ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Lisk/リスク(LSK)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Lisk/リスク(LSK)とは?今後の将来性・チャートと価格予想・最新ニュースまとめ

Lisk-LSK

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス

バイナンスを使えるようにしておいた方が良い理由

  • 取り扱い銘柄は、取引が主要になるケースがかなり高い!
  • 主要な銘柄である、 BTCETHBNB などの運用にもっとも優れている!
  • 業界最大手なので、サービスが豊富使いやすさも抜群すぎる!

※使い方は簡単、国内取引所からお持ちの銘柄を送金するだけです。

仮想通貨 Lisk/リスク(LSK)とは?

2016年4月にCryptiというプロジェクト(分散型アプリケーションプラットフォーム開発)のメンバーにより分流(フォーク)して生まれた分散型アプリケーション開発用のプラットフォームです。

仮想通貨リスク(LSK)は、ユーティリティトークンでLiskエコシステムを活性化する為に存在しており、このユーティリティトークンはLiskブロックチェーンでの取引手数料の支払いに使用される。

リスク(Lisk)の開発言語はオープンソースであるJavaScriptで簡単にブロックチェーンを構築出来きるプラットフォームである。

  • 使いやすさとアクセシビリティに焦点を当て、世界No.1のブロックチェーン・アプリケーション・開発プラットフォームになることを目指している
  • ブロックチェーンに興味がある個人や企業の窓口になることを目的としている。

リスクの承認方式はDPoSで、投票で選ばれた101人の代表者が取引承認を行うことにより、不正をなくし公平な取引が可能となっている。

リスクは開発者支援のプロジェクトである。

マイクロソフトAzureなどとパートナーシップを締結している。

ティッカーシンボル <LSK>

承認方式 <デリゲード・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)>

ブロック生成サイクル <約10秒>

総発行枚数 <156,000,000(LSK)>

中央管理機関 <なし>

公式ページ https://lisk.io/

Twitter https://twitter.com/liskhq

ホワイトペーパー LiskWhitepaper.md

仮想通貨 Lisk/リスク(LSK)の特徴

サイドチェーン

メインのブロックチェーンとは別に、サイドチェーンと呼ばれるブロックチェーンへスマートコントラクトを書けるメリットがあります。

これにより処理の分散化が図れるため、処理効力がぐんと上がりますしバグの発生なども対応がスムーズに設計することが可能です。

親チェーンとサイドチェーン間の資産移動も可能なこと、サイドチェーン上で独自通貨を簡単に発行することも可能です。

親チェーンとサイドチェーン間の資産移動のことを「双方向ペグ(two-way pegging)」と呼びます。

また、何か問題が起きた場合でもサイドチェーンのみハードウォークすることで対処することが可能なことや、親チェーンに担保されていることで信用・安全性が担保されていると言えます。

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)

コンセンサスアルゴリズムはデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)で、LSKホルダー全員で好きな立候補者を選び投票することができる。

代表者は最大101人で、代表になった人はマイニングすることができる。

予め承認者を選ぶことで承認速度を10秒程度に抑えることを可能になっている。

仮想通貨LSK(Lisk/リスク)ではマイニングのことをForging(フォージング)と呼び、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼ぶ。

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)は、非中央集権的な面を持ちつつより平等に承認者を選定できることから、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)やプルーフ・オブ・ステーク(PoS)よりも優れていると言われています。

スマートコントラクトの採用

スマートコントラクトとは?プログラミングに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できるため、決済の短縮化や不正防止、コスト削減などにも寄与すると期待されています。
ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく破綻のリスクなどもなくなります。

LSK SDK

SDKとは?

「Software Development Kit」の略称であり、リスクプラットフォームでの開発者向けの開発環境・資料などのセットのことで、将来的にプライベートチェーンを様々な開発などのPoC(検証)に用いられるようになる。

LSKSDKは、だれでも簡単にNFTの作成やプロジェクトやアプリケーションなどのプライベートチェーンを立ち上げ可能とするリスクのアルゴリズムが採用された構築キットです。

開発のハードルが低い

Lisk(リスク)、は分散型アプリケーション(Dapps)などの構築や開発のプログラミング言語として「JavaScript(ジャバスクリプト)」を採用しています。

JavaScript(ジャバスクリプト)」はオープンで認知度の高い開発言語ですから、開発者やクリエイターなどの新規参入を容易としエコシステム拡大のポイントとなっています。

トークンユースケース

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス

バイナンスを使えるようにしておいた方が良い理由

  • 取り扱い銘柄は、取引が主要になるケースがかなり高い!
  • 主要な銘柄である、 BTCETHBNB などの運用にもっとも優れている!
  • 業界最大手なので、サービスが豊富使いやすさも抜群すぎる!

※使い方は簡単、国内取引所からお持ちの銘柄を送金するだけです。

今後の将来性

Liskビルダーズプログラム

開発者コミュニティを強化し、新規参入者を惹きつけることを目標としたプログラムである。

Lisk SDKを使ったブロックチェーンアプリケーションの概念実証を行うためのインセンティブを提供しました。

世界中から沢山の応募があり、18のプロジェクトがコミュニティによって選出されました。このようにLisk SDKを利用した実験が促されています。

インターオペラビリティ実装

Liskブロックチェーンのアプリケーションプラットフォームで、LSKトークンが中心的役割を果たし、すべてのサイドチェーンのトランザクション手数料として利用されるようになり、サイドチェーンおよびメインチェーン間、およびサイドチェーン同士のトランザクションが円滑に行われるようになる。

最新のロードマップ

エメラルド

プロトコルアップデートに注力する段階で、セキュリティ面やコンセンサスアルゴリズムであるDPoSのアップデート導入などが成されて全プロトコルの調査を完了し、現在リスク改善提案(LIP)が出されています。

サファイア

通信面のプロトコルを強化する段階で、既に公表されているリスク改善提案(LIP)に基づき異なるチェーン間の相互運用を実装、アプリケーションプラットフォームのリリースを目指します。

ダイヤモンド

リスクブリッジングをプラットフォームに導入し、アップデートの最終版を目指す段階とされています。

ブリッジの候補としてイーサリアム、ポルカドット、カルダノエイダ、コスモスなどが挙げられています。

市場規模拡大 ※共通

仮想通貨、暗号資産、ブロックチェーン市場への新規参入はまだまだ期待出来ます。

ブロックチェーンの低コストで高速な処理やそれに伴う環境への配慮など有用性が増すことや、資産運用の多様性はとても価値のあるもので無視はできないでしょう。

マーケティングも盛んですし、アンバサダーやインフルエンサーなどの参入により少なくとも増加し続ける傾向にあると考えられます。

プロジェクトのカテゴリも増えており、「プレイ・トゥー・アーン」や「メタバース」、「DAO(分散型自律組織」、「融資系プロトコル」ならびに「次世代ブロックチェーン」や「ソリューションプロトコル関連」などからも今後、新たな市場が生まれる可能性が有ります。

取引所・交換所・ウォレットに上場する ※共通

取引所・交換所・ウォレットなどの上場が期待上げに繋がるネタとなります。

特に主要取引所への上場は大きく上昇する可能性があり、その中でもバイナンス(Binance)やコインベース、当該銘柄における初期上場、国内取引所への上場は無視できないでしょう。

中小取引所や交換所、ウォレットは上記より遥かに期待としては劣りますが、初期段階かどうかでも重要性が変わりますから無視はできません。

注意点は上場直前直後に急落する可能性が高いということで、主要な取引所へ続けて上場する期待がある場合を除き、基本的にはすぐ急落します。

ある程度主要な取引所へ上場を果たしたあとが本当の勝負どころで、大きなファンダメンタルズが無いとなかなか大きな上昇にはなりませんから銘柄選定に注意しましょう。

チェーン統合や提携、自立分散型組織(DAO)などの相互運用 ※共通

他のチェーンへの統合は拡張性流動性ユースケースの増加(ユーザビリティ)などパフォーマンスが向上、また期待されます。

また、提携などのネタも何を目的とした提携なのか確認しておいて良いでしょう。

”とあること”の目的・きっかけのための提携であるためです。

チェーン統合や提携はその相手が注目を集めるプラットフォームであればそれだけで価格に影響する場合もあります。

自立分散型組織(DAO)などが期待できる銘柄なども有り、プラットフォーム生態系拡張で電力供給としての流通量が拡大するものも有ります。

生態系とパートナー

チャートと価格予想

チャート(2022年月日時点)

価格予想 (2022年月日時点)

参考情報 (2022年月日時点)

フォロワー数とボリューム

Twitterフォロワー数(人)

24h取引ボリューム(約$)

マイルストーンなど

購入におすすめの取引所はコチラ

世界一の仮想通貨取引所 バイナンス

バイナンスを使えるようにしておいた方が良い理由

  • 取り扱い銘柄は、取引が主要になるケースがかなり高い!
  • 主要な銘柄である、 BTCETHBNB などの運用にもっとも優れている!
  • 業界最大手なので、サービスが豊富使いやすさも抜群すぎる!

※使い方は簡単、国内取引所からお持ちの銘柄を送金するだけです。

最新ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

(更新予定) 表記:●>〇

2022年2月21日

仮想通貨取引所HuobiGlobal(フオビグローバル)上場

●2022年2月17日

悲観ネタ(イスラエル、バイナンスなど)

2022年1月24日

悲観ネタ(ミャンマーなど)

2022年1月19日

悲観ネタ(ロシアなど)

2022年1月18日

悲観ネタ(仮想通貨広告規制がらみ)

●2021年12月17日

悲観ネタ(ロシアなど)

●2021年11月10日

ビットコイン最高値更新、アルト流入などによる清算連鎖が始まり主要銘柄に釣られて相場下落

※メディアなどにも掲載される

〇2021年8月1日

悲観ネタ(韓国)

〇2021年7月30日~

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月26日

悲観ネタ(韓国)

●2021年7月22日

「THE B WORLD」オンラインカンファレンス

※イーロン氏発言など

〇2021年7月17日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月12日

悲観ネタ(バイナンス)

〇2021年7月8日~

相場悲観(バイナンスなど)

〇2021年7月5日~

悲観ネタ(スイス、イギリスなど)

〇2021年7月2日

テストネット移行について

※メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年7月1日

リスクサービス0.4.0、リスクデスクトップ2.0.0リリースを公表

〇2021年7月1日

悲観ネタ(日本)

〇2021年6月29日~

悲観ネタ(メキシコ、イギリスなど)

〇2021年6月25日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

※リスクの相互運用性について

リスクデスクトップv2.0.0リリースを発表

〇2021年6月21日~

相場悲観(中国、イラン、ノルウェー)

●2021年6月18日、19日

相場悲観(中国、イギリス)

〇2021年6月17日

相場悲観(エルサルバドル)

◎2021年6月14日

イーロン氏TwitterでBTC言及

◎2021年6月13日

相場悲観(タイなど)

●2021年6月11日

相場悲観(オランダなど)

●◎2021年6月8日

相場悲観(CFTC)

●2021年5月27日~

相場悲観(悲観ネタ連鎖)

●2021年5月19日

相場悲観(9:00 ビットコイン清算連鎖)

◎2021年5月13日

相場悲観(テスラ、インド規制など)

〇2021年5月4日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載、5/21~5/22イベントに焦点を充てる

◎2021年5月1日~10日

相場歪み(犬、SNL、イーロン氏、少額銘柄)

◎2021年4月23日~26日

相場悲観(バイデン税金)

◎2021年4月18日~20日

相場歪み(ビットコイン、ドージコインなど)

〇2021年3月31日

「Liskの相互運用性の概要」ロードマップについて

〇2021年3月30日

仮想通貨取引所OKCOIN上場発表(4月以降)

〇2021年3月26日

COPA(暗号オープンパテントアライアンス)に参加

○2021年

Lisk Core 3.0.0メインネットリリース

おすすめ!の取引所一覧

世界一の取引所なら! バイナンス アカウント登録

日本円対応、大手取引所! コインベース アカウント登録

※今なら¥11,526のご入金で¥1,153相当のビットコインが貰える

取扱い銘柄数ナンバー1! ゲート アカウント登録

柄数、コンテンツ豊富!クーコイン アカウント登録

急成長中の取引所! ビットゥルー  アカウント登録

急成長中の取引所! コインEX  アカウント登録

上場前銘柄狙い!? コインEX  アカウント登録

上場前銘柄狙い! ビットマート  アカウント登録

上場前銘柄狙い! FMFW  アカウント登録

きっちょ。くりぷたーのプロフィール

1986年生まれで2児のシングルファザー。

セミリタイヤで仮想通貨の情報収集、分析、運用を行い、保有銘柄数は常時おおよそ30銘柄程度で浅く広く各トークンユースケースの実証をしております。

仮想通貨投資で重要なことは流通している取引所とボリューム、当該取引所主要銘柄の動きと変動銘柄における流入経路。また、上昇タイミングにおける上昇ネタの大小やコミュニティの規模。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

  1. […] ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT) […]

  2. […] ビットコイン(BTC),ライトコイン(LTC),イーサリアム(ETH),イーサリアムクラシック(ETC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),アイオーエストークン(IOST),ベーシックアテンショントークン(BAT),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),テゾス(XTZ),ビットコインキャッシュ(BCH),ファンフェアー(FUN),ドージコイン(DOGE),セーフパル(SFP),カルダノエイダ(ADA),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),ダッシュ(DASH),イオス(EOS),バイナンスコイン(BNB),ユニスワップ(UNI),ウェイブス(WAVES),コスモス(ATOM),サンドボックス(SAND),REVV(REVV),チリーズ(CHZ),オリジンプロトコル(OGN),ハーモニー(ONE),アンカーネットワーク(ANKR),ヴェチェーン(VET),ドニーファイナンス(DON),アーダー(ARDR),ワンチェーン(WAN),トロン(TRX),トロイ(TROY),アリス(ALICE),モネロ(XMR),XDC,デゴファイナンス(DEGO),QIスワップ(QI),スケール(SKL),スチーム(STEEM),アンブロサス(AMB),メジャラブルデータ(MDT),エナジーウェブトークン(EWT),パワーレジャー(POWER),ウィンク(WIN),オリオンプロトコル(ORN),ホロチェーン(HOT),オミセゴー(OMG),ファイルコイン(FIL),テンセット(TENSET),セルシウス(CEL),ECOMI(OMI),アルゴランド(ALGO),スカイコイン(SKY),FTXトークン(FTT),バスケットコイン(BSKT),ヴァージ(XVG),TOKOクリプト(TKO),ビットゥルー(BTR),ナノ(NANO),コーティ(COTI),プロメテウス(PROM),グリッチ(GLCH),ファントム(FTM),ワルトスワップ(WEX),リファイナブル(FINE),セーフムーン(SAFEMOON),テラヴァーチェコレクト(TVK),ナフター(NAFT) […]

タイトルとURLをコピーしました