ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)とは?特徴や将来性、買い方と運用のコツ徹底解説【CryptoKC】

Flare_Finance-EXFI

この記事はこんなかた向け

  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)について知りたい!
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の特徴とか将来性を知りたい!
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の買い方と運用する場合のコツが知りたい!

仮想通貨専業トレーダーとして活動している きっちょ(kiccho)がこれらの悩みを解決します

本記事の内容

  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)とは?
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の特徴
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の将来性
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の買い方
  • 仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の運用のコツ

仮想通貨をはじめるには日本の取引所で口座開設が必要になります。

初心者はとりあえずコインチェックがおすすめです。

口座開設はタダですし、数分でカンタンに出来ちゃいます。

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)とは?

ティッカーシンボル EXFI

承認方式 <>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ フレアファイナンス (flr.finance)

ホワイトペーパー Flare Finance

ドキュメント <>

公式より引用

フレアファイナンス(FlareFinance)は、アバランチチェーン上のプロジェクトでイーサリアム仮想マシン(EVM)互換を持つピアツーピア(P2P)で、Web3(分散化されたインターネット)を促進する分散型金融ネットワークプロジェクトです。

非営利団体の フレアファイナンス(FlareFinance)財団により、監督、マーケティング、開発支援、コミュニティ成長拡大などフレアネットワークにおける分散化のための開発運用がされています。

2021年9月に、フレアファイナンスエコシステム内のフレアローンプラットフォーム(ソングバードExFi v2のリブランド)による安定コインの発行とローンサービスで「EXFI」ベータ版の発表がされ、追って「SGB」などによるエアドロップで流通しました。

フレアローンプラットフォームは実験金融などと公表されており、「EXFI」は段階を踏んで完成へと向かいます。

「EXFI」は、複数のコンテンツやメカニズムによる分散型金融(DeFi)ネットワークの主たるユーティリティならびにガバナンストークンとして流通するものと思われます。

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の特徴

分散型金融(DeFi)ネットワークプラットフォーム

公式より引用

フレアファイナンス(FlareFinance)は6つの DeFi製品と関連サービスを主要に提供する「分散型金融(DeFi)ネットワークプラットフォーム」です。

ガバナンス投票へのアクセス や ユーティリティ、エコシステム内の支払いなどに利用されるエコシステムトークンとして「YFLR」や「YFIN」などのトークンも流通している「マルチアセット」のメカニズムとなっています。

これにより、価値の均衡などが保たれ、直接的なボラティリティ(価値の乱高下)などからの保護効果と相互作用による相乗利益などが働きます。

公式より引用
フレアX(FlareX)

フレアファイナンスのエコシステム内の自動化された市場メーカー(AMM)に流動性を提供する、スワップと信用取引プラットフォームです。

スパムなどの対策は管理提案などによって守られています。

トークンの追加や、生態系内のブリッジされた「Fアセット」トークンを容易にクロスチェーン取引することが可能となり、これらは管理提案によって承認される。

フレアファーム(FlareFarm)

フレアファイナンスのエコシステム内の収量農業とローンチパッド(新プロジェクト打ち上げのための流通プラットフォーム)です。

「Fアセット」やプール用トークン保有者は利回りや打ち上げの分配に参加することが出来ます。

新しいプロジェクトは生態系へ参加します。

フレアラップ(FlareWrap)

フレアファイナンスのエコシステム内のクロスチェーン資産ブリッジプラットフォームです。

「Fアセット」などを介してエコシステムの橋渡しを可能とします。

フレアローン(FlareLoans)

フレアファイナンスのエコシステム内の承認されたトークンによる貸し出しと借り入れが可能なピアツーピア(P2)分散型ローンプラットフォームです。※旧名(ソングバードExFi v2)

ソングバードプラットフォームより機能提供されており、2021年にエアドロップでプラットフォームトークン「EXFI」が登場したようです。

現状は「実験金融」などとされています。

フレアミューチュアル(FlareMutual)

フレアファイナンスのエコシステム内のピアツーピア(P2P)保険投資信託プラットフォームです。

ユーザーは資産、プロジェクト、スマート契約、エージェント、管理人などを購入または提供できるとされています。

フレアマイン(FlareMine)

フレアファイナンスのエコシステム内の収量採掘プラットフォームです。

ユーザーはマイニングプールにハッシュを貢献することにより、スパーク(FLR)、トラストレスBTC(FBTC)、トラストレスLTC(FLLTC)を

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の将来性

将来性のまとめ

  • プラットフォームの成長
  • 取引所への上場

では、順番に解説していきましょう。

プラットフォームの成長

フレアファイナンスは、おわかりのように開発段階である。

今後のプラットフォームならびにネットワーク成熟はほぼ間違いなく、それにつれ注目や認知度、コミュニティの拡大などが大いに期待できます。

これらによりトークンホルダーも増え、価格を引き上げやすくなっていきます。

取引所への上場

「EXFI」トークンは、中堅取引所などへの上場はしているものの主要大手の取引所などへの上場は果たしておりません。

今後、バイナンスやコインベース、クラーケン、フオビ、Crypto.comなど注目される取引所に上場すれば一時的なトークン価格の爆上げはもちろん、今後のプロジェクト成長も一気に加速することでしょう。

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の買い方

買い方の手順まとめ

  • コインチェックへ 日本円 を入金して XRP を購入する
  • MEXC Global XRP 入金アドレスの作成する
  • コインチェック XRP を作成した入金アドレスへ送金する
  • MEXC Global XRP を売却する
  • MEXC GloalEXFI を購入する

仮想通貨 Flare Finance/フレアファイナンス(EXFI)の運用のコツ

フレアファイナンスは、おわかりの通り未成熟すぎます。

今後の伸びしろが多く、価格を爆上げることも幾度かあると予想されます。

ひとまずは取引所への上場が一番注目される点ではないでしょうか?

とすれば、執筆時点現在では少しずつ大相場に合わせて買増していくのがおすすめです。

売りきるタイミングはしばらく先となりそうなので、ステーキングなどで枚数を増やしておくのが良いでしょう。

ステーキングに関しては、1月を繰り返していれば売り切りのタイミングを逃す確率はかなり下がりますのでそちらをおすすめします。

その他の情報

ファンダ情報

  • ●2022年1月27日
  • 仮想通貨取引所 コインEX 上場
  • ●2022年1月13日
  • 仮想通貨取引所 LBANK 上場
  • ●2022年1月12日
  • 仮想通貨取引所 ビットフォレックス(Bitforex)上場
  • ●2022年1月6日
  • コインゲッコー、コインマーケットリスト
  • 仮想通貨取引所 ビットゥルー(Biture)上場
  • 2022年1月5日
  • 仮想通貨取引所 MEXC Global 上場
  • ●2022年1月4日
  • 仮想通貨取引所 ビッグワン(BigONE)上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ Kiccho

仮想通貨専業トレーダー

心理、ファンダ、テクニカル、時系列、トレンドなど総合的な分析による投資手法が得意です。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

最近の更新・投稿ページ

サイトマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました