ca-pub-4928035051974652 仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】 | きっちょの仮想通貨ページ

仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

Solana-SOL

仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)とは?特徴・今後の将来性・ニュース【総まとめ】

このページでわかること!
  • 仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)とは、どんなプラットフォームであるか?
  • 仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)のメカニズムなど知っておくべき特徴について!
  • 仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)で今後予定されるネタや将来性について!

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)とは?

公式より引用

ソラナはスイスのジュネーブに拠点を置くソラナ財団により運営・維持されているオープンソースプロジェクトです。

ソラナのプロトコル開発者はIntel、グーグル、マイクロソフト、Twitterなどの有力企業からの出身で力のある人材が揃っているとされており、独自のメカニズムとイノベーション(主なものは8つとされています)の採用により、高速で低コスト、高効率でセキュリティ性の高い開発環境を構築しています。

イーサリアムの競合プラットフォームとして「イーサリアムキラー」としての一面も持ちます。

ティッカーシンボル SOL

承認方式 プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH/Proof of History)

採用技術 <>

スマートコントラクト <>

総発行枚数 <>

管理機関 ソラナ財団

公式ページ Scalable Blockchain

Twitter Solana

ホワイトペーパー <>

ドキュメント <>

仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)の特徴

プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH/Proof of History)

ネットワークノードならびにリーダーが取引のタイムスタンプを記録し、その証明には検証可能な遅延関数(VTF)が組み込むことにより確実な遅延として証明できるものとなっています。

取引記録は、バリデーターの検証を介してクラスターと呼ばれる検証者(バリデーターグループとされる)に送信され悪意の除去がなされる仕組みとなっているようです。

タワービザチンフォールトトレランス(TBFT)

ソラナは、プラクティカル・ビザチン・フォールト・トレランス(PBFT)の改良版として、検証可能な遅延関数(VTF)を活用したタワービザチンフォールトトレランス(TBFT)の実装により、独自にメッセージング制御や管理における待機時間の短縮化とプルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)の最適化を図っているとされています。

秒間当たり65,000件のトランザクションを処理、手数料も平均で0.00001ドル以下に抑えられているとされている。

プラクティカル・ビザチン・フォールト・トレランス(PBFT)
ハーモニーホワイトペーパーより引用

組織向けの合意形成の仕組みで、リーダーとその下位に属する承認ノードとして選出されたメンバーにより不正などの改ざんがないか検証され一定数の結果を経てトランザクションの実行に至る中央集権性のある仕組みです。

組織構成により故障などの耐性を兼ね備えたものとなっていますが、これらを踏まえても高効率でスケーラブルな取引処理が可能となっています。

プルーフ・オブ・レプリケーション(PoRep)

ストレージマイナーが、ネットワーク用に保持されているデータの完全に一意のコピーを持っていることを証明する方法。

ストレージマイナーは、ストレージスペースと引き換えにネットワークの報酬を受け取ることが可能で、ネットワークはストレージへのアクセスが可能となります。

デメリットとされるのはノードの障害児のデータ状態と損失帯域幅とされているようです。

プログラム(スマートコントラクト)

公式より引用

ソラナは人気の開発言語であるRustおよびC /C++など使用しブロックチェーンに直接展開することができます。

なかでもRustはセキュリティ性が高く、開発者から人気の開発言語を言われており、新規参入に期待できる内容の1つといっても良いでしょう。

また、クライアント側から構築キット(SDK)を使用した分散型アプリケーション(Dapps)によるネットワークへのアクセスも可能となっています。

トークンユースケース

  • ネットワーク、インセンティブのためのステーキング
  • 決済通貨として
  • ネットワーク内支払として
  • ガバナンスへのアクセス権として

バイナンス(Binance)

最大40%キックバックの紹介リンク!

世界最大の仮想通貨取引所なので、ほとんどのトレーダーが利用している安心感があります。

そのため海外取引所を利用するなら、バイナンスをベースに運用するのが一般的です。

QRコードではじめるならコチラ

仮想通貨 Solana/ソラナ(SOL)の今後の将来性

ソラナペイ(Solana Pay)

公式より引用

買い物客ならびにソラナネットワーク参加者などは、USDCもしくはソラナベース安定通貨など流通したデジタル資産とブロックチェーン技術によりほぼゼロコスト(平均0.0005ドルのコスト)で即時決済を可能とした決済のインフラとして開発が進んでいます。

最新のロードマップ

ニュースまとめ

関連記事:悲観ネタまとめ

※完全なものではありません

〇2022年4月30日

コンセンサス停滞によるブロック生成停止

●2022年4月5日

ハッカソンMIAMI

●2022年3月24日

「SolanaPay」チュートリアル公開

〇2021年6月26日

スイスの証券取引所SIX Swiss Exchangeがソラナの上場投資商品(ETP)ローンチ予定を公表

※メディア記事(コインデスク、コインポストなど)に掲載される

〇2021年6月24日

ソラナシーズンハッカソン受賞者発表

※Twitterピン止め変更

◎2021年6月17日

DODOがソラナのエコシステムに参加したことを発表

〇2021年6月9日

プライベートセールで市場拡大のための多額な資金調達を成した

※メディア記事(THE BLOCK、コインポストなど)に掲載される

〇2021年6月3日

メタプレックス財団がソラナチェーンとメタプレックスプロトコルに基づいたNFTマーケットプレイスを発表。

※メディア記事(コインデスク)に掲載される

〇2021年6月2日

メディア記事(コインテレグラフ)に掲載される

※ドージコインを超える、今Twitterでホットな銘柄TOP5で紹介される

〇2021年5月31日

オープンオーシャンがソラナのサポートを発表

※流動性iアグリケーターであるオープンオーシャンがソラナに流動性を提供、メディア記事(コインポスト)にも掲載される

〇2021年5月28日

仮想通貨取引所ビットパンダ(bitpanda)上場

仮想通貨取引所フィメックス(phemex)上場

※メディア記事(コインポスト)情報にも掲載

〇2021年5月25日

レイジウムプラットフォームでSLIM/SOLペア取り扱い開始

〇2021年5月25日~28日

コインデスクコンセンサス2021

〇2021年5月21日

コインベースプロ上場(5/24)発表、メディア記事(コインポスト)に掲載される

〇2021年5月18日
メディア記事(コインデスク)に掲載
コンセンサス2021について
ソラナストアオープンの発表

〇2021年4月21日
Crypto.comサポート

〇2021年4月19日
ソラナチェーンのレイジウム、メディアネットワークがP2Pコンテンツ配信分散化について発表

きっちょ (kiccho) のプロフィール

きっちょ(kiccho)

仮想通貨インフラ考察に全てを注ぐ、現物トレーダー。

40銘柄以上を保有し独自の分散投資で必ず利益が出る手法を採用。

アウトプット関連は以下の通りです。

きっちょのブログ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました