ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨 Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)とは?特徴や今後の将来性から運用考察まで!【CryptoKC】

Hedera-HBAR

仮想通貨 Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)とは?特徴や今後の将来性から運用考察まで!【CryptoKC】

日本人に一番人気の国外取引所 バイビット(ByBit)

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)とは?

公式より引用

ヘデラハッシュグラフは、誰でも簡単に分散型アプリケーションの構築を可能とする、スマートコントラクトDeFiプラットフォームで次世代のブロックチェーンソリューションである。

このプラットフォームは、世界有数の組織などで構成された評議会によって所有され、支配されまた支えられています。

ヘデラは独自のアルゴリズム「ハッシュグラフ」を採用することで、ブロックチェーンやその他のプロジェクトに短時間のトランザクション、低コスト、資産のトークン化、記録検証などを提供します。

また、イーサリアムスマートコントラクトと相互作用するヘデラスマートコントラクトにより開発者などのアプリケーション構築などに可能性とパフォーマンスの組み合わせを提供します。

ティッカーシンボル <HBAR>

承認方式 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

採用技術 <ハッシュグラフ(Hashgraph)>

スマートコントラクト <Hyperledger Besu>

総発行枚数 5,000,000,000(HBAR)>

管理機関 <>

公式ページ ヘデラ・ハッシュグラフ (hedera.com)

Twitter Hedera Hashgraph

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)の特徴

ハッシュグラフ(Hashgraph)

公式より引用

ヘデラの共同開発者により発明された特許取得がされたアルゴリズムです。

これまでのアルゴリズムにおけるスケーラビリティなどに焦点を当て開発されたようで、「仮想投票」によるネットワーク使用量の削減により高効率でスケーラブルなアルゴリズムとなっています。

ノードから送信されたイベントを100%保持することで、効率化しています。

イベントは「トランザクションペイロード+タイムスタンプ+署名」からなる最小限のデータとなっており、これと「ノードのハッシュと親イベントのハッシュ」のみが負担として追加される材料です。

これによりストレージにおける負担を激減させ、ハッシュ計算を必要とせずメモリとCPUのみ使用すれば良いものとなっています。

プルーフ・オブ・ステーク(POS)

プルーフ・オブ・ステーク(POS)とは取引承認のメカニズムの主要な1つで、ステーキングする枚数が多いほど承認の権利を得やすくなる仕組みとなっています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のように取引量の計算が不要で処理が膨大とならないため、負担なくスムーズに承認処理が可能となり個人のパソコンなどからでも参加が容易となっている。

ステーキングすることによるマイニング報酬は通貨保有量や保有年数に応じて変動し、長期間に渡って多くの通貨量を持っている人ほどマイニング報酬が多くなります。

デメリットは保有枚数が多い者に偏ってしまうことで起こりうる不正などの可能性があることです。

Hyperledger Besu

出典:https://besu.hyperledger.org/en/stable/

Javaで記述されたオープンソースのイーサリアムクライアントとして、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)や他のコンセンサスアルゴリズムをサポートしており、互換性のあるスマートコントラクト、分散型アプリケーション(Dapps)の開発が可能となります。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上で設定されたプログラムに基づき、契約を自動的に実行させることです。

よく”自動販売機”などを例に解説されたりします。

仲介業者を通すことなく自動化できることによるコスト削減時間短縮など効率的であるとされ、ユーザー同士の直接取引で非中央集権型を実現できるため、管理主体を必要とせず操作されることなく不正などのリスクも少なくなります。

スマートコントラクトは分散型の市場で多岐にわたり実用化されており、分散型自立組織(DAO)などプラットフォーム立ち上げや分散型市場でのサービス形態の中核として機能したりと様々です。

昨今では、スマートコントラクトを相互化させるバーチ

ャルマシンを開発して不足している箇所を補うなどしているプラットフォームも増えています。

ヘデラトークンサービス

ヘデラはスマートコントラクトのような潜在的欠陥のある仕組みとせず、スマートコントラクトなくトークン発行やプロジェクトの立ち上げを可能としています。

このサービスを「ヘデラトークンサービス」と呼び、開発者は容易に安価で高速で潜在的欠陥なく持続可能な検証を利用できます。

もちろんヘデラのパフォーマンスの恩恵も受ける形となり、注目されています。

トークンユースケース

日本人に一番人気の国外取引所 バイビット(ByBit)

メール登録2段階認証設定ですぐ利用でき、クレカで仮想通貨購入が出来ます!

▼▼お得に始められる紹介リンクをご活用下さい▼▼

仮想通貨 Hedera/ヘデラハッシュグラフ(HBAR)の将来性

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

●2022年3月31日

「Hedera22ハッカソン開催」

※2022年5月16日まで

〇2021年6月29日

センターコンソーシアムがUSDCを利用可能とする銘柄として挙げる

◎2021年6月15日

デジタルヘルスパートナー「Acoer」がヘデラチェーン上に新たな機能構築を発表

※計算の信頼性構築のアルゴリズム(原産地証明)

◎2021年6月14日

スポーツアイコン(SportsIcon)と提携

◎2021年6月4日

メインネットv0.14.0へのアップデートが公表されました。

※ Chainlink Labsノードが追加される(21番目のノード)

〇2021年6月1日

プルーヴン(Proven)DBがアンカープロトコルをイーサリアムからヘデラハッシュグラフに変えたストーリーが公式に掲載

※プルーヴンはブロックチェーン技術を活用した データベースソリューション

〇2021年5月26日

アニモカブランドと提携を発表

ヘデラチェーン上でブロックチェーンゲームを構築予定とのこと

※プロスポーツチームと提携

メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月24日

医療バリューチェーンのMVCと戦略的提携を発表

※メディア記事(コインポスト)に掲載される

医薬品デリバリーシステムでヘデラのブロックチェーンが搭載される

〇2021年5月20日

チェーンリンクがヘデラ協議会に参加

Chopra財団がヘデラ搭載の無料アプリケーションゲームを発表

〇2021年4月21日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

〇2021年4月14日

韓国の大手銀行である信漢銀行がヘデラ理事会に参加

2021年4月13日

韓国の大手銀行である信漢銀行がヘデラ理事会に参加

〇2021年3月30日~4月1日

GBAブロックチェーンウィーク(基調講演会)開催

〇2021年3月13日

スタンダードバンクとeftposがノードに追加された

〇2021年3月4日

ヘデラ統治評議会にエレクトリシテ・ド・フランスS.A.(EDF)が参加

メディア記事(コインテレグラフ)にも掲載される

※エレクトリシテ・ド・フランスS.A.(EDF)は気候変動対策の世界的リーダーで2050年のカーボンニュートラルに向けたトップ企業である。

運用考察

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ Kiccho

仮想通貨専業トレーダー

心理、ファンダ、テクニカル、時系列、トレンドなど総合的な分析による投資手法が得意です。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

最近の更新・投稿はこちら

サイトマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました