ca-pub-4928035051974652 ca-pub-4928035051974652

仮想通貨 Bitgert(Brise)とは?特徴や将来性、買い方と運用のコツ徹底解説【CryptoKC】

bitgert-brise

この記事はこんなかた向け

  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)について知りたい!
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の特徴とか将来性を知りたい!
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の買い方と運用する場合のコツが知りたい!

仮想通貨専業トレーダーとして活動している きっちょ(kiccho)がこれらの悩みを解決します

本記事の内容

  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)とは?
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の特徴
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の将来性
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の買い方
  • 仮想通貨 Bitgert(Brise)の運用のコツ

仮想通貨をはじめるには日本の取引所で口座開設が必要になります。

初心者はとりあえずコインチェックがおすすめです。

口座開設はタダですし、数分でカンタンに出来ちゃいます。

仮想通貨 Bitgert(Brise)とは?

ティッカーシンボル <Brise>

承認方式 <クリーク・プルーフ・オブ・オーソリティー(Clique PoA/Proof Of Authority)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <1,000,000,000,000,000(BRISE)

管理機関 <>

公式ページ https://bitgert.com/roadmap-2/

ホワイトペーパー https://bitgert.com/wp-content/uploads/2021/12/Bitgert_Whitepaper.pdf

ドキュメント https://bitgert.zendesk.com/hc/en-us/sections/4421346129041-Brise-Chain-Documentation

Bitgertは、集中化によって引き起こされる様々な制限をなくすために コスモス上に構築された分散化のための暗号交換プラットフォームとして、現在のブロックチェーンが直面している「スケーラビリティ問題」や「高いトランザクション」ならびに「セキュリティ性」などの トリレンマ緩和のためのソリューションとして、分散型金融(DeFi)やNFT、Web3やメタバース製品などのサービスを展開しています。

また、そのためのユニークな プルーフ・オブ・オーソリティー(PoA)コンセンサスの採用により、Bitgertチェーン上のトランザクション速度は 10,000TPS とされ、ガス料はほぼ無料で利用できるようです。

「BRISE」は、プラットフォーム上のネイティブトークンとして コミュニティガバナンスへのアクセス権を有するユーティリティ通貨として流通します。

仮想通貨 Bitgert(Brise)の特徴

特徴のまとめ

  • 独自のコンセンサスにより高パフォーマンスを実現

独自のコンセンサスにより高パフォーマンスを実現

Bitgertは、コスモス上に構築されたチェーンであるため イーサリアムクライアントを実装した クリーク・プルーフ・オブ・オーソリティー(Clique PoA/Proof Of Authority)の実装と開発を行っています。

これにより、プルーフ・オブ・オーソリティー(PoA)コンセンサスにおける集中化の問題点や脆弱性を克服した 独自のコンセンサスにより高パフォーマンスを実現 することが可能となるようです。

また、イーサリアムクライアントの実装で イーサリアムと強い相互作用や相互運用性を有するチェーンともなってくるようです。

独自のコンセンサス実装は、暗号市場で 競合プロジェクトとの差別化 となるため非常に大事な要素となてきます。

仮想通貨 Bitgert(Brise)の将来性

将来性のまとめ

  • エコシステム全体のガバナンストークンである
  • 主要な取引所に上場していく可能性
  • 総発行枚数が多い
  • ロードマップが公表されている

では、順番に解説していきましょう。

エコシステム全体のガバナンストークンである

「BRISE」トークンは、エコシステム全体のガバナンストークンであるため希少価値を有するアセットになります。

エコシステムは、分散型金融(DeFi)やNFT、Web3、メタバース製品また今後追加されるであろう製品なども加味すると非常に生態系としては大きくなっていくことが予想されます。

従って、今後のエコシステム拡大に伴って エコシステムの今後を左右するガバナンストークンである「BRISE」はもっと希少価値を高める可能性があります。

主要な取引所に上場していく可能性

「BRISE」トークンは 取引所へあまり上場出来ておらず、今後まだまだ取引所へ上場していく可能性が高いです。

取引所への更なる上場により、認知度やトークン保有者を増加させることで トークン価格が上がりやすい環境が整っていくことでしょう。

また、バイナンスやコインベースなどの有名な取引所上場は 価格高騰を生み出すこともある、ファンダメンタルズとなりえる取引所なのでかなり期待したくなるところです。

総発行枚数が多い

「BRISE」トークンは、総発行枚数が現在のところ 1,000,000,000,000,000(BRISE)となっています。

正直、非常に総発行枚数が多いほうの銘柄だと思われます。

順調にコミュニティ拡大やトークンホルダー増加などが図れなかった場合、トークンの価値は希薄化し価値をおとしやすくしてしまう可能性が懸念されます。

ロードマップが公表されている

Bitgertは、公式ページにロードマップを掲載しています。

いまの暗号市場は非常に ファンダメンタルズ が効く相場となっているため、ロードマップが公表されていることは 投資家などにも認知されやすいためプラスの要素と言えるでしょう。

もしかすると、今後ファンダメンタルズとして機能する可能性もあるかもしれませんね。

2023年 ~2月

  • 分散化マーケットプレイスベータ版ローンチ
  • 分散化マーケットプレイスメインネットローンチ
  • 支払いメインネットローンチ
  • 集中型取引所メインネットローンチ
  • web3の拡張

仮想通貨 Bitgert(Brise)の買い方

買い方の手順まとめ

  • コインチェックへ 日本円 を入金して XRP を購入する
  • Gate.io XRP 入金アドレスの作成する
  • コインチェック XRP を作成した入金アドレスへ送金する
  • Gate.ioXRP を売却する
  • Gate.ioBRISE を購入する

仮想通貨 Bitgert(Brise)の運用のコツ

「BRISE」トークンは、エコシステムのガバナンストークンです。

短絡的なトレードには向かず、買い増しやステーキングなどでバブルなどを狙った中長期的な運用が良いかと思います。

注意することは、総発行枚数が非常に多いことです。

マーケティングやファンダメンタルズが弱い場合、ホルダーを増加させることに苦戦して価値を希薄化させてしまう可能性はあります。

その他の情報

ファンダ情報

  • ●2022年4月29日
  • 仮想通貨取引所 KUCOIN 上場
  • ●2022年2月15日
  • 仮想通貨取引所 Gate.io 上場
  • ●2021年11月23日
  • 仮想通貨取引所 LBANK 上場
  • ●2021年11月20日
  • 仮想通貨取引所 MEXCGlobal 上場
  • ●2021年11月15日
  • 仮想通貨取引所 Bitmart 上場
  • ●2021年8月24日
  • 仮想通貨取引所 XT.com 上場

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ Kiccho

仮想通貨専業トレーダー

心理、ファンダ、テクニカル、時系列、トレンドなど総合的な分析による投資手法が得意です。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

最近の更新・投稿ページ

サイトマップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました