ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | Kiccho Crypto Blog

仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Kava_Network-KAVA

仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)で今後予定されるネタや将来性について!

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)とは?

出典:公式ドキュメント

コスモスチェーンからの分散化で誕生したプラットフォームです。

ファイナンス系流動性アグリケータープラットフォームで分散型金融(DeFi)のインフラストラクチャで、チェーン上の相互運用や拡張性を秘めています。

「KAVA」はユーティリティーやインセンティブ、安定暗号通貨との借り入れ担保として流通している通貨のようです。

ティッカーシンボル <KAVA>

承認方式 <>

採用技術 <テンダーミント(Tendermint)・EVM互換>

スマートコントラクト <コスモスウェブアセンブリー(CosmWasm)>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ kava.io

Twitter Kava Labs

ホワイトペーパー <>

ドキュメント kava.io

仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)の特徴

コスモスSDK

公式より引用

コスモスチェーン上のアプリケーション構築のためのツールセットです。

Go言語で記述されたものとなっており、「CosmWasm」モジュールをプラグインすることで新しいスマートコントラクトとしてオープン標準の開発が可能となります。(主にRUST開発者向けとされる)

出典:CosmWasm公式サイト

CosmWasmは、コスモスプラットフォーム上のスマートコントラクトプラットフォームでありコスモスSDKにウェブアセンブリー(WASM/WebAssembly仮想マシンを組み込むためのモジュールとして記述されたものです。

ウェブアセンブリー(WASM/WebAssemblyとは、「WEBASSEMBLYコミュニティグループ」によって策定されるオープン標準としてスケーラブルで高効率なウェブ開発コードとして様々なプラットフォームから実行が可能です。

多くのC/C++やRustなどをWASMにコンパイルすることも可能となっており、ブロックチェーンでは仮想マシン(VM)の役割としてスマートコントラクトを担います。

テンダーミント(Tendermint)

テンダーミントより引用

テンダーミント(Tendermint)は、コスモス(Cosmos)エコシステムの中核として採用・開発されている多様性と安全性に優れた独自のビザチン・フォールト・トレランス(BFT)メカニズムです。

これを担うのが2つの技術コンポーネントで、コンセンサスモジュール「テンダーミントコア(TendermintCore)」、これを通じて機能する「アプリケーション・ブロックチェーン・インターフェース(ABCI)」である。

テンダーミントコア(TendermintCore)は、トランザクションが全てのマシンで同じタイミングに等しく記録されることを保証する分散型コンピューティングとして機能し、ビザチン・フォールト・トレランス(BFT)で不具合が起きても機能することが可能となっています。

アプリケーション・ブロックチェーン・インターフェース(ABCI)は、ブロックチェーンからのデータを統合レイヤーに介すことで、あらゆる言語でのアプリケーション(BFTを含む)開発を可能とします。

また、これらはモジュールとして分離されておりコンセンサスアルゴリズムなど気にせず、既存のフレームワークを使用することで全体の構築をする必要なく容易にアプリケーション構築が可能となっています。

ハードプロトコル

クロスチェーンでの借り入れやインセンティブのためのプロトコルです。

プロトコルトークン「HARD」と「KAVA」が利用可能です。

カバスワップ

クロスチェーン資産交換のためのプラットフォームです。

トークンユースケース

バイビット(ByBit)

とにかく日本人に一番人気の国外取引所です。

使いやすさ安心感も抜群だし、サービス豊富でかなり満足!

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Kava Network/カバ(KAVA)の今後の将来性

KAVAメインネット9アップデート

出典:公式サイト

IBCプロトコル統合による新しいユーザビリティをサポートするとされている。

アーン(Earn)やローンチパッド、新たなツールやイーサリアムブリッジモジュールなど様々な期待がある。

ローンチパッドに関してはガバナンストークンとしておそらく流通することになるので、そうなれば需要の増加や生態系が拡大することも期待されます。

最新のロードマップ

  • 2022年5月-Kava Network GameFi+NFTインセンティブプログラム
  • 2022年6月-KavaNetworkDeFiインセンティブプログラム
  • 2022年Q3-カバ財団の立ち上げ
  • 2022年Q3-CosmWasmサポート
  • 2022年Q3-BSCブリッジの立ち上げ
  • 2022年Q4-BTCネイティブブリッジの立ち上げ
  • 2022年Q4-MINTトークンの起動

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2021年1月7日

KAVA9アップデート関連

●2021年12月末

KAVA9アップデート関連

2021年8月30日

メインネットアップデート

〇2021年6月29日

センターコンソーシアムがUSDCを利用可能とする銘柄として挙げる

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました