ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨 XinFin(XDC)とは?特徴や将来性、買い方と運用のコツ徹底解説【CryptoKC】

Xin_Fin_Network-XDC

この記事はこんなかた向け

  • 仮想通貨 XinFin(XDC)について知りたい!
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の特徴とか将来性を知りたい!
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の買い方と運用する場合のコツが知りたい!

仮想通貨専業トレーダーとして活動している きっちょ(kiccho)がこれらの悩みを解決します

本記事の内容

  • 仮想通貨 XinFin(XDC)とは?
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の特徴
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の将来性
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の買い方
  • 仮想通貨 XinFin(XDC)の運用のコツ

仮想通貨をはじめるには日本の取引所で口座開設が必要になります。

初心者はとりあえずコインチェックがおすすめです。

口座開設はタダですし、数分でカンタンに出来ちゃいます。

仮想通貨 XinFin(XDC)とは?

ティッカーシンボル <XDC>

承認方式 <XinFin プルーフ・オブ・ステーク(XDPoS)>

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 <>

公式ページ xinfin.org

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

2016年11月、「Corda」プラットフォームのコードが公開される。

2020年10月、イギリスの協同組合「Cordite Co-operative」、分散台帳技術を開発する企業「R3」のオープンソースブロックチェーン「Corda」ベンダーフリーのプラットフォームでローンチした通貨である。

「R3」は金融における分散台帳の研究開発コンソーシアムを率いており、コンソーシアムには金融機関70社以上が参加しているとされ、SBIホールディングスと提携もしている

「Corda」は、世界3大エンタープライズブロックチェーンといわれ、各国の金融機関を中心に採用されている。オープンソースネットワークも稼働している。

XDCトークンは「Corda」上の分散型アプリケーションの運用に充てるために誕生し、”売買における仲介手段のトークン(ユーティリティトークン)”に該当すると示されている。

「Corda」は銀行間取引の利便性を維持・向上に焦点を充て設計されており、チェーン上の分散型アプリケーションの相互運用における時間短縮、コスト削減などを目的とする。

Cordite DAO(分散型自律組織)、要なチェーン上の参加者は法人とされ、自動的にコンプライアンスやマネーロンダリング防止に繋がるとされている。

XDCトークンのOTC流動性およびカストディサービスを提供するのは、イギリスの機関投資家向け仮想通貨サービスプロバイダー「BCB Prime Services」とされている。

仮想通貨 XinFin(XDC)の特徴

特徴のまとめ

  • 独自のコンセンサスによるパフォーマンスを有する
  • DASLブリッジングとハイブリッド化による安全性

では、順番に解説していきましょう。

独自のコンセンサスによるパフォーマンスを有する

XinFinは、独自のコンセンサス「XinFin プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用しています。

これは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)など他の承認方式よりスケーラブルな承認を行う事を目的とし設計された XinFin特有のステークコンセンサスとなっており、ネットワーク参加者は誰がインフラストラクチャを提供するかを制御でき、採掘トークンは報酬以外に運営費用にも充てられる仕組みである

また、中央集権性により迅速に監視し安全性を維持、ただしユーザー監視による監視により非中央集権性も兼ね備えており、これらによってはるかに効率的な処理がなされるとされている。

DASLブリッジングとハイブリッド化による安全性

XinFinは、「DASL」と呼ばれるブリッジング技術で、データを「Corda」のネットワークに非公開で記録でき、限られたデータ・セットを XDCパブリックネットワークに転送することにより、機関のリスクを軽減し、「Corda」 をハイブリッドネットワークに変えることができ、「Corda」ネットワーク上のアプリにXDCトークンを共有接続できるように拡張されています。

仮想通貨 XinFin(XDC)の将来性

将来性のまとめ

  • フレアファイナンスによるユースケース拡大

では、順番に解説していきましょう。

フレアファイナンスによるユースケース拡大

フレアファイナンスによるユースケース拡大が期待されます。

過去に公表された内容は以下の通りです。

①双方向ブリッジング

双方向ブリッジングにより、それぞれのネットワーク上の資産の可能性を互いのネットワークへ持ち込める。

②フレアX(Flare-X)

XinFin(XDC)はフレアX(Flare-X)に上場、サポートする安定コイン(F通貨)などで売買取引可能になる。

($FDOGE、$FXRP、$FADA、$FALGO、$FLTC、$FBCH、$FXLMなど)

③ローンチパッド

XinFin(XDC)の新たなプロジェックと創出の機会を提供する。

④フレアファーム(Flare-Farm)

XinFin(XDC)はフレアファーム(Flare-Farm)に上場することで保有者に対して、新たな生産性と利益($YFIN獲得)をもたらす。

⑤フレアローン(Flare-Loans)

XinFin(XDC)はフレアローン(Flare-Loans)にリストされ、貸出を行うことで報酬($YFIN)を得ることが出来る

⑥フレアミューチュアル(Flare-Mutual)

XinFin(XDC)はフレアミューチュアル(Flare-Mutual)にリストされ、生産高として報酬($YFIN)を獲得する機会や代金支払いなどで利用可能となります

仮想通貨 XinFin(XDC)の買い方

買い方の手順まとめ

仮想通貨 XinFin(XDC)の運用のコツ

XinFinのXDCは、金融の主となるプラットフォームで燃料ならびにガバナンストークンとして流通するものになります。

日本ではトレンドになりやすい銘柄のため、今後のバブルで価格が跳ねる可能性が結構高いと考えられます。

将来的なユースケースならびに市場拡大もそれなりに期待できるため、買い増ししていき上昇前にステーキング1月などとして入れながら売りタイミングを計るのが良いと思います。

※注意点は、海外トレンドに全然あがってこないことからジャパンプレミアム的銘柄だと言えることです。

その他の情報

ファンダ情報

  • 2021年11月26日
  • 仮想通貨取引所 Gate.io 上場
  • 仮想通貨取引所 LBANK 上場
  • 2021年9月29日
  • メディア(グローバルトレードビュー)に掲載される
  • ※金融貿易におけるXDCのパフォーマンスと優位性について
  • 2021年9月22日
  • メディア(linkedin.com)に掲載される
  • ※「DASL(ブリッジング)」について
  • ●2021年8月5日
  • 「レジャーメール」公開を発表
  • 〇2021年7月13日
  • D’CENTウォレットがXDCのDapps(分散型アプリケーション)のサポートを公表
  • 〇2021年6月24日
  • TATUMと提携
  • ※アプリケーション構築のインフラストラクチャ
  • ◎2021年6月17日
  • フレアファイナンス(Flare Finance)と提携を公表
  • ◎2021年6月13日
  • XinFinとフレアファイナンス提携
  • 〇2021年5月6日
  • 仮想通貨取引所 KuCoin 上場
  • 〇2021年5月5日
  • LGCYネットワークと提携、相互運用性を高める
  • 〇2021年3月30日
  • 「cryptoninjas」にてサービス展開に向けたマイルストーンとして記事が公開される。
  • 〇2020年10月22日
  • IBMとR3がパートナーシップ提携
  • 〇2021年3月29日
  • リキッドグローバルのスワップ機能へ上場
  • 〇2021年2月8日
  • 仮想通貨取引所 Bitrue 上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ Kiccho

仮想通貨専業トレーダー

心理、ファンダ、テクニカル、時系列、トレンドなど総合的な分析による投資手法が得意です。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

最近の更新・投稿ページ

サイトマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました