ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 XinFin(XDC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 XinFin(XDC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Xin_Fin_Network-XDC

仮想通貨 XinFin(XDC)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ

このページでわかること!
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 XinFin(XDC)とは?

2016年11月、「Coda」プラットフォームのコードが公開される。

2020年10月、イギリスの協同組合「Cordite Co-operative」、分散台帳技術を開発する企業「R3」のオープンソースブロックチェーン「Corda」ベンダーフリーのプラットフォームでローンチした通貨である。

「R3」は金融における分散台帳の研究開発コンソーシアムを率いており、コンソーシアムには金融機関70社以上が参加しているとされ、SBIホールディングスと提携もしている

「Corda」は、世界3大エンタープライズブロックチェーンといわれ、各国の金融機関を中心に採用されている。オープンソースネットワークも稼働している。

XDCトークンは「Corda」上の分散型アプリケーションの運用に充てるために誕生し、”売買における仲介手段のトークン(ユーティリティトークン)”に該当すると示されている。

「Corda」は銀行間取引の利便性を維持・向上に焦点を充て設計されており、チェーン上の分散型アプリケーションの相互運用における時間短縮、コスト削減などを目的とする。

Cordite DAO(分散型自律組織)、要なチェーン上の参加者は法人とされ、自動的にコンプライアンスやマネーロンダリング防止に繋がるとされている。

XDCトークンのOTC流動性およびカストディサービスを提供するのは、イギリスの機関投資家向け仮想通貨サービスプロバイダー「BCB Prime Services」とされている。

ティッカーシンボル <XDC>

承認方式 <XinFin・プルーフ・オブ・ステーク(XDPoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ xinfin.org

Twitter XinFin_Official

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 XinFin(XDC)の特徴

XinFin・プルーフ・オブ・ステーク(XDPoS)

XinFin・プルーフ・オブ・ステークとは、PoWなど他の承認方式よりスケーラブルな承認を行う事を目的とし設計されています。

ネットワーク参加者は誰がインフラストラクチャを提供するかを制御でき、採掘トークンは報酬以外に運営費用にも充てられる仕組みである

中央集権性により監視し安全性を維持、ただしユーザー監視による監視により非中央集権性も兼ね備えており、これらによってはるかに効率的な処理がなされるとされている。

DASLを搭載

DASLとは?

ブリッジング技術で、データを Cordaネットワークに非公開で記録でき、限られたデータ・セットを XDCパブリック・ネットワークに転送し、本質的に、機関のリスクを軽減し、Corda をハイブリッド・ネットワークに変えることができ、Corda上のアプリにXDCトークンを共有接続できるように拡張されています。

トークンユースケース

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 XinFin(XDC)の今後の将来性

フレアファイナンスと提携

①双方向ブリッジング

双方向ブリッジングにより、それぞれのネットワーク上の資産の可能性を互いのネットワークへ持ち込める。

②フレアX(Flare-X)

XinFin(XDC)はフレアX(Flare-X)に上場、サポートする安定コイン(F通貨)などで売買取引可能になる。

($FDOGE、$FXRP、$FADA、$FALGO、$FLTC、$FBCH、$FXLMなど)

③ローンチパッド

XinFin(XDC)の新たなプロジェックと創出の機会を提供する。

④フレアファーム(Flare-Farm)

XinFin(XDC)はフレアファーム(Flare-Farm)に上場することで保有者に対して、新たな生産性と利益($YFIN獲得)をもたらす。

⑤フレアローン(Flare-Loans)

XinFin(XDC)はフレアローン(Flare-Loans)にリストされ、貸出を行うことで報酬($YFIN)を得ることが出来る

⑥フレアミューチュアル(Flare-Mutual)

XinFin(XDC)はフレアミューチュアル(Flare-Mutual)にリストされ、生産高として報酬($YFIN)を獲得する機会や代金支払いなどで利用可能となります。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

2021年11月26日

仮想通貨取引所ゲート(Gate)上場

仮想通貨取引所LBANK上場

2021年9月29日

メディア(グローバルトレードビュー)に掲載される

※金融貿易におけるXDCのパフォーマンスと優位性について

2021年9月22日

メディア(linkedin.com)に掲載される

※「DASL(ブリッジング)」について

●2021年8月5日

「レジャーメール」公開を発表

〇2021年7月13日

D’CENTウォレットがXDCのDapps(分散型アプリケーション)のサポートを公表

〇2021年6月24日

TATUMと提携

※アプリケーション構築のインフラストラクチャ

◎2021年6月17日

フレアファイナンス(Flare Finance)と提携を公表

◎2021年6月13日

XinFinとフレアファイナンス提携

〇2021年5月6日

KuCoinに上場

〇2021年5月5日

LGCYネットワークと提携、相互運用性を高める

〇2021年3月30日

「cryptoninjas」にてサービス展開に向けたマイルストーンとして記事が公開される。

〇2020年10月22日

IBMとR3がパートナーシップ提携

〇2021年3月29日

リキッドグローバルのスワップ機能へ上場

〇2021年2月8日

ビットゥルーに上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました