証され一定数の結果を経てトランザクションの実行に至る中央集権性のある仕組みです。

組織構成により故障などの耐性を兼ね備えたものとなっていますが、これらを踏まえても高効率でスケーラブルな取引処理が可能となっています。

ビザチン・フォールト・トレランス(BFT)

障害のあるノードや破壊的ノードからの保護を含む合意形成の仕組みで、提案に対し参加者から2/3以上の投票が行われると(多数決での決定により)、ブロックが完成してチェーンに追加されます。

ただし、昨今ではこれだけでは脆弱とされ追加のメカニズムを採用することで強化したものが使用されており弱い意味での例えとして表現に使われる場合が多いように思われる。

昨今、非同期ビザチン・フォールト・トレランス(ABFT)といった上位アルゴリズムの踏み台として抜け穴のあるアルゴリズムのような表現がされている場合もあります。

Kademilia(Kad)

分散型コンピューティングのための分散ハッシュテーブルで、これによりデータの参照や検索が容易となっており、承認処理分散の負担軽減による効率化とDOS攻撃への耐性として動作する。

BLS著名アルゴリズム

BonehLynnShachamが提案したペアリングを使った、簡単構成の独自著名アルゴリズムで、これによりスケーラブル実現やいろいろな機能・技術の組み込みも容易となります。

トークンユースケース

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Harmony/ハーモニー(ONE)の今後の将来性

最新のロードマップ

2022年に挙げられている成長のテーマは以下とされています。

  • 開発者、パートナー、ハッカソン、イベントでのワークショップなどを通じてリーチ拡大
  • クロスシャードとクロスチェーントランザクションによる相互運用性向上
  • バリデーターコミュニティとネットワーク機能拡大などによるさらなる分散化
  • ユースケースの創出と製品研究による「ゼロ知識証明」

また、長期的なビジョンが掲載された記事では以下の内容が記されています。

  • 2022年Q1:ビットコイン/イーサリアムブリッジ、Blue Metaverse、ZKProofコース、ソーシャルNFTウォレット、ステーキング契約、OpenSeaへのクロスチェーン
  • 2022年Q2:「BlueTo Fly」ソーシャルトークン、固定レート製品、分散型RPC、Terra / Polygon Bridge、ステーキングデリバティブ、クロスシャードトランザクション
  • 2022年Q3:1秒のファイナリティ、高速ストリーミング同期、安全なリシャーディング、分散型オペレーション、州の剪定、コスモス/ポルカドットブリッジ、メタバースフェスティバル
  • 2022年Q4:zkSyncロールアップ、プライベート認証
  • 2023年:zkEVMブリッジ、プライベートスワップ、10万人の学者
  • 2024年:ステートレスクライアント、共謀防止資金
  • 2025年:10,000DAOのすべての財務

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

2021年1月3日~

web3イベントでマイルストーンとロードマップ公開

※Twitterピン止め変更

●2021年12月13日

「DAY ONE」イベント

2021年7月7日

「How to Use Sushi on Harmony」イールドファーミングを公表

※Twitterピン止め変更

〇2021年6月2日

マイアミ仮想通貨会議2021出席

〇2021年3月30日

クロスチェーンブリッジ「ハーモニーホライゾン」アップデート

BSCとONEのブリッジングが可能に。

〇2021年3月27日

ハーモニーがシンプレックスと提携

クレジットカード、デビットカードで「ONE」が購入可能になる

○2021年3月18日

Blits Labsのブリット・ウォレット(Blits Wallet)に統合

○2021年3月14日

リーフファイナンス(ReefFinance)と提携

〇2021年3月9日

ポルカドットブリッジング発表

○2020年11月

ホライゾンブリッジ立ち上げを発表

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました